« 2013 みちのくYOSAKOI ③ | トップページ | 八戸よさこい »

2013年10月18日 (金)

2013 みちのくYOSAKOI ④

日曜まで連休かと思い込んでたら
日曜出勤だと(^^;  あぶねー

とりあえず 明日は八戸いってきます

縁、GOGO’S、医療大、HOMURA、oh愛で隊、花嵐
郷人、羽跳天、三源色・・・  あとはまぁ八戸近郊のチームでしょうかね

八戸地域も少しずつチーム減ってるようだけど(^^;

去年行ってないからどんなチーム出たのかよくわからん
撮影とかもたぶんダメなので 見るのに徹します


まぁ 普段なかなか青森ではお目にかかれないチームが
来るからね  貴重な機会ではあるんだよね
有料だけど行ってきますわ


こっちはみちYOSAレポの続き
あ、オイラもそろそろ動画とかあげますね



引き続き錦町公園 
マルホン株式会社提供ブロック

俳優・演出家、 作詞家、 一般審査員  の3名が審査担当

2013_10130109 2013_10130112 2013_10130115

SnowDrop feat もっZ、ぽっそ、遨~すさび~
もっZはやはり過去にもみちYOSA出てたあのもっZでした んで、どういう
繋がりかはわかりませんが、どまつりチームのSnowDropと合同で参加という
事らしい とりあえず曲はかなり良がった。北海道の有名どころでしょうね
本気で作り込めばファイナルも狙えそうな作品になりそうでしたが  踊りの中身
はだいぶユルくて みちのくでよく見るファミリーチームのわいわいと楽しむ感じ
MCも半沢直樹ネタとかいろいろ詰め込み過ぎでよくわからんかった(笑)

Posso ballare?MG テーマは満天華  元気になるから笑ろとけ笑ろとけ という
意味らしいです  まーいつものメンコイぽっそらしい作品です  途中、ほんの
ちょっと勇ましい系のパートもありますが  YOSAKOI見てるというより
AKBのようなアイドル集団でもみてるような気分になります(*´Д`*)
まぁいいんじゃない これがみちよさでのぽっその立ち位置
ファイナル行ってほしいとかの気持ちもちょっとあるけども まぁそのうち
チャンスは来ると思うのでこの路線で
 

遨~すさび~&光一天は2段ステージで構成作って来たねぇ
踊りのカッコ良さだったり、鳴子の音だったり 遨~すさびが~売りとしてる
ところはきっちり見せられていたのではないかと  ヤマ場のシーンも綺麗で
画になるチームなんです   上手いのは上手いんだけどもやっぱりお行儀良
すぎてフックがないのが逆に弱点らしい   地域色としてアイヌ民族の自然観
がモチーフになってるのだけどもなかなか伝わりにくかったみたいですね
葵の御紋の方はストレートに入ってきやすいもんね

2013_10130119 2013_10130120 2013_10130123
笑囲咲。も毎年コンテストには出続けてますね  だいぶYOSAKOIっぽく
なってきましたね ホント 宮城県チームは亀のように一歩一歩進んで
ますが、他の地域の成長速度が速くてなかなか追いつけないんですが(^^;
動ける男衆がいるのは強み もちろんやれるだけのことはやってベストは
尽くしての参加なんでしょうけど あえて厳しく言うとまだまだ踊り込み必要
あとは曲ですね  、乱気流は神奈川県からみちのく初参加、もちろん初めて
お目にかかるチームでしたが 上手かったですねぇ  動画で見た限り高知系
かなと思ったけど何気に振りなんかも激しくて衣装チェンジもあったり
母体は非YOSAのダンス系かなと思いますが 良く揃ってましたし見応えあり
ました 関東方面も面白いっすね   東京農大 大黒天 安定の大根踊り
このチームは他の学生チームとはまたちょっと違ったスタンスで参加している
ようで審査であろうが お気楽ごくらくな感じなので肩の力抜いて見れます
演舞中の掛け声とかも飲み会とかコンパのコールのように聞こえてきますが
まぁ 「宴点火」つーぐらいですので そのあたりは狙い通りなのかなと
ブロック5位は何気に好成績ではないかと

2013_10130127  2013_10130130

水戸藩YOSAKOI連 人数的にもキャラクター的にもたぶんみちのくYOSAKOI
ならば結構 相性いいのでは?と思っていたチームがようやくみちYOSA登場
踊り子さん (特に男隊の)気持ち というか気合がダダ洩れの感じがたまりませんね
札幌でいう所の夢想漣を見てる時の感覚に近いと例えておきます
渾身の踊りの泥臭さ、見てる側にビリビリ伝わるエネルギー量で 人数の差は
ものともせず 遨~すさび~を上回っていたようです 
写真撮り忘れましたが 愛知県からの天つ篝もこのブロックでしたね
曲はたぶん去年と同じやつかな  独特の世界観  早口言葉のような、呪文のような
歌に合わせて踊るのですが 見てるだけで酔いそうにります(笑) 
最後バタっと倒れ込む なんかもう完全にお客さんおいてかれてる感じがしますが
あまり審査は気にしてないんだと思います   
THE!!駆波゛乱は今年は趣向を凝らして西部劇とかに出てくるカウボーイがモチーフ
いままでこんなわかりやすいキャラものに扮したイメージがないのでオイラ的には
けっこう新鮮でした   曲のアレンジもそれっぽく なってたけど 基本的な演舞スタ
イルは変わらずあ~ザックだなと  ここも毎回一応コンテストには出てますが
結果についてはそんなに眼中にないんだと思います  しかしどんだけ人数
多いんだか ステージ満杯でさらに入りきれない子達が後ろの方で見てたな
ぽっそとザックってオイラの中では同じぐらいのトコだと思って見てたんだけど
審査結果は結構差が開いてるのね  ふ~ん

2013_10130022

2013_10130134 2013_10130137 2013_10130138

ここからは各ブロックの合間に通常演舞も入ります

時間的にはこれで15時半過ぎぐらいだったか
風が出てきて寒くなってきたんだよね

   

|

« 2013 みちのくYOSAKOI ③ | トップページ | 八戸よさこい »

コメント

こんにちわ。

あの日、勾当台公園から定禅寺通りに抜けていく道
を移動しているときにポッソの女の子二人組が歩き
ながら大粒の涙を流している姿を見かけました。
鳴き声も聞いているほうが切なくなるほど。

それだけ一所懸命になれるって、ある意味いい事だ
なぁ・・・って思っていました。

それにしても、演舞を見てはいませんが評価にはず
いぶん差がついたんですね。


投稿: K | 2013年10月20日 (日) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 みちのくYOSAKOI ④:

« 2013 みちのくYOSAKOI ③ | トップページ | 八戸よさこい »