« 2015 春フェス③ | トップページ | エンタバカ »

2015年5月 8日 (金)

2015 春フェス ④

さ、次 は学生チーム行くか


2日目の駅前広場会場 結構早い時間帯に
影飛威Seaと焔舞陣が続けて登場 
ここで一気に会場の空気を変えちゃったかもね

お客さんもむちゃくちゃ喜んでましたしね。
勢いのある学生2チームの直後に登場の華彩がちょっとかわいそう(^^;


まずは 影飛威Sea の「高みへ」
前日の交流会ん時に 凄いことになってるんで楽しみにしてください
と自分たちで相当ハードル上げていましたが 

高めに設定したハードルはちゃんとクリアできてたように思います
まず定期的に1年で新作用意することだけで大変だもの

ただ、おじさんはもっとすごい学生チームをこれまでいっぱい見てきてるので
君たちが目指す高みは さらにもっともっと高いところにあるよ と言っておく(^^)

Dsc08199 Dsc08201 Dsc08206

昨年の「合宴奇宴」とはまたぜんぜん違うスタイルの作品を持ってきたのは
正直驚いた  学生チームって結構守りに入る傾向があるんだけど
この辺のなりふり構わない感じがまだ 審査形式イベントでまだそれほど
結果を出してないチームの強みでもあるのかと思います

これが一度ある程度結果出しちゃうと スタイル変えるの相当勇気要る
んだと思うけどね  逆に言えば 今だから何でもできるということ

もうしばらくは何をしでかしてくれるかわかんないというドキドキ感を
味わいながら成長見守るのも面白いかもね

さて、この「高みへ」 は仲間と共にさらなる高みを目指していこうぜ的な
学生らしく野心あふれるメッセージが込められた作品
もう のっけからボルテージマックスでバキバキに踊ってくれます
この辺りはもう若者だからこそ出来る芸当でもあるw
(いや まてよ 祭姫會ってのがいたな)

基本的には ザ・学生 の、勢いで押せ押せな感じではありますが
時間差での波の表現だとか 男踊りと女踊りとの対比だとかおもわず「お?」
と気になるような見どころも詰まっております 

Dsc08519 Dsc08530 Dsc08533

遠目に見ると衣装は薄荷童子っぽいけど(^^;縁とか鯱といった全国区レベルの
学生チームのことは多分に研究したんだろうなと思われます  よさ夢での100人
演舞で得たこともスポンジのように吸収して作品作りに上手く活かされたようです
後半のポップなボーカルが入るあたりから札幌大学ラフェッテのような印象も受け
ますが 青森近辺では今までありそうでなかった系統の作品ですね 
声も良く出てたし 作品の意図するところは十分伝えられたんではないかと

まぁ とはいえ まだ出来て間もないので 踊りが粗い部分も見受けられましたし
無駄な移動が多いなというのも感じたり  まだまだ洗練されていくことでしょう
あと、抜群にいい踊りしてる子が何人かおったなぁ 逸材

隣のバサマ曰く「おめだぢ いぢばんだ!」だってさ


続いて 弘前大学のHIRODAI焔舞陣

Dsc08216Dsc08219Dsc08229

影飛威Seaが まだ粗削りながらも学生らしい勢い重視の
ザ・学生YOSAKOI的作品だったのに対して  焔舞陣は半年前にベースが
完成していたこともあって かなり高い完成度で 逆に学生チームとは
思えないほど綺麗に仕上がってるのが対照的で面白い

女子ーズの髪の毛の盛り方から 小道具の高級感とかも含め
なんか一般チームといってもおかしくないような空気感

半年前にお披露目してたとはいえ衣装も振りも変わったという事なので
ほぼ新曲として見たほうが良さそうですね  実際オイラはプロトタイプのは
YOSA夢で一度見たっきりなんで 
元々踊りの上手さ、精度には定評のある焔舞陣ですが これまたキレイ
に揃ってました それでいながらやはり若いから大きな動きも出来ますし
威勢もいい。 あまりに上品にキレイにまとまりすぎて 逆に少し面白味
に欠けちゃうところもあったりしますが(^^;;

ほら どこのチームとは言わないんだけど 「踊りはすごく上手いんだけどね~」
とみんなから評価されて人気もあるのになかなか上に上れないチームとか
居るじゃない?   そのあたりがまたYOSAKOIの難しいところでもあって
上手けりゃいい とか揃ってりゃいい というわけでもないんですよね
あ、もちろん技術的に上手いに越したことはないんだけど それだけでは
ダメってこと

「彼 すごく優しいし いい人なんだけどね~」 だけど
その先に進めないみたいな? って何のハナシだ!?

Dsc08606 Dsc08609Dsc08613


弘前の四季を織り込んだ作品という事で クライマックスでは衣装替えや
扇子捌きなんかも使いながら 力強く 春を表現してますが
曲調に併せてビジュアル的にも上手く盛り上がってるように思います

パレード形式では少し遠目から眺めましたが
衣装の前面と背面でのクルクル変わる様子とか 人数を活かした
郡表現だったりも実にキレイに決まってたと思います

うん、どこに出ても恥ずかしくない本格的チームになったなぁ・・ としみじみ

ただ、曲がどうしても五十丸に聞こえてしまうのだが(^^;;これまた
作家陣がかぶっちゃうとこういうこともあるんだよね  ボーカルも同じ人かな?





さっきのバサマ、ここでも「おめだぢ いぢばんだ!」って叫んでた

まぁこの後もちょくちょく「いぢばんだ」って言ってましたが(^^;
「どれもこれもいぐみえで困ってまるじゃ」ということらしい




さて、次 どこにしようかな

|

« 2015 春フェス③ | トップページ | エンタバカ »

コメント

>ヨッシーさん

やはり敢えて 並べていたのですね(^^)
そうなると余計に三源色がいなかったのが惜しいですが。
お互いに意識しあったこともあってすごく盛り上がったと思います

Lapisと横手舞組が連続なのもアツかったです(^^)

青森の学生さんホントにレベルあがったと思います
今年も各地のイベントも盛り上げてくれると期待。

今現在 チーム卒業して身体持て余してる影飛威Seaの
OBOGが青森市内にそこそこいることを耳に入れて
おきます(笑)


投稿: マニエル | 2015年5月10日 (日) 10時37分

春フェスのプログラムは担当しています。
三源色さんが参加されてたら並べてましたよ。
学生チーム。
敢えて…的な感じで。
そこに3連続は勿体ない感はあるけど、学生たちの動機付けという意味ではアガるんじゃないか?

失礼承知の上で言うと、弘大の子達は「化けた」と思う。
振りとか何とか多くは語る用意もございませんが。
去年?一昨年?「サークル」からYOSAKOIチームになったなぁと思う。
今後の学生チーム、楽しみだね。
青森のYOSAKOIで鍛えられてると思うし。

投稿: ヨッシー | 2015年5月 9日 (土) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/61557361

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 春フェス ④:

« 2015 春フェス③ | トップページ | エンタバカ »