« 祭り | トップページ | 踊る大審査会議 予想と結果を振り返る⑨-1 »

2014年7月28日 (月)

踊る大審査会議 予想と結果を振り返る⑧-3

小川原湖Yosakoiでお世話になった皆さま
ありがとうございました  m(__)m  この場を借りて御礼申し上げます


しかし・・・ここ数日  遊び過ぎたわな

今日から通常営業に戻ります・・・

といっても もうすぐ青森はお祭りシーズン突入なので
またふら~っと出かけることになると思うけど(^^;

いやぁ しかし暑いね
気温は全国的に見たらそんなに高くない方だけど
やっぱ蒸し暑いの苦手 

部屋にエアコンつけるかどうかすげー悩む

後 数週もすれば青森の夏なんて終わっちゃうけどね

さてさて すげー久々でまた忘れかけてたけど
本祭⑧ブロックの続き その他いろいろチーム編

このブロック社会人チームが頑張ったけど
学生チーム多数でしたね

見たくても見れなかったチームも多数(^^;

Dsc02672 Dsc02591
北鼓童なよろ

ここんとこしばらく見れてなかったのだが(^^; 数年のうちに作風少し変
わったかな  名寄の学生さん達が多数なのかな?  踊りがかなり
若さにモノをいわせる系の激しいやつだったんで
全体的にシンプルながら、わりと好きです   踊りのみの直球勝負
鳴子の音も綺麗でしたし 声も良く出てましたね  まぁ 不揃い感は
否めませんでしたけど(^^;  こういう素人感があってこそのお祭りなので

むらむらむらあず  こちらのチームも長いですけど しばらくぶりに見た(^^;
一本芯が通っていていいね ブレることなく長く続いてるチームの底力
を見たような気がします  U40の審査演舞ということで気合も入って
いたのでしょうけど 踊りも揃ってましたしカッコ良かったですね~
静と動でいったら「静」の踊りなんですけど 表現力豊か芸術力高いっす
で、ついつい引き込まれてました  これ、練習量かなりのもんだと思う

Dsc02792 Dsc02375

早稲田大学"踊り侍"  大人数の勢いで押せ押せのスタイルですね
なんかもうとにかくMCがやかましい(笑)のが特徴  人数の多さだけはもう
ハンパないので(150オーバーでは?) 多少のバラつきは気にならん
ぐらいの迫力の群舞なのだが テーマとするところはそれほどお客さん
には伝わってない気がする(辛)  衣装C後本当はもう少し盛り上がってもいい
ような気がするんですけどね

札幌学院大学 文京台   学生テッパンの祭りモノですな
良いね  学生チームなりにほどほどに無理してない感じが(^^)
いろいろと手作り感があるのも○   曲は福士さんすかね?  ソーラン節含め
古き良きソーランな感じがたまらないです 
前半のスピーディな群舞→衣装や持ち道具で変化をつけたパート踊り
→クライマックスにかけて色とりどりの扇子で一斉踊りという構成も
分かりやすくて効果的でした   粋でいなせなお祭りYOSAKOIを文京台らしく
表現できてたのではないかと思いました


今日のところはこんな感じで




今夜は昨日一昨日に比べて涼しいので ぐっすり眠れそう


|

« 祭り | トップページ | 踊る大審査会議 予想と結果を振り返る⑨-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊る大審査会議 予想と結果を振り返る⑧-3:

« 祭り | トップページ | 踊る大審査会議 予想と結果を振り返る⑨-1 »