« 2014 みちYOSA② | トップページ | 2014 みちYOSA④ »

2014年10月21日 (火)

2014 みちYOSA ③

休みだったんですけどね

なんかぐうたら過ごしてました あっという間に一日終わった
ほとんど寝てたかも

どんだけ寝ても寝れちゃうという
変なスイッチが入ってしまったみたい 寝すぎると具合悪くなるよね(^^:




今週末は行きたいイベントとかあるんだけど
日帰り厳しいなぁ(^^;;



さて、そーいうわけで少しずつ みちYOSA振り返ります

Dsc06414_1 Dsc06418 Dsc06430

北海道学生合同 北人 はそれこそ 北海°の学生さんの遠征チームの
走りですよね  スタイルとしては南中ソーランのようなコテコテのいわゆる
YOSAKOIソーラン  学生の元気と勢いで札幌からYOSAKOIソーラン
直輸入てな感じで ソーラン本祭のPR隊的な役割も担ってる気がしますが
どうやら本人たちはそれほど審査には執着してないみたい ガッツリ本気出して
なくても充分魅力的 オイラ的にはかなり好きな系統  福士さんの唄とかかなり贅沢
こういう修学旅行的な感覚でお祭りに参加するのって良いなと思います

笑囲咲。 冒頭部分の豊年こいこい節 のとこなんかかなり泥臭くて
いい感じなんですけどね~  振りのセンスとか踊りはそんなに悪くないと
思うんだけどね  民謡と市販の和テイストロック曲をつなぎ合わせて
無理やりYOSA曲にしちゃってる  例年のパターン  みちYOSAに
出てるチーム(仙台チーム)ってまだこういうところ多いんだよね(^^;
もう少し曲にはこだわってほしいなと思う次第 
伝えるべきテーマがしっかりしてくればおのずと気持ちもはいるもの

鳴海  こちらも中身は雀踊りのチームさんですね  まぁ普段はYOSAKOI
とは違うメインの活動をしてるチームが数多く参加してるのも みちYOSA
の特徴でもありますね(^^)  熱烈なファンもいらっしゃってたのでそっち
の世界では有名なチームなのかな?
すずめ踊りの場合は地元民謡としてアリなんでしたっけ?
やっぱり踊りは上手いし 見せ方も上手いフィジカル的な面からも
YOSAへの対応はしやすいかと思います が こちらもすずめの後は
市販曲  まぁ本職はすずめなので YOSAチームとして曲作るほどでは
ないよね


Dsc06431 Dsc06437_1 Dsc06442

チェリーズ仙南 も本業はチアダンスらしいです  親子レク的なところも
あるのかな 曲に関してはここも 中途半端な気がしますが(^^;  いちいち
つっこまないようにします  母体がチアダンスグループということですが
踊りの中にはあまりそういった雰囲気は感じられず(^^; もっとこう
スピーディにテキパキとっていいうイメージでしたけどずいぶんふんわりと
した創作ダンスという感じでした  曲途中で止まったと思ったらブツ切り
にしてただけでした(^^;
舞夢華幻 は みちYOSA審査初期の頃のファイナリスト  山形のYOSAKOI
ってなかなか見に行く機会がないのですが けっこう盛り上がってるのかな?
みちのくへのエントリーは岩手や青森よりも多いんですよね
初期の頃から変わらず、ソーラン節と花笠音頭の融合といったスタイルですね
一時期に比べてちょっとクオリティ落ちちゃったような気もしますが(^^;
花笠の妙技は相変わらず勢いもあって目を引くものがありますね 
今回のみちYOSAでデビューとなる新チーム эиii は童謡 「うさぎ」
をアレンジしてリリカルに世界観を表現 こうい系統の新チームが興った
というのはみちYOSA的に喜ばしいところではないかと 作品の作りが
完全ど素人ではなくYOSAKOI経験者によるものだというのは なんとなく
見てとれます  ものすごくキレイな作品なので 踊りがバラバラなのが致命的
もう少し精度上がることを期待しつつ 他の現場での活躍も楽しみにしたいところ


とりあえず ずらずら~っと好き勝手に 書いてみた
今回はこんな感じでだらだらとやっていきます



やべーくしゃみとまらん  また風邪ぶり返したべか

|

« 2014 みちYOSA② | トップページ | 2014 みちYOSA④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/60523497

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 みちYOSA ③:

« 2014 みちYOSA② | トップページ | 2014 みちYOSA④ »