« 2013 みちのくYOSAKOI ⑧ | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ⑩ »

2013年10月25日 (金)

2013 みちのくYOSAKOI ⑨

今秋は 雨が多くてヤですね~

千葉YOSAが台風の影響を受けて中止だそうで・・
基本、雨天決行だけども どうしようもないこともある
安全第一   


そうなのよね 学校の運動会とかと違って順延ってのはないんだよね
それぞれチームのスケジュールだってあるからね

関係者各位の心中お察しします

室内で何かしら代替イベントとか出来るといいんですけどね



とわだよさ夢で過去に荒天により急遽文化センターに場所を移して
開催ってことがあったなぁ そういえば (^^;

5ブロックは名勝負の予感がしていましたので
なにがなんでも見たいと思ってたブロック

チームの規模やスタイルが似ていて  飛びぬけて優勢っていう
チームもなかったですし意地と踊り力のぶつかり合いって感じでしたかね

2013_10130269 2013_10130271 2013_10130276
紅翔連はむちゃくちゃ気合入ってましたね  うん、本気でファイナル狙ってたと
思います 結果としてはセミでしたが おそらく僅差だったのではないかと
演舞順によってはもしかしたかもね~  しかしよくここまで昇華させたなと
ちょっと驚いてたりもする 踊りはもちろん 半纏の使い方や
扇子の色にいたるまで やれる部分に関してはとことんやった感じですね
展開式の背景画も用意してくるとは  しかも手作りってのがイイじゃないの(^^)
東山道三蔵もみちのくでは有力チームの部類に入るんではないかと思うんで
すけど なかなか結果が出せずに苦労してる印象がありますね
ホント、このブロックはわざとじゃないかってぐらい 似たような芸風のチームが
揃ったんですが三蔵もけっこう被ってたねぇ(笑)  あとはまぁ見る人が
どの部分を持って差別化するか、評価に繋げるかってとこだよね
グワッと客に訴えるようなエネルギーはやや抑え気味でしたが 踊りの精度は
上位の2チームにも負けていなかったかと   キレイに揃ってはいたし曲も踊りも
悪くはないんだけどもそれだけじゃなかなか勝てないんだよね 
昨年ファイナルのよさこいゆきうさぎ  読者の方からのコメントにもありました
通り カリスマダンサー 小倉氏こちらにも登場しておりました つい先ほど
自らが率いるAZUKIで踊った直後でしたが  掛け持ちは大変っすね(^^;
曲は去年と同じやつですが、このブロックでは特に異彩を放っていました
みちYOSAでは評価されないスタイルなだけに去年のファイナル進出は驚き
もありましたが今年は昨年のようにはいかなかったみたいですね

2013_10130278 2013_10130281 2013_10130285
飛勇凛、実力的にはもう少し早い段階で手の届くところにいたとは思うのですが
ようやく ファイナルへ  審査のあるなしに関わらず、ストイックに良い演舞を
心がけているチームですが ほんの少しだけいつも以上の「本気」を感じました
見た限り、ノーミスでクリア   体勢を急に変えた時のふらつきもなく、
衣装脱げない等のミスもなし 声も良く出てましたし 会心の演舞
こなしてきた場数と練習の成果ですね  よくできました
遊美YOSAKOIおどり隊、鳴子の音が小気味良い 効果的に使ってますね
綺麗に鳴らせると2割増しぐらいで踊りが良く見えるらしいです
決め手になる様な派手さこそないですが 以前にくらべてずいぶんキレの
ある動きするようになったし 大掛かりな演出もないんですけど最後まで
飽きることなく見入ってしまった 政宗公が作ったお祭りがテーマらしいですが
もう少し上手く伝わるといいんだけどね アガってきてまるチーム(^^)
華幻は ここにきてちょっと伸び悩んでるという印象ですね
一生懸命なのは伝わってくるんですけど チームとして意図してるモノ
が表現しきれていないというか(^^; もう少し詰めれば限られた人数でも もっと
見せられるようになるのかなと  あとは他のチームいっぱい見ることですね 
偉そうにすみませんw 

2013_10130290 2013_10130293 2013_10130298

こっから青森チーム、元青森チーム、青森チーム
ウチ的に馴染みのあるチームが続きます
輝羅鈴衆去年までチームを引っ張っていたジュニアの世代が別チームとして
独立してしまったので 熟年のお姉さま方がメイン(若い方もいらっしゃいますが)
芸風としてはもちろんの事 初期の花嵐風  北前船をテーマに港の賑わい
を表現してるとのこと 青森ってこんだけ海に囲まれてるのに 俗に言うところの
漁師系、浜モノ系のソーランやってるチーム少ないんだよね(^^;
まぁそれなりに小道具や衣装等華やかに仕上げてはいますがこのブロックでは
メンツ的に少し厳しいでしょうかね  秋田県大館から参戦は 祭姫會
主力チームのピンク法被(モヒカン)とサポート系チームのブルー法被(notモヒカン)
の2部隊編成  メンバーも増えましたが年齢層も広くなりましたので スキルに
合わせて役割分担 notモヒカン組のお母さんがぼそぼそとカウント数えながら
一生懸命頑張ってる姿に胸熱  このチームもかつてファイナル出場経験
ありますが 周りもどんどんレベルあがってるってことですね 
このブロックのトリは彩湖舞姫会 マニエル予想ではたぶんブロック3位で
ないかと勝手に思ってる(^^)   地域色はかなり分かりやすく組み込まれてる
と思うんだが小川原湖伝説ってあまり馴染みがないから伝わりにくいのかな?
まぁ そのためのPR活動でもあるんですけどね
踊れる学生さんもいるんで見応えあります  水戸藩ぐらいまではじけられると
さらに面白くなりそうな気もしますが  今年の夏に披露したばかりの新作 
2年ぐらいかけてじっくり踊り込んでいくチームなのでこれから少しずつ
改良されて来年のみちYOSAの頃には別物ぐらい進化してることでしょう


というところで5ブロック終了
いや~ ホント 見応えあって楽しいブロックでした


明日は職場の飲み会の予定が入ってるんで 一回休み・・かな


|

« 2013 みちのくYOSAKOI ⑧ | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ⑩ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 みちのくYOSAKOI ⑨:

« 2013 みちのくYOSAKOI ⑧ | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ⑩ »