« 2013 みちのくYOSAKOI ⑨ | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ⑪ »

2013年10月27日 (日)

2013 みちのくYOSAKOI ⑩

今日は県内あちこちでちょこちょこっとした
イベントあったみたいなんですけど

朝、腹痛と共に起床 昨日の飲み会
すきっ腹に久々にガブ飲みしたのが効いたか(^^;

そのまま気分もすぐれないまま出かける気にもなれず
ダラダラとすごした日曜日(^^;


さて、みちのくレポ?

日曜日錦町公園で熱い5ブロックの戦いを見届け
結果発表を待たずに 一度 市民広場へ様子見のため移動

2013_10130303 2013_10130304

HIRODAI焔舞陣 は審査対象外だったんで ここで見て
おかないと見れそうになかったのでね
みちYOSAあたりだとかなりの大所帯チームってことになるだけに
無審査なのがもったいないところだったりします  踊りもよく揃ってた
大人数ならではの元気の良い群舞は見せられていたと思います
もう少し欲出してもいいかなと思ってますが

で、すぐに錦町公園に引き換えしたら ちょうど5ブロックの
表彰式という・・  ナイスタイミング  (^^)

2013_10130393 つーわけで5ブロック以降は こんな感じで
1位と2位だけがわかるように貼り出されてました


6ブロックスタート  オイラ的にブロック審査見たのはここまでです
昼からはテレビ中継枠もあったので 市民広場に主戦場を移したんだよね

このブロックも見応えあって楽しかったですねぇ

2013_10130308 2013_10130309 2013_10130312
NTTりんりんYOSAKOI連  みちYOSAお馴染みの企業チーム、みちYOSA
以外のイベントで見かける機会はないですが 毎年 同じ曲、衣装で参加
生のブラス楽器演奏も演舞を盛り上げてました  企業PRチームは一番の目的
は宣伝だと思うので他のチームとはややスタンスが違うと思うのですけど
とにかく元気よく踊りきっちゃうあたりは見てて清々しいっす 本気出すと怖そうです
けどたぶんこれからも同じスタンスで参加するんでしょうね
YOSAKOIとみや大清水は子供が多いチーム ここも毎年 童謡を交えた
同じ楽曲を使用してるんで 常連さんのお客さんはサビのフレーズぐらいは口
ずさめるハズ(^^; 子供らしく元気ハツラツな踊りをやってるんで ホントはキッズ
部門に出た方がいいんじゃないかなと思ってるんだが 大人も踊りたいんだよね
やっぱり(^^)  常陸国大子連、セミ、ファイナルにも充分手が届く位置にいる
実力派チーム 曲良し、踊り良し、衣装良し、 声も良く出てて勢いもありました
衣装や小道具使い方など演出面でもインパクトあって作品としての完成度
も高いと思うのですが、みちのくではもう少しキャラクターというかご当地感
があった方がいいのかもね  傘使いはやっぱりうまいねえ

2013_10130322 2013_10130331 2013_10130335
AOMORI花嵐桜組 今年の作品はもう みちYOSAにはもってこいの作品
と思ってましたのでポカやらかさない限りはファイナル当確という予想どおり
強さを見せましたね まぁ過去実績や知名度も大事ですからね
ねぶたの躍動感、祭りの活気 哀愁・・ ギュッと凝縮された会心作
ねぶた登場シーンは賛否あるようですが まぁなかなかホンモノ見れない
地方では受けますね   二段構えの大陣幕も強風ながら成功したようで
復興への思いも伝わったかな   続いて登場のあさか野YOSAKOI王舞神
もこのブロックでなければファイナルとかも普通に狙えるぐらいのチーム
だと思うんですけどね けっこう長めに踊ってる今回の作品ですが ちょっと
見ないうちに見せ方ずいぶん変えたようです  衣装のパターン増えたり
小道具持つようになったり 某ケータイ会社のキャンギャルのようだと言っ
ていた(^^;最後の衣装は東北の応援隊という設定になったようですね
金色のポンポン持ってワシャワシャと  コンサフリークのようです(^^)
よさ夢以来の拝見となった馬花道、ブラッシュアップ・・してきたねぇ
衣装や大道具も完成形でしたが 踊りも相当進化してた。 これ踊りの技術面
だけじゃなくハートの部分、内面的なところで大きく意識変わったような気がする
見てる人に迫ってくるようなパワー、エネルギーは花嵐以上だったかも
今回の作品から芸風もガラっと変わり オイラはNEO馬花道と勝手に呼ばせて
もらってますが(^^;以前感じていたような花嵐っぽさも無くなって面白く化けたなと
今後に期待したいと思います

2013_10130338 2013_10130342 2013_10130346

前の3チームが結構レベル高い踊り披露してたので、少し霞んじゃうかなと
思っていたのですが 今回「華・from KAMI」もなかなか勢いあっていい演舞
してましたね 曲はキャッチ―だし 衣装もきれいだし ファミリーチームでここ
までできれば充分及第点 でしょう  この写真のように後姿を見せる振りが
多いのも特徴のひとつですかね  うん、宮城県チーム面白くなってきてます
KAGAYAKI(柴田町商工会女性部)も、毎回 審査には出てきますね
いや、ぶっちゃけ 審査対象外でいいんじゃない?(^^;とか思うけど まあ
何があるかわかんないのがみちよさだからねw 踊りこそ激しくはないけど
地元PR色だったり、大黒舞のパートとかけっこうツボを押さえた作品で
まぁ このぐらいのおばちゃんたちが踊るにはちょうどいい感じなのよね
雅華組、常陸国YOSAKOIの強豪チームがみちのく初出場 香澄さんの
印象が強いのもあって 曲はほぼ「旭川 北の大地」に聞こえるっす(^^)
振付や衣装の方も結構インスパイアされてる感じはしますが
後半で衣装替えや小道具は出てきますが、基本は踊りでガッツリ見せれる
タイプのチーム  オイラ的にかなり好きな部類なんですけど やや地味で
地域色が薄めなのとコレ っていうフックがないのがみちYOSAではやや
不利ですかね 踊りはすげーカッコいいと思う

というところで ⑥ブロック終了~

このあと 一応 このブロックの結果発表を聞いて
市民広場へ移動したのでありました(^^)

 

|

« 2013 みちのくYOSAKOI ⑨ | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ⑪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 みちのくYOSAKOI ⑩:

« 2013 みちのくYOSAKOI ⑨ | トップページ | 2013 みちのくYOSAKOI ⑪ »