« 15 みちYOSA ⑧ | トップページ | 15 みちYOSA ⑩ »

2015年10月28日 (水)

15 みちYOSA ⑨

ハードワークが続いてます(^^;
2日にいっぺんの更新 ご容赦ください

あと何週続くんだこれ


みちYOSA 5ブロック

もしかしたら今回の審査ブロックの中で一番見応えあったかもしんない
他のブロックよりも1チーム少ないのに
しかしどのチームも気合入ってたね~

Dsc03129 Dsc03133

南三陸今村組陸山海
今村組本隊からも選抜メンバーが参加してましたね  持参の座布団ひいて
お行儀よく挨拶(^^)  当てこすりとしてはいいネタです  
和装ベースのコスチュームは個人的に気に入った 深めのスリットがエロいですが
踊りはもうきわめてマジメでお行儀良い感じ  重みのある曲を丁寧に踊ってるのは
なかなか新鮮に感じました こういう今村組も ありだね
時間的にはギリギリセーフですが最後 女の子全員ヘソ出しまでいっちゃうんで
もしかしたら露出規定で引っかかってるかもね(^^;

井原水産&北星学園
ほぼパーペキな出来 特に男子のキレ感ハンパなし  気合入りすぎて
すこし走り気味にも見えたけど(^^;  背中で海を見せる女子達もすごく
綺麗でした  赤白衣装へのチェンジは仙台でもインパクトあり  がっつり
お客さん掴んでました  大漁に湧く浜の活気と これぞYOSAKOIソーラン
ともいうべき コテコテの海モノで見事一位通過
ですがファイナル順位が思うように伸びなかったのよね~
たしかに ファイナルは やや精彩欠いてたような気がする

夢源郷
初めて見る人には あのステキなチームはいったいどこの誰? 状態だった
らしいです  いつも以上にのびのびと大きく動いていたようですし 相当
気合も入ってたでしょう あわよくばセミファイナルあたりは狙っていたかと
思いますが そう簡単にはいかんよね~ まぁ こういう舞台
での審査ですのでいい勉強にはなったんではないかと
人数少なめでもステージの使い方次第でもう少しよく見せれたかもね

Dsc03145 Dsc03152

江刺華舞斗
みちYOSA審査では毎度 神がかり的な惚れ惚れする演舞を見せるのが
華舞斗  今年もかなりいい出来だったと思います 特に男衆
女性陣はややバラつきがあったような気もしますが 許容範囲内 
旗士さんもいい仕事してますね(^^)  フィニッシュシーンは画的にも決まってました
岩手からの参加は元々少ないので狭き門でもありますが  ファイナルに
岩手代表が残ってくれるとみちYOSA的にも嬉しいのではないかと
もうひと踏ん張りに期待します

・・・もし「結」が出ていたとして  ファイナルに居たかな?とか考えてまうね

新風 宮古流星海
そんな数少ない岩手勢のひとつ こちらのチームも素晴らしい出来でした
唄も生唄でしたしね(^^) 重心の低さとか ひとつひとつの動きのメリハリ
途中までだいぶゆったりした曲ですが ひとつひとつの所作がものすごく丁寧
海と共に生きる人々の力強さと心意気を感じるYOSAKOIです
南中ソーランめっちゃ上手そう。  同じ浜モノっつーところではこのブロックの
井原水産と比べるとスケールはだいぶ違ってきますけど(^^; 学生さんには
表現できない泥くささはあったんではないかと

Dsc03157 Dsc03158

南仙台桜獅子連
ちょこちょことせわしない感じの振りが多い印象  まぁ チームのカラーに
よってそれぞれですけど トメ 、タメ、 キメ って大事なアクセントで
作品全体が軽く流れて見えちゃうんですよね
んでも今回は 余計な小道具とか使わずに踊りのみ真っ向勝負してきた
感じですね  躍動感・・・というところでは狙い通りかな

MAI-TAKA
まったくのノーマークでしたが   演舞終了後 もしかしたら行く(上位進出)かも?
と思ったチーム   かつてジュニア系の大会でことごとく好成績を収めていた
舞まいKid'sというチームの親チームが舞TAKANE 
最近その名を聞かなくなった舞まいKid'sの子たちがジュニアを卒業して
親チームと合流して再スタートしたのがMAI-TAKA ではないかと推測。
となると演舞スタイルが道南系なのも納得  舞まいkid'sがほぼ夢限舞童
だったので。  というわけで、このMAI-TAKA ビジュアル的な部分はもちろん
曲も振付も小道具関係も かなり函館の匂いが・・・(好きな人はモロにわかるんで
動画見てみて)  で、こういうスタイルってみちYOSAには今まで無かったから
衝撃は大きいよね   たぶん審査してるのがYOSAヲタだったもう少し厳しく
点数つけるかもだけど(^^; オマージュ云々は置いておくとしてカッコいいもんは
カッコいいですもんねー 
YOSAヲタ的にはもう少しオリジナリティがあってもいいんじゃない?という
気もしますが まぁ・・好きなもんは好きなんだからしょうがないよね

福島学院大学YOSAKOIクラブ“月下舞流”
ひと昔前までは花嵐オマージュ感ハンパなかったけど このところ学生らしい
発想で作品作ってますね  衣装に合わせて3部からなる作品ではそれぞれ
扇子や傘などを使いつつ印象的な場面も作ってます 
勢い重視の押せ押せではなく優等生タイプの作品なので みちYOSA的には
ウケのいい学生チームと思われますが まぁ このブロックは 巧者揃いでしたの
で 抜け出すまでは行かなかったようです(^^;  学生さんはいつどこで化けるか
わかんないんでこの先も 注目しときたいチームですね


   

|

« 15 みちYOSA ⑧ | トップページ | 15 みちYOSA ⑩ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/62562077

この記事へのトラックバック一覧です: 15 みちYOSA ⑨:

« 15 みちYOSA ⑧ | トップページ | 15 みちYOSA ⑩ »