« 結果 | トップページ | パブリックビューイング »

2015年6月15日 (月)

2015 YOSAKOIソーラン結果

まだ物足りなくて
ついさっきまで録画してたBSのサタデーナイトパレードを
見てました  オイラが金曜に物足りないと感じた夢想漣は
土曜の夜にはしっかりいつもの夢想になってたね



さてさて、そういうわけで昨日今日は
当ブログへのアクセスも急増です

遠征していたチーム関係者の方々がお家にもどってきて
まったりしながら 覗き見でもしてるのでしょw

オイラは今日から社会復帰ですので
日中は更新出来てませんけども(^^;


とりあえず は ソーラン全結果おさらいしておきましょうかね

【ファイナル】

◆YOSAKOIソーラン大賞◆
     平 岸 天 神


◆準YOSAKOIソーラン大賞◆
    REDA舞神楽

    夢想漣えさし

◆優秀賞◆

  粋~IKI~北海学園大学

  井原水産&北星学園

  郷人

    コカ・コーラ札幌国際大学

  テスク&祭人

  藤・北大&ホンダカーズ北海道

    北海道大学”縁”

  室蘭百花繚蘭

【セミファイナル】

◆セミファイナル1位◆
    郷人 (ファイナル審査へ)

◆セミファイナル優秀賞◆
  市立船橋高校吹奏楽部THE ヨサコイ
  江別まっことえぇ&北海道情報大学
  関学よさこい連 炎流
  GOGO'S&クワザワグループ
  The日本海&北國新聞
  THE☆北海道医療大学
  JCB夢翔舞
  新琴似天舞龍神
  遨~すさび~&光一天
  函館学生連合~息吹~
  
※ 医療大は携帯投票からのセミ進出


◆一次審査員賞◆
  関西京都今村組
  名古屋学生チーム『鯱』
  札幌大学La fête
   RHK e・ga・o
  tokachi紅
  Excla!matioN
  旭川北の大地
  北海道科学大学~相羅~
  石狩流星海

◆敢闘賞◆
  AJG KIDS
  恵庭紅鴉
  oh!愛で隊
  夢鼓道大地21
  labor
  早稲田大学"踊り侍"
  龍谷大学 華舞龍
  北鼓童なよろ
  札幌市立大学~真花~
  動・夢・舞

◆新人賞
  北昴
  R.E.A.GRACE

【U-40大会】
   ◆大賞◆
   JR九州櫻援隊
  
  ◆優秀賞◆
    朝霞なるこ遊和会
    旭川華酔組
    oh!愛で隊
    新川天狗乱舞
    朱雀
     ダンスパフォーマンス集団 迫~HAKU~
    ついんくる
    筑波大学 斬桐舞
    薄荷童子

【ジュニアファイナル】
   ◆大賞◆
    平岸天神ジュニア
    
   ◆準大賞◆
    AJG KIDS

   ◆優秀賞◆
    恵庭紅鴉Jr
    関西京都今村組ジュニア
    六花風靡Jr



・・・とまぁ ズラ~っと書き出すとこんな感じ
花嵐の名前が無かったり「結」が何にも引っかからなかったのは
東北人としてはちと寂しいですが 郷人が頑張ってくれました


あと~真花~が4位以下だったというのがちょっと意外
すすきので見た限り パレードもすごくキレイだったんですけどね
相手がさらに上をいってたという事か

大賞 準大賞は想定内
西8での一番最初の演舞見たときに、今年の天神は余計な事してなくて
これぞ王道って感じがむちゃくちゃ好きだったんで  やっぱ天神さんは
身一つで勝負した時の強さハンパないと思う

準大賞のREDA道外勢からはひさびさかしら?
これも お披露目映像を動画で見たときに 直感で「強い」と思ったのは
こういうことです   オイラの4/17の記事参照   

夢想漣えさし は結局ススキノで一度見たきりでしたが その時に感じた不安
はきっちり本番までに克服したようです  曲(今年のはもうかなり好き)も振りも
良かったんでそこさえ何とかなれば今年もいいとこ狙えると思ってましたので。
関係者にダメ出しはした気がしますが(^^;果たしてそれが伝わったかどうかは謎

各ブロック 1位から3位までホントレベル高いです
もちろん4位以下もいいチームたくさんでした

新人賞も納得の2チーム
まぁ 中味はどちらもかつてのファイナリストなので新人といっていいのか
どうかというところもありますが(^^;   札幌に出来た新チーム
新人賞獲ったからハイ終わりではなくて  今後も継続して息の長い活動
をしてくれたらと思います   どちらのチームも人気出そうですし
来年はたぶん予想するとしてもノーマークにはしておけないチーム
になるんだろうなという予感あり

今年で24回目のYOSAKOIソーラン
ちょうどソーランが盛り上がってきた頃に参加しはじめたチームや
節目を迎えたチームが多かったのか  いくつか原点回帰的な
テーマを掲げるチームがいてましたね  
ま~ 流行やファッションと同じで 時代は巡ってるのかななんて
感じたりもしますが  やはり学生の勢いはまだまだ強いなと感じた次第

それでも 大賞・準大賞の3チームが 一般チームだったということを
考えると まだまだ 一般チームも意地を見せてくれるようです
審査基準の中から「元気」というワードが無くなったとも聞いてますので
多少はそういうのも影響あったのかな(^^;;
審査員てば単純だからww (オマエモナー)



