« チケット | トップページ | 2014 みちYOSA⑫ »

2014年11月12日 (水)

2014 みちYOSA⑪

寒いですね~
天気予報でそろそろ雪の話題が出てますのでね

とりあえず降る前に行っとけというコトで
はちのへYOSAKOIのチケット確保しに行ってきました

前は夜と昼でチケットの種類分かれてた気もするけど
今回は関係なしで 昼でも夜でも好きな方に入れるのだそうだ


ポスターにはいつものように当日券の販売はございません
って書いてあったけど たぶん いつものように売ると思われます

空席あれば・・ですけどね   いつも空席あるし(^^;

Dsc06648_2 Dsc06650 Dsc06653

Hot@炎雄 (ほっとあっとえんゆう)という読み方でいいらしいです
みちのく初登場 オイラ的にも富山のチームってまず遭遇することないもんね
見たことない地域のチーム見れるってのはみちYOSAの面白いところ。
パッと見のビジュアルから行くと高知系っぽいですね  曲はかなりノリノリ系
で面白い振り付けでした  衣装もいいですし踊りも切れがあっていいです
あまり見ないスタイルなんで審査員も戸惑ったかな?
福島の相馬からの馬陵玄武オイラ的に久々に見たはずですけど  被災地
チームが頑張ってる姿ってのはいいもんですね  スタイル的には前に
見たときと変わらずの歌謡曲系  ユルめの振りながらすごく丁寧に踊ってるのは
見てて好感が持てます   
喜楽楽の作品はキツネの嫁入りを題材に、ストーリー仕立てで上手良く
まとまってました  厳かに長持ち唄を入れてくるあたりはグッと来たね(^^)
最後はわいわい楽しく宴じゃ宴じゃって・・・  数年前の舞神楽がキツネの嫁入り
やってましたね  構成の流れは似てますけどチームによってこうも味付けが
変わるもんなんだねと一人ニヤニヤしながら見てましたとさ

Dsc06662_1 Dsc06663 Dsc06668

桜家一門YOSAKORI隊、福島からの学生チーム 桜家ってもっと人数的に
賑やかだった気もするけど ちょっと寂しくなったかな  んでも男子がたくさん
居るのはやっぱ力強くていいですね  踊りの方もかなりしっかりしてます
衣装デザインとその使い方が秀逸 小細工なしでの群舞というスタイルですが
なかなか見応えあり  ちょっと楽しみすぎたらしく時間オーバーだったみたい
あの入退場は時間かかるわな(^^;
みちのくYOSAKOIひとめぼれは東北民謡お国巡り的な曲で 各地の民謡
をメドレーで。 秋田音頭ってやっぱラップの元祖なんだな(^^; 
振りの方はまぁ リズム体操的な感じですけど楽しんでるようなのでヨシとしておく
もちろん そういうスタンスもアリだと思います  それがYOSAKOI だし祭りだし。
審査受けるとか上位狙ってるチームはそれだけではだめだよね
自分たちが楽しければ見てる人も楽しい  とは限らないんだよね 
高知県にぎわいボニート&福大VCwithなんちゃら
まず閖上太鼓保存会のみなさんによる太鼓の演奏からスタート
その後踊り子さん達が登場 演舞中も太鼓で盛り上げます
ご覧のように セーラー服の水夫さんスタイル 竜馬の顔がインパクトあり
女の子ちゃんたちの笑顔がすごくめんこかったのが印象的
閖上太鼓は名取の郷土芸能  震災がきっかけで高知のよさこいと
の 宮城県の太鼓がコラボ  失うものばかりじゃなくてこうして生まれた縁
もあるってことですね



|

« チケット | トップページ | 2014 みちYOSA⑫ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/60631719

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 みちYOSA⑪:

« チケット | トップページ | 2014 みちYOSA⑫ »