« 15 みちYOSA ⑥ | トップページ | 15 みちYOSA ⑧ »

2015年10月25日 (日)

15 みちYOSA ⑦

昨日まさかの残業4時間でね
帰ってきたの9時過ぎ  12時間以上職場居るとかアホか!みたいな感じで
さっさと寝てしまいましたとさ

明日からまたハードな日々が続きそう・・・

Dsc02993 Dsc02994 

神威
わずか1年で人数倍増ぐらいしたか?  それだけ将来性感じて入って来た人が
多いという事か?  まぁ 仙台市内でがっつりやろうとすると選択肢少ないらしい
けど(^^; いずれにしても今グイグイ来てるチームのひとつだと思うので数年後には
ファイナル返り咲きとかも夢じゃないかと  今年の作品は夏の風物詩 仙台七夕の
歴史をテーマに、戦後復興への願いに合わせて震災復興祈願もかねたのかな
衣装なんかもイメージしやすいデザインでしたし 衣装チェンジ後も華やかに
盛り上がっていたのは狙い通りかと  あとはフォーメーション等々見せ方でさらに
良化しそう 人数増えるといろいろ出来るし   あ、七夕飾り風の纏は 仙台チーム
の持ち道具としてはアリだと思うのでもう少し大きく作ってもよかったかもね

維新~心ひとつ~
新ジャンル 泣けYOSA  かなりの個性派です これまでいろんなテーマを
見てきましたが こういう自己表現型のはかなりレアかと
YOSAKOI活動をやってるチームに必ず訪れるメンバーの卒業だったり引退
だったりといった 別れの時 をドラマチックに作品として仕上げてます
曲も独特で三味線の伴奏のみに淡々と歌詞を乗せていくという ある種
アコースティックなアレンジで 歌詞が聞き取りやすいため 余計に染みる
ま、フォーク系YOSAKOIともいえるか(^^;  とりあえずYOSAに関わった人なら
共感できることでしょう    こういう しんみり系はジャンルとして新しすぎたか
審査員によって好みは分かれそうですね(^^;


ヤートセ秋田酔楽天
東北でも一番の硬派チームといっていいかもですね
派手に衣装を変えるでもなく 軽快なメロディーで手拍子を誘うでもなく
ただただレベルの高い踊りをこってりと踊るというストイックぶり
で、このシブい踊りを多数の若い女子たちがやってるというギャップがまた面白
かったりもするのですが なかなかに玄人好みというか 一般受けが厳しいというか
・・・(^^;   初見のお客さんの心を掴むのは難しいみたいですが  ハマると中毒性あり
これが酔楽天のスタイルですのでとことんまで貫いてほしいなと思います   
ここまで激シブなやつって最近あまりなくなって来たんで逆に存在感あるというか
個性としては際立って来てるような気がする

Dsc02998Dsc03001

Gradirei ballare!
どうやらぽっそのOGチームという事ですね
卒業してもまだまだ若いですから卒業してもYOSAKOIしたいというのは
あって当然だと思いますが 受け皿となるべき一般チームがあまりないんで
自分達のスタイルに合ったやつを作っちゃおうってことですね
というわけで、まぁ 芸風としては ガラッと変えるでもなく ほぼぽっそですわな
現役時代よりも練習量とかは減っちゃうのかな シンクロ率はややゆるめ
んでも、ぽっそとしてはやってない 小道具(扇子)を使うパートや衣装チェンジ
なんかはOGチームならではの新しい試みとなるのでしょうね
も少し人数増えてきたら面白い存在ですね

東京農業大学 YOSAKOIソーラン部大黒天
曲なんかもガラッと変えてマジメに踊るようになったんだね でも
ちゃんとテーマは農業してるのがイイネ(^^)  大根柄の半纏にもこだわり
感じます そしてお馴染みの大根踊りと ちゃんと残すべきところは残ってますし
最後の衣装チェンジもなかなか鮮やかでちょっと驚き  でもホントならこの後
もうひと山盛り上がりが欲しかったところ    入場の時にワーワー騒ぎながら
だったんでもしかしたらマナー規定に引っかかってるか時間制限に
引っかかってる可能性あるかも(^^;;


みちのくYOSAKOI THE!!駆波゛乱
今年のTHE!!駆は なんだか例年以上に激しく荒々しい感じ
ただ、テーマに関しては 何ていってたか聞き取れず。 「若大将~~!」って
聞こえたけど・・(^^; とりあえずなんかもう勢いで押すオラオラ系の代表みたいな
感じの作品です  まぁ こういう大騒ぎはお祭りっぽくで嫌いではないですが
嫌いな人は相当嫌いなハズ(^^; ( 学生アンチの人に多い)
たぶん、いろいろと今回のみちYOSA規定にはひっかかる部分はあっただろうな(^^;
みちYOSAの代名詞的チームかと思うけど ここまで相反するものなのか・・・

Dsc03004 Dsc03008
祭り向日葵
威勢の良さと 踊りの端々から 上に行こうという野心は感じられます
実際、オイラもちょっと期待してるんですけど 本格化まではまだ時間
かかるかな  お!と思わせる部分もあれば 狙い過ぎてスベっちゃってる
部分もあったり(^^;   その落差がけっこうデカイ   
んでも、見た感じやはり若い人たちが多いので伸びしろはまだあるハズ
とにかくいろんなチーム見てみるのがいいかもね  

水戸藩YOSAKOI連
ここはもう安定の強さ  とにかくキレキレの動きがハンパない
身体で踊って心でも踊ってるから たぶんそれがお客さんにも伝わってる
こういうチームの演舞は例えば動画とか見てる場合 音声オフにして
映像だけ見ててもすごさが伝わってくるんですよね
大掛かりな装飾等の演出は使用しない肉弾戦チームですが あったら
あったで逆にこの踊りが霞んでしまいそうなのでこれでいいと思う

宮城学院女子大学よさこい部 Possoballare?MG
衣装の雰囲気がいつも以上にかわいらしい感じ  これで足出してたら
ほぼコンサ(*^.^*)  某YKK氏曰く 日本三大JDチームのひとつだそうですが
まぁ この人数でこれだけ揃えた群舞できたらたいしたものですわな
どちらかと言えば高知系寄りだと思うので 鳴子なんかもきちんと鳴らしてましたし
オラオラワッショイ系よりも上品優等生タイプの方がお好みだったらしい今回
のみちYOSA審査的にもドンピシャだったかもね
まぁ・・  この時の審査員がおじさん3人だったんで有利だったのもあるか?(^^;
和田アキコとかデヴィ夫人みたいなのが1人いたらまた違ったかも(笑)

|

« 15 みちYOSA ⑥ | トップページ | 15 みちYOSA ⑧ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/62545246

この記事へのトラックバック一覧です: 15 みちYOSA ⑦:

« 15 みちYOSA ⑥ | トップページ | 15 みちYOSA ⑧ »