« どまつり④ | トップページ | どまつり⑥ »

2015年11月20日 (金)

どまつり⑤

世間的には3連休すか!?
いいなー  羨ましいなー

まぁ オイラの場合今絶賛金欠中なので休みもらっても
あまりおおきく動けないけどね~ww

Dsc00983 Dsc00987

天狗ぅ
小野獅子舞という神楽がモチーフになってるらしく 大きな獅子舞とか
天狗の面や鬼の面をかぶった踊り手さんが出てきます 
次々と場面が変わり ミュージカル仕立てで展開されるので
見てて飽きませんね  踊り自体もカッコいいですし
割とこちらにいても聞こえてくる実績あるチームのようですですが なるほど納得

中京大学晴地舞
どまつり勢って踊りそのものからフィジカル面の強さを感じる演舞が
多いんですけど このチームもそのひとつ  作品そのもののエンタメ性
やお祭り感も高いですが、踊りそのものがパワフル 
平岸天神がゲストチームとしてお手本になっている効果だとは思いますが
作品の派手さだけじゃなくん しっかり個々の踊りでも見せるんですよね
晴地舞は色の使い方が絶妙 よくもまぁこんなにキレイにまとめるもんだ



Dsc00990 Dsc00992

あさぎ
災いが近づくと汗をかいて知らせるという汗かき地蔵のお話がテーマ
これも地元の民話由来でしょうね   というわけで、お地蔵さん推しで
随所にお地蔵さんが出て来きます  ストーリー分かりやすくていいっす
最終的にはハッピーエンドとなるわけですが 物語に沿って
明るく楽しく展開していくあたりは やっぱベタだけども見てて気持ちいい

肥後真狗舞
ストーリーだとかテーマとかよりも踊りそのものに重きを置いた
従来のソーラン系と言えるかもしれません  肥後っつーぐらいなんで
熊本からのチームなんですけど もうね青森の片田舎ではまず見る機会の
ない県のYOSAKOIにワクワク 遠くからの参加ながら人数も多めで
迫力あり 威勢ありの熱い演舞でしたね(^^) シンプルだけど好きです

Dsc00998 Dsc01007

夜宵
みちのくYOSAKOIで自分的大賞として推した人が多いと聞きますが
どまつりで見て コレは来る!と直感した作品 本場での夜宵はさらに
凄かったです  作品全体の雰囲気としては 遨~すさび~&光一天に
すごく似てるよね  というのが個人的意見   スムーズなフォーメーション
チェンジとそれに伴っての衣装による色の変化とか 実に綺麗
演出系の大道具等の出現タイミングも見事でした

心纏い
かっこええわなぁ  踊りそのものがいちいちカッコエエ(笑) 緩急の付け方とかさ
オーソドックスな天神スタイル・・というか  まぁ名古屋の場合は
笑゛に追いつけ追い越せ的なところで意識して勝負してるんだとは
思いまが 同系の場合は後追いはなかなか大変よね  こちらにはこちらの
ファンも多いのでしょうけど。  個人的にはそれでもやっぱり今よりちょっと
毛色の違った07の心拍子がやっぱ最高傑作な気がする  まーあくまでも
オイラ個人的にね  

|

« どまつり④ | トップページ | どまつり⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/62718527

この記事へのトラックバック一覧です: どまつり⑤:

« どまつり④ | トップページ | どまつり⑥ »