« 六戸 | トップページ | 夜間運行 »

2015年9月 3日 (木)

どまつり②


どまつりって一応うちのブログではカテゴリはYOSAKOIにしてあるけど
俗に言うところの「YOSAKOI」をだいぶ超越して より自由な発想で
エンタメとして仕上げてるあたりに新しさというか将来性を感じる

まぁ 民謡&鳴子っていう2大条件は同じなので
一応同じジャンルではあるんだけど ソーラン系とも高知系とも
またちょっと違った独自の進化をしていてますよね

ここ最近 スタイルや芸風がが似たり寄ったりになってるという声も
聞かれるソーランのチームさんも見て勉強になる部分はあるかと思います

お祭りの運営にしてもですけどね

いろいろ勉強になったし得るモノ、考えさせられる事もあった
縦隔の多い遠征でしたよ(^^)

Dsc00910Dsc00916Dsc00920

東京理科大学Yosakoiソーラン部
随分人数たくさんいましたね~ 演出とか構成とかそんなに複雑な
わけじゃないけど この大人数での群舞と衣装の色の変化はそれだけ
で十分見応えありました

大須笑店街☆21    大須のシンボル大須観音を守護するという仁王様
がテーマになってるらしい 昨年の「 衣装賞 」受賞チーム
なるほど襟の装飾に仁王様を感じます  こうして部門賞を撮ったチーム
にスポットが当るのもいい事ですね  それぞれ得意分野を伸ばす
きっかけになりそう  割とポップなアレンジが多いのもどまつりの
特徴でしょうかね(^^)  衣装だけじゃなく演舞自体も良く出来てました   

関西大学学生チーム“漢舞”     最近 関西方面のチーム(特に学生)も
活躍してますね~  「川渡し」がテーマ  こういうテーマ選びも 面白い
みちのく以上に地域性(どまつり性)というのを重要視しているからかな?
これのおかげでホントにいろんな作品が見れて楽しいわ
ほんでまたそれを上手く作品として仕上げてるのよね  
勢いもあって力強い演舞 が印象的 後半の展開も華やかでいいですね

Dsc00924Dsc00927Dsc00928

岐阜聖徳学園 柳 個人的にすごく気に入った作品 何年か前に初めて
長良川鵜飼をテーマにしたのを見たときに面白いなと思ったんですが
今年はさらに学生らしくポップに楽しく仕上げてきました  
U(鵜)-girlsの衣装がメンコイんだこれが (^^)
炎琉の流鏑馬的な仮装大賞的パートも客を引き込んでたね~
扇子使いも綺麗でしたし最後の大団円までちょっとしたミュージカルでもみてる気分    

煌☆  これで『きらぼし』と呼ぶ  名古屋場所ってことなのかな?
お相撲がテーマ  行司さんがいたり  お相撲さんをイメージした部隊がいたり
紙相撲とか土俵入りとか いろんなシーンを盛り込んで楽しい作品にしてます
ものすごく踊りの技術が高いというわけでもないんだけど やっぱアイデアと
見せ方だろうね こういうチームがセミファイナルとかに出れるから
ここまで多様性も出たんだろうなきっと

Anjo“北斗”   ご当地の安城七夕まつりから ずっと七夕をテーマに
作品を創ってるチーム  オイラが初めて見に行った頃ファイナルにも
出てたし ソーランへの遠征経験もあったハズ  今年の作品ももちろん
七夕ですが  ご存じ織姫彦星の物語をミュージカル仕立てにわかりやすく
織姫と彦星のぺダンスとかはなかなか見物です キスシーンも?!
J-popのような楽曲もキャッチ―で楽しいですね



よし 寝る

さて、明日はどこの祭りに行くべか

|

« 六戸 | トップページ | 夜間運行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/62212326

この記事へのトラックバック一覧です: どまつり②:

« 六戸 | トップページ | 夜間運行 »