一部で言われはじめた 演舞構成の画一化ですが・・・
これはもう 5~6年前ぐらいから感じてます はい

こういう構成にしておけばある程度の点数が見込めるという
フォーマットというか パターン みたいなものはありますよね(^^;;
(パクるとかパクらないとかじゃなくて )

実際それにならって そこそこの順位に行ってるチーム・・見受けられますし
見ていて あ、またこのパターンだ なんて思うこともしばしば
・・・ん~  確かに学生チームに多いと言えばそうなのかもだけど
一般チームにもいますね
もちろんず~っと昔からそういうのやってたパイオニア的なチームも
居ますけど最近はそのせいでちょっと損してるかもね(^^;;

今年の大賞 準大賞の3チームを見る限りは ちゃんとそれぞれ自チームの
スタイルにこだわっって独自性を貫いてるチームだよな と思うので
似たり寄ったりの事をやってそこそこ程度の位置には行けるかもしれませんが
そこから上にはなかなか行けないんじゃないかなと思います

こういう時はやっぱ 楽な道よりもイバラの道・・なんじゃない?




そういう意味ではU40の方が多様性あるような気がする



あ、ちなみに 今回の流行色は「青」でいいんじゃない?


|

« 結果 | トップページ | パブリックビューイング »

コメント

ちゃんさん

批判覚悟で発信してたので同調してくれた人がいたのは嬉しいところ(^^)

確かに室蘭百花さんも俗に言われてる「演舞構成が似ている」…にあてはまるでしょうね 特に後半は(^^;
まぁ確かにお客さんのウケがいいのも確かなのですけど。

新しいことに挑戦するってのは一度ファイナル行っちゃうと
なかなか難しいんだと思います
ようやくファイナル進出出来るようになったチームが守りに
入っちゃうのも まぁしょうがないかというところでもあるのですけど、そういう部分をを見てもやはり今回のREDA舞
の躍進は各方面に刺激を与えたんではないかなと思ってる次第

ワンパターンな演舞構成はたしかに観客ウケはいいのだけども、そのうち「あ。またこのパターンか」と飽きられて
自然淘汰されていくんじゃないかなと思います

審査員の偏見、先入観に関しては
現段階ではそれも含めて「チームの強さ」となっているような気がしますので しばらくは静観するしかないのかなと

もしくは応募段階であらかじめ好きな(ファンの)チームを聞いておいてそのブロックからは外れてそれ以外のブロックを担当してもらう…というぐらいでしょうか
まぁその自己申告の時点でウソつかれちゃったらどうにもなりませんけどもね


だからこそウチのようなブログなりサイトで
人気や実績で優勢のチームよりも
実はこのチームがなかなかいい演舞してるよ
と話題になるのは少しでも偏りの解消に繋がってくれ
ればいいのかなという思いもあったりします


投稿: マニエル | 2015年6月20日 (土) 22時38分

それはわかる。ワンパターン化してる。
自分は室蘭百花のファンです。
4部構成でやってきてるようで、出だしはインパクトがありかっこいいけど、最後が微妙な感じになってる気がしてならない。
また、ステージだと生えずパレードが強い。
ステージ強くならなきゃ大賞にはなれないよね。
頑張って欲しいけど、伝統とかあるかもしれないけどある程度捨てるもの捨てて新しいもの取り入れないと厳しいね。マネばっかりではなくて。
山場でしょうね。

また、平岸天神はよさこいの王者。
天神と聞くだけですごいと思って見てしまう。
悪い意味でもいい意味でも偏見だね。でもそのようなものに左右されてしまうものですよね、心理的に。
レダ舞神楽さんみたいに全く新しい感じの構成などがないと、よさこい離れは進むと思う。
なんとかしたいね。なんとか。
よさこい大好きだからこそ、思うことです。
ズブ様なんとか返信よろしく頼みます。(実はファンです)

投稿: ちゃん | 2015年6月20日 (土) 01時16分

>針のむしろさん、

ん~ ちょっと違うかな(^^;
あの演舞構成はそう簡単には真似できないかと

といっても初期の頃のTHE日本海あたりは
パっと見そっくりででしたけど
猫も杓子も・・・というほど天舞スタイルが氾濫してるというわけではなさそうですし 

投稿: マニエル | 2015年6月16日 (火) 23時06分

パイオニア的チームってここ数年はセミで停滞中の新琴似天舞龍神でしょうかね。

投稿: 針のむしろ | 2015年6月16日 (火) 14時02分

その通りですね。
なんとなく似てる事をしておけば、軸がぶれてもパレードの審査でファイナルに行けてしまい、ステージではぶれた軸が見えてしまい一つの演舞としてみるとガッカリが良くありますよね。

投稿: | 2015年6月16日 (火) 13時37分

全く逆です

縁はちゃんと自チームのオリジナルを大事にしてるチーム
これからも名物は大事にしてほしいし続けてほしい
あれがなくなったらダメでしょ(^^)
夢想の白扇子やコンサのチアもね

黄門様の印籠じゃないけどああいう必殺技持ってるのは強いですよ

投稿: マニエル | 2015年6月16日 (火) 06時33分

赤フンですか?
名物だからいいじゃないすか
それ楽しみの人もいるんで

投稿: | 2015年6月16日 (火) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/61748419

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 YOSAKOIソーラン結果:

« 結果 | トップページ | パブリックビューイング »