« 11月 | トップページ | おつかれモード »

2015年11月 3日 (火)

15 みちYOSA⑪

今日もなが~い一日でした
しかも雨とか 最悪
明日 はちよさチケットゲットしに行きたいけど すげーめんどくせー(^^;

さてさてみちYOSAレビュー続きいきます
やばーそろそろ1カ月経つよ(^^;;

錦町公園、日曜のお昼ぐらいだったかと思いますが

結構雨の強い時間帯でしたね(^^;

華・from KAMI
ファミリーチームですが、綺麗に見せようっていう意識が感じられますね
衣装の色がクルクル変わって見えるのとかいいですね
ちびっ子から大人まで年齢も体格もバラバラですがこれだけそろって
一体感あるのはなかなかのものだと 練習いっぱいしてるんでしょうね
旗の動きも綺麗でした   

神町よさこい華神桜舞
山形のおばちゃんチーム  でもYOSA歴はかなり長いっす
小さめの花笠は装備してありますが演舞中は武器としては使わないのね
審査にエントリしたのは初とかかな ま まだ少し早い気もしますが(^^;
おばちゃんなりにかっこよく踊ってましたし  花笠の代わりにアイテムと
して使っていた赤と青の扇子がなかなかいいアクセントでした


馬花道
南部と津軽・・・ ヒジョーに面白い作品  これまで十和田にこだわってきた馬花道
でしたが ついに飛び出しました もしかしたらチーム名からとわだ をはずした時には
すでにこの構想があったのか?  青旗とピンク旗を上手く活かしての南部衆と津軽衆
の2部隊の対比が面白い前半部分から より馬っぽいキャッチ―な動きでお客さんを
グイグイ引き込む中盤部分 そしてクライマックスの後半へ・・ 
物語も分かりやすいですし 構成もお見事   旗士さんの活躍もすばらしいですね
オープニングでの大旗空中トレードとか 武器だわぁ
だいぶ前から馬花道の旗使い評価って高かったけど さらに上いった感じですね

舞姿道みろく
変わり身という点ではこのチームの進化にはけっこう驚いてたりする
劇的に曲がカッコいいとか 見ていてしびれる様なカッコいい振付で構成
されてるというわけでもないのだけど(^^; 踊ってる子達から感じられる
やってやんよ!的な気迫が素晴らしかった 
衣装はうるさいぐらいにコロコロ変わるんですけどもう少し色味押さえた方が
踊りの良さが伝わるような気がする

東山道 三蔵
九尾伝説ってのは妖狐 玉藻のヤツですかね 歌舞伎なんかの題材にも
なってますのでYOSAとの相性は良いかと  個人的にこういうテーマは嫌い
じゃない 地域性も感じますし 狐のお面なんかも出てきますけど ところどころ
に狐っぽさを感じる動きがあったりするのも○ 振り付けひとつひとつにも
意味がありそうですしストーリーと照らし合わせながら見るといいかも

ディネ
YOSAKOIっていろんな踊りのジャンルあるけども
世界観凝りすぎでなかなか付いていけないっす(^^; なにやら呪術的な舞踏
を見せられているようでどうリアクションするのが正解なのかわからない(^^;
最後1人ずつバタバタ倒れていったりするしね まーメッセージ的なモノはあるのだろう
けどちゃんと伝わってるかどうかは謎(^^;  踊りのスキルは高いんだと思いますが

常陸國大子連
衣装を見て「結」を連想したのはストライプだからか 
オイラの中では大子連と言えば傘 なのだが 今回も面白い傘使いしてたね
そういった道具だけでなく  踊りもカッコ良かったですし 良く揃ってた。
衣装替えも効果的でした  ただ、全体的に上品で優等生タイプでは
あるのでなので逆になかなか印象に残りにくいのかも

信州大学YOSAKOI祭りサークル 和っしょい
もっと上行くかと思ったんですけどね~ (^^;
あの戸隠山のでっかい背景幕なんで持ってこなかったんだろう・・・
まぁ あれ立てるにはスタッフもいっぱい必要ですけど
どまつりの時にも書いと思うけど 学生っぽい勢いだけじゃなく
踊りの精度がものすごく高いのよ 群舞の美しさはYOSAの醍醐味だよね
衣装の色の使い方も上手いですし  ってまぁ彩ってぐらいですしね
また見たい って思わせてくれる作品です

幻奏
札幌の学生さんたちの遠征チームだったと記憶してますが
どうやら今年で解散らしい  まぁ 遠征チームいくつかあるからね
そこそこちゃんと踊れて曲とかもそこそこ良くて・・  というチームですが
無個性なんで(^^;なかなか 印象に残りにくい  YOSAKOIとしては十分
合格点だと思うのだけど 当り障りなさすぎで おばちゃんのお遊戯チーム
よりも印象薄い場合がある(^^;   コレ!っていうコンセプトは大事


紅翔連
心絆祭天ってたしか2013年の春からのハズなので足かけ3年?
この曲で大きく飛躍したと言ってもいいのかな  とうわけで、しこたま踊り込んで
ほぼ集大成と言える完成度だったと思います ダイナミックな体の使い方
スピーディな隊列移動や立体的演出などふんだんに盛り込んだ
見応えのある作品でした   気合も入っていたようで声もよく出とったしね(^^)
今年見た紅翔連の中で一番のパフォーマンスでした

|

« 11月 | トップページ | おつかれモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/62596247

この記事へのトラックバック一覧です: 15 みちYOSA⑪:

« 11月 | トップページ | おつかれモード »