« AOMORI春フェスティバル② | トップページ | AOMORI春フェスティバル④ »

2014年5月 9日 (金)

AOMORI春フェスティバル③

今日は一日お休みでしたが ダラダラと
昼寝したり 仮眠したり 居眠りしたり


あ、春フェス残りの動画もUPしときました
気になる方は動画置き場からどうぞ

もしかしたらあと少し追加になるかもだけど

まっとさん とこにも写真上りましたね
昭和通会場ってなんか雰囲気あっていねえ
踊る側は踊りにくいらしいけど(^^;

込み合うので最近敬遠気味でしたけど来年あたり
いってみようかな


商店街アイドルのマーブルちゃん?のライブとか
どんなだったのかも気になる

さて、本編の方は駅前会場のつづき

Dsc01299 Dsc01314 Dsc01328
弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣   焔舞陣って今何代目だっけ?
まだ10年は行ってないハズ  三源、影飛威Seaと比べて 作品自体がやや
地味なので(^^; 一歩遅れをとっている印象もありますが  ここ数年で
ウォッチャー・カメラマンの評価は急上昇。  青森3大学の中でもメンバー数は
一番多いように感じますので 一気に化けるかもね  フォーメーション等の
見せ方も上手くなってるし 揃えるところなんかはキッチリ揃ってて細部に
こだわった踊りしてました  もっと元気良くてもいいね


北里三源色  新曲「響動」、オイラ以外のウォッチャーさんカメラマンさんにも
どうやら好評のようです  衣装の色の使い方がいいのだとか。
前にGWはメンバー集まりにくいってな話w聞いた気がするのだが、今回も
他の学生チームに比べてやや寂しい編成 それでも笑顔と元気でカバーしつつ
20人足らずというのを感じさせないような演舞は出来ていたのではないかと
やや学生チームに厳しめなウォッチャーさんからは もっとトメ、タメのアクセント
を意識して動きが大きく見えるようにした方がいいのに というコメントもありました
これからの踊り込みでその辺も改善されていくでしょうかね

FUTASUIドリームキッズ   オイラ初めてみるか、前に見てたとしてもさらっと
流し見してた程度か?  いや~秋田のジュニアチームってレベル高いね
雰囲気、馬花道と祭姫會を足して2で割ったような感じもありますが
割とスピード感のある曲をキビキビとした動きで綺麗に踊ってサッと風のように
去っていった感じ  んで、子供たちの表情も活き活きしてたし  
なかなかいいジュニアチームだなと感じました  面白いね

Dsc01358 Dsc01359 Dsc01374
五十丸祭組   斗南藩(戊辰戦争後会津藩士が青森に移り住んだ)をテーマ
にした新曲    歴史の流れ的には それこそ郷人のその後・・みたいな感じですか
この曲がかなりの良曲で振付もカッコよく出来てます
苦しい生活を強いられる中、力強く前向きに生きた斗南藩士の生き様を
上手く表現できてるんじゃないでしょうか  もともと それなりに踊れる子達
でしたが ここにきて いい作品に巡り合ったなと(^^)
こういう瞬間に立ち会えるのがウォッチャー至福の喜びなのですよ

十六夜桜組  去年 仕事の都合で 十六夜桜組の途中で会場を
抜け出しましたが、今年はちゃんと見れました(;ω;)リベンジ達成
この曲ももう結構長い?  男衆のダイナミックな踊りがカッコいいのだわ
重厚感の楽曲は岩手チームの特色みたいなところもあるんだけど
青森で見ると存在感ありますね  全体的に落ちついてるのはまぁ
カラーではあるんだけど構成的には最後のサビでもう少しもりあがると
いいんだけどね

Lapis☆煌組  きゃさりん先生の秘蔵っ子ちゃんたち 子供たちだけで
活動し始めて間もなく1年ですが  自信もついてきたでしょうか 堂々と
した踊りっぷりで 花嵐にそのまま即戦力で行けるんじゃないかと思える
ほどです 気持ちに余裕が出て来るからなのか踊ってる時の笑顔も良いね
やっぱ場数こなして踊り込むって大事ね
あと・・欲を言うならスローパートでももう少し動きに表情もたせられたら
見応えも増すのかなと思うけど このあたりはもう少しお姉さんになってから
ですかね




ゴメン、ホントはもっと書くつもりだったんですが
PCの調子が悪く一度 書いた記事を全部最初から書き直すという
作業をしているので きょうのところはこれで勘弁

くっそ こんなことならあんなに昼寝するんじゃなかったww



 

|

« AOMORI春フェスティバル② | トップページ | AOMORI春フェスティバル④ »

コメント


はい、同じ 振り付けの先生ということをご存じとはなかなかの通でございますな(^^;
YOSA界では有名な方ですね

そういうわけで、実は青森の下北から県南にかけては
旧会津藩にゆかりのある方がいらっしゃるということで

いつか郷人と五十丸の共演なんかが見れたら
おもしろいなというのがウォッチャー話の肴だったりします

投稿: マニエル | 2014年6月 2日 (月) 23時56分

五十丸祭組の今回演舞「それこそ郷人のその後~」。
そう今回郷人の振り付けの先生が今回の作品、五十丸祭組も行っていたんですわ、な~るほどと繋がった訳です。

投稿: | 2014年6月 2日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AOMORI春フェスティバル③:

« AOMORI春フェスティバル② | トップページ | AOMORI春フェスティバル④ »