« みちのくYOSAKOI 審査結果 | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ② »

2013年10月15日 (火)

2013 みちのくYOSAKOI①

はい、改めまして
みちYOSA行ってまいりました

今回もお世話になったみなさん ありがとうございました
ズブ会の方もおかげさまで大盛況  参加されたチームさん、ウォッチャーさん
みなさんに感謝 

もちろんおまつり本編の方も充分楽しんでまいりました 
やっぱYOSAKOI楽しいね(^^)

というわけで なるべく 新鮮なうちにやっていきます
といっても またダラダラと長くなるんでしょうね(^^;;

まぁ 気長にお付き合いくださいませ
いつも以上にダラダラと特にスタイル決めずにああだこうだ書いていきますので


で、そうこうしてるうちに 今週末は八戸よさこいですわな
レギュラーの“縁”の他に、今年はGOGO’Sが八戸初登場?なのかな
あと、医療大のオペラ座を公会堂で見るってのはちょっと楽しみでもある

さて、まずは みちYOSA

今回はズブ会会場の下見と打ち合わせを兼ねて 仙台には前日入り
おかげで当日の朝はゆっくりできました  

で土曜日は会場の下見を兼ねて8時ごろに現場行ったんだけど
携帯から更新したようにまだ会場設営中でしばらく場所取りも出来そうにない(^^;
青森あたりじゃ 下手すりゃ7時半ぐらいにはお客さん並ぶのに・・・

でも、なんだかんだで 開演時間にはちゃんと出来上がるんだよね
スタッフの人数多いってうらやましい   よさ夢は・・・(笑)

2013_10130001
でもお客さんの入りはまだまだって感じ
土曜日の朝イチからいるのは よほどのYOSA好きかキチ○イだけです

ご覧のとおりブルーシートもガラガラ
特別桟敷席も無料開放の時間だったけど空席多数

あ、そうそう 今回のみちYOSAユーストで長々と垂れ流ししていたようですが
アーカイブで置いてあるんで 今でも見れますね
見逃したチーム見るにはちょうどいいかも
カメラワークとか難ありだけどまったく見れないよりマシ
土曜の朝イチから最後の総踊りまでずっとあるみたいよ 
一日中 仮想市民広場張り付きが出来ますね


ご覧のように 今回から電光掲示板復活です
前はチームコメント流れてたけど今回はチーム名と所在地がずっと表示
されてました    この電光掲示板高さがあってフリースペース最前だと首
疲れるんだよね(^^;   桟敷席からだとちょうどいい

いろんなところで前回より金掛かってる気がしたんですけど
やっぱこれ予算の出どころは復興支援の特別予算ですかねぇ


そんなわけで、無料の桟敷席に座ったところで チーム演舞スタートです。

2013_10130006 2013_10130007 2013_10130015
写真は左から舞夢、鳳翔乱舞、海童いしゃり
舞夢は、ウォッチャーが俗にいう所の昔ながらのみちYOSAチーム
和気藹々と、わりとユルめにお祭りに参加してるチーム  音楽も市販のもので
振り付けも自分たちで工夫して創っているのでしょうね 素人っぽさはありますが
これもまたスタイルですのでいいと思います   

もともと審査形式ではなくて、もっと小規模だったり、地元のダンスチーム

最近は仙台近郊チームもこういった 昔ながらのチームと コンテストで
上位入賞を目指して通年で精力的に活動するチームと大きく二つに
分かれてきた感じですかね   やってて楽しいのは前者
いろいろ大変なのは後者・・だと思う(^^;  もちろん結果出たときの達成感
は格別でしょうけど
鳳翔乱舞は今回思い切ったモデルチェンジ でかなり良化 これまでとは別な
チームかと思うほど見応え増してた  ウォッチャーとしてこういう瞬間に出くわす
のはこの上ない喜び  まだまだ伸びしろありそうですのでさらに期待
海童いしゃりは曲こそは昨年と同じ(オイラ大好き)ですが、衣装が新しく
なりました。  そして平均年齢がこれまでよりググッと若返ってますので
動きのキレがUPしとります  ズブ会でのウラ演舞もお疲れ様でした
司会の方が復興のシンボルといってましたがまさにその通りで
このチームが踊っている姿に勇気をもらう人は少なくないはず

2013_10130021 2013_10130024 2013_10130030

東京理科大学Yosakoiソーラン部と多賀城遊舞会と福島学生“源種”~seed~
理科大は今年もずいぶんと大人数でしたね、ちょっち作風変わったように
感じたのはオイラだけ? 何がイイってこの群舞の迫力よ 学生ならではの
エネルギーに満ち溢れる演舞みてて気持ちいわ  多賀城遊舞会は少し
前まではけっこうお気楽にやってるローカルチームという印象がありましたが
昨年セミファイナル(復活ステージ)進出ということで さらに向上心が出たのか
見せる作品を意識して作ってきたように感じました   まぁ 大きなステージに出たら
こりゃ下手なもんは見せらんないぞ って気持ちにはなるしね  というわけで
曲、構成も含めこのチームも全体的にクオリティは上がったなという印象
踊りの精度は練習でもっともっと上げられそうな感じですね  源種はここ数年
やってきてるスタイルを踏襲しつつ新しいスタート的な作品のようですけど
構成ほとんど同じなだけに焼き直し感は否めない とはいえ、もともと作品自体は
悪くないんで爆発力があればなぁとも思ったりするんですけど それがまた
源種のいい所なのかな  他の学生チームさんに比べるとかなりお行儀良く
キレイにまとまってる作品ではあるよね

2013_10130020

と、いうところで・・マジメなマニさんは
明日の勤務に備えて本日はおやすみの国へww

|

« みちのくYOSAKOI 審査結果 | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 みちのくYOSAKOI①:

« みちのくYOSAKOI 審査結果 | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ② »