« 八戸泡盛の夕べ | トップページ | 暦の上ではディセンバー »

2014年11月30日 (日)

はちのへYOSAKOI15周年

004_2

今年でで15周年をむかえた八戸YOSAKOI いってきました


相変わらず 撮影等は禁止なのでいつものようなレポは
出来ませんけども  まぁ  参加チームのみなさんがお客さん巻き込むの上手で
お客さんもノリが良い人が多くて いい感じに盛り上がったんではないかと

まぁ 会場の雰囲気が良かったのもあってか 演舞の方もどのチーム
も素晴らしい出来でね   今回の作品をこのクラスの大きめなイベントで
踊るのは最後っていうチームもいくつかあったようで気合も入ってたみたい

かみどんほどじゃなくても  インドアイベントとしては
終わってみれば けっこう面白いし成功してる方だとは思うんだけど
いかんせん宣伝がお上手ではないようで なかなか濃いめのお客さんも
集まりにくかったりするんですよね(^^;

というわけで、今年は15周年の節目という事で 運営側も頑張ったみたい

札幌ソーランの星野会長まで来ていたのはちょっと驚き


北海道大学“縁”は今年も30人ちょっとでの参加 とにかくお客さん
を乗せるのが上手い、積極的に客席に飛び込んでハイタッチとかハグとか
やってました  もうはちYOSAは彼らの協力なしでは開催できないかも
といっても過言じゃない

今回初登場の福祉大学 夢人党・・はoh!愛で隊との繋がりかな?
演舞でもoh愛で隊のサポートしてましたし   まぁ このあたりじゃ
まず見かけないファンタジーな作品でね 夢あるわ

影飛威Sea はちYOSA後に重大発表してました どうやら来年の春には
もう新作出すらしい  ということは 合宴奇宴 もこの規模のイベントでは
ラストということなのかな  新曲は2年に一度ペースかと思ってましたが
1年スパンの軌道に乗せちゃうようですね ノリにノッてるとはこのことだ
まぁ 楽しみにしましょう

山形☆庄内よさこい連盟 乃舞士・・・ たぶん横手で一度見てるハズ
連盟・・っていうから合同チームなのかな んでも衣装にはみんな
「黄金の舞」って書いてあったんですよね どうやら勇姿会繋がりの
ようですが山形方面にはあまり詳しくないのよね  でもきょくはともかく
踊りはすごくいい動きしたたんで なんか山形方面のイベントも一回
見てみたいなとか思った

リズムなるこ会は今回おちゃめな53歳さんのお気に入りだったようです
ババアのお遊戯チームなのですけど  今回、衣装を割烹着という
ザ・おばはん にしたことによってさらにキャラが際立ちました
ちょっとしたことですけど これって画期的な「変化」だと思います
今回はバサラで踊ってたんですけど   前に使ってたウミネコの声が入った
八戸っぽい曲で今度は「いさばのかっちゃ」軍団でやってほしいねえ
間違いなく名物チームになるよ

糸の会 新曲は耳に残るキャッチーな楽曲 振り付けもほどほどいい感じ
ホントは糸の会もう少しいろんなとこで見たいんだけど まず八戸以外
の場所で見ることないんだよね(^^;

GOGO’S も、どうやら今回の「花蕾鼓起」という作品の踊り納めだったようです
通算68回目とか言ってたような・・・  こちらもたしか30人ぐらいだったように
感じましたけど すごく気合の入った良い踊りでした  踊り納めというワード
聞くと寂しさもありますけどその一方で次の作品に向かってるんだなとワクワク
してきますね

八戸市立東中学校は、大学生チームとの共演で感化されてるのかな
ヒジョーにすばらしいYOSAKOI頭を持ってますね
入退場含めあのパフォーマンスは若者らしくてかなり好感持てますね
○間中学校のやる気ナシYOSAKOIとぜんぜん違う(^^;;
まぁ あの年代ってそういうお年頃なので理解も出来るけどね
東中・・・ 今後も期待できるかも

心花組は10周年で初のオリジナル曲に挑戦 まだまだ出来たてホヤホヤ
ですし それこそ試行錯誤しながらだと思いますけど 頑張っていい作品
にしていって欲しいですね  踊りには定評あるんで

蒼天飛龍も龍魂永劫はこの規模のイベントでは踊り納めらしいです
神セブン的選抜メンバー勢揃いで骨太なカッコエエYOSAKOIを
きっちり決めてくれました   来年、の本祭に八戸YOSAKOIチームが
一般人と一緒に総踊りチームとしてエントリーするみたいなのですが
それのお手本として ヨッシャ来い!も踊ってたので 蒼天は2曲
見れたことになります(^^)

AOMORI花嵐桜組は、この日一番の盛り上がり
うん、縁よりも天舞龍神よりも確実にお客さんの反応良かったっす
とくにあのでっかいマグロんとこね  やっぱね仮装大賞だなんだと言われても
お客さんは喜んで見てるわけよ    だから審査とか勝ち負けとかは別にして
これからもやり続けなきゃダメだと思うのよね 
来年は・・・どんなアートが展開されるんでしょうね

新琴似天舞龍神・・・八戸来るのいつ以来だろうな(^^;
来るたびに天舞売店でDVD買ってたけどここ数年分抜けてるんだよね
今年の作品は好きなんで最後に八戸で見れたのは嬉しいね
2部の方では男性踊り子が全面に出るBパターンの構成で披露
ちとせトーナメントで見たときもあれ好きだったのよね
天舞はもう貫禄ですね  ただし、4連覇のネームバリューもそろそろ八戸
あたりでは通用しなくなってる感は否めませんが(^^;  ただ阿波踊りが
出て来た時のお客さんの歓声 どよめき なんかを見る限り 狙ったところ
に関してはちゃんとハマったんじゃないですかねー 



というわけで終わってみればいろいろ見どころもあり
いいイベントではあるんですけどね


今回もチケット収益がどうだとかスポンサー協賛がどうだとか
見てるお客さんには関係ない台所事情を吐露されたり
来年は規模縮小しますと 思わずゲンナリな宣言されたり(^^;
(まぁ どこも厳しいというのは重々承知なんだけどさ)
演舞とかパフォーマンス以外の部分で 残念感は残るのだよ





 

|

« 八戸泡盛の夕べ | トップページ | 暦の上ではディセンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/60739254

この記事へのトラックバック一覧です: はちのへYOSAKOI15周年:

« 八戸泡盛の夕べ | トップページ | 暦の上ではディセンバー »