« 争奪戦 | トップページ | さくら »

2016年4月19日 (火)

みちYOSAエントリ開始

みちYOSAの参加エントリーが始まったようです

それに伴って HPもだいぶリニューアル


アンケート結果なんかも見てて おもろかったわ(^^)



今年の開催についての読み物も たくさん


ゲームとか家電買ってもあんまりトリセツ読まずに
感覚で操作しちゃう派だったりしますが(^^;

みちYOSAのはちゃんと読んどいたほうがいいと思う(太字は特に)
>参加される方々

ガイダンスには原則全チーム参加とか
不参加チームは エントリ取り消しペナルティ(宮城チーム)とか
県外チームにもマナー違反あったら来年はお断りとか
なんかもういろいろ おっかねーことも書いとる

んでもガイダンスの時に抽選会もやるみたいなんで
このあたりは札幌に倣ってるっぽい




コンテスト参加チームは土日両日参加するように・・・ なんてのもあったな 


なんやかんや足もとすくわれないように気を付けた方がいいかと(^^;;



とりあえず現時点で 今年は錦町公園使えないのは確定してるっぽい

新春大会やった国際センターなんかが候補にあがってるし
ずいぶんとまた変わりそうですな


ルールにも鳴子を奏でて踊ってくださいてのが強調してある
「持つ」だけじゃダメで 「奏で」なきゃだめらしい

新春大会ん時にゲストで来てた 某女史がかなり強めにアピってたからねぇ~

俗にいうところの札幌ソーラン系チームって本場の高知の鳴子踊りとはまた違った
独自の進化してるわけで それほど鳴子の音色には重きを置いてないところが
多いかと思います

どちらかといえばそんなソーラン系チームをお手本にして成長してきた
チームが多い東北のチームにいまさらそこを求めるのはちょっと酷な気もする(^^;

たしかに高知みたいに大人数での編成だったら 
そりゃ綺麗なもんですよ鳴子の音色
(少人数の高知系チームに物足りなさを感じるのはそこのところ)

でも 20~30人が主流の東北界隈では 綺麗に鳴らすというのとはまた
違った見せ方でお客さんを魅了しなきゃならない
(少人数でもなんとかごまかして派手で迫力あるように ごまかせる方法)


それぞれのスタイルにまかせてもいいんじゃね?

というのが持論


|

« 争奪戦 | トップページ | さくら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/63509287

この記事へのトラックバック一覧です: みちYOSAエントリ開始:

« 争奪戦 | トップページ | さくら »