« ダイスケ | トップページ | 青森 »

2015年11月15日 (日)

はちのへよさこい

本日も日曜出勤終了

秋田の夢の架橋も蒼天のサンロードもいけてませんです

昨日のはちYOSAで大きめなイベントはオイラ的には終了かな
あとは 休みが合えば花嵐の年末公演は行っときたいところですが


と、いうわけで昨日は
第16回 はちのへYOSAKOIまつり に行ってまいりました

青森県内で一番最初のYOSAKOIがはちよさ
札幌ソーランとのパイプも太く 北海道からのチームさんが
参加してくれるのが強みですね


どうやら 予算的に規模縮小を余儀なくされたようですが
それなりに手作り感あって盛り上がったのではないかと

写真撮れないのがホントに残念

こうしてYOSAヲタが写真ネットに流すだけでも
イベントの宣伝にもなると思うんだけどね~


まぁ その辺の撮影機材の操作から解放されるんで
その分 いつも以上に演舞は集中して見れるので
まぁ 年に一回ぐらいはこういうのもアリかなと あきらめてますけど。


いろいろと特記事項はありましたが

やっぱ なにはなくとも 蒼天飛龍でしょうね

今年の春に初披露した  我龍覚醒 の衣装がちゃんと全部そろった状態
での演舞をようやく拝見   3ポーズ目はちょっと意外な展開でした(^^)
ようやく 完成形が見えてきた感じ
中盤・・パート踊りでのジュニア隊がけっこうキモになってくる気がするっす

蒼天と言えば  十和田市の桜田マコトさんとのコラボもありましたね
今回 おいらせ町のYOSAKOIを創るにあたって 楽曲担当の桜田マコトさん
と振付担当の蒼天飛龍との共演   セッションっていうの?
なかなか面白いモノを見れました   

歌ゲストと言えば 洋野町からの三本木智子さん
お子さんが北海道大学“縁”で踊り子さんやってるということで
縁のみなさんが盛り上げ隊として 会場を周ってましたね(第1部)
第2部では リズムなるこ会のみなさんがスクールメイツのごとく
後ろで踊って花を添えます

・・・というか 即興でもそこそこハマるんだ 
ていうか  だいたいどんな曲でも 行けちゃう加藤先生の振付が最強なのか?(笑)


面白かったのは 湊中学校の南中ソーランね

もうね気合の入り方ハンパないわ
某O間のやる気なし中学生日記のみなさんに見てもらいたい

例えるなら、伝説の保健大の180度真逆のバージョン

なんか無駄にオーバーアクション

間違って覚えてしまったのか   練習のしすぎて逆におかしなアレンジに
なってしまったのかわかんないけど かなりの独自路線でした
・・でも  なんか もう一回見たい


学生さんといえば 各大学も 張り合ってましたね~

北海道大学 縁の ライブ感も素晴らしかったですし

影飛威Seaの1~4年全学年参加のドリーム演舞もかなり熱かったし
一番先に会場になだれ込んでいく姿勢もすばらしい
三源色の一祭楽彩 も初披露の時から見違えるほど進化してたし
この辺はやっぱ 学生共演による化学反応みたいなものはあるのかなと(^^)


会場が小さくなったんで
チームによっては狭そうなところもありましたし 大旗振れなかったり
・・・立ち見のお客さんも いたかな
もう少し頑張って また大きなホールで出来るようになるといいんだけどね



他にもちょこちょこっと小ネタはあったりするんだけど
そのうち思い出したら書いていきます


|

« ダイスケ | トップページ | 青森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/62685365

この記事へのトラックバック一覧です: はちのへよさこい:

« ダイスケ | トップページ | 青森 »