« 刹那 | トップページ | ’13 YOSAKOIンーラソ⑫ »

2013年8月 2日 (金)

撮って出し

りんご娘が最近イベントで「潮騒のメモリー」歌ってるらしい
一回見に行ってみたい   ここにきて歌える子達がごっそり抜けたのは痛いな


さて、そういうわけで 先ほどねぶた祭りから帰宅しましたので

さらっと撮って出し

今回は久々に新町通りでの観覧

こっちのが国道より道が狭いんで迫力あるのよね

2013_080200302013_080200552013_08020049


初日を見るのは実に何年振りですかね~
製作に携わった人には 8月2日の小屋出しは感慨深いものが
あるそうですが・・・

見る側としては初日は大型ねぶたの出陣台数が少なく
その分子供ねぶたがたくさん出る日なんですよね

2013_08020035 2013_08020042
大型のねぶたは明日以降だんだん増えていって
6日がピークで全22台が出陣します



子供ねぶた、大型に比べると素人の手作りが多いので
不格好で迫力不足だったりもするんですけど
昔ながらの古き良きお祭りのスタイルがいいんですよね

地域の子供会とか婦人会とか  地元のお祭りって感じで
なんかいいなあ と思いながら見てました

2013_08020025 2013_08020028

大型ねぶたはスポンサーの関係もあって
ホントにもう広告塔みたいになってますね(^^;
昔から会社として運行している団体さんもありますけど

商品名やら企業名の前ねぶたミニネプタは
ちょっとうるさく感じちゃいました(^^;

まぁねぶた自体はプロのねぶた師さんが作ってるんで
迫力もあるし出来も素晴らしいんですけど

それに最近は跳人が減っちゃって、より企業広告が目立ってる印象

企業広告埋もれちゃうぐらい 跳人が戻って来てくれると嬉しいね

|

« 刹那 | トップページ | ’13 YOSAKOIンーラソ⑫ »

コメント

オコタエ シマス

ハネトを盛り上げる、盛り上げ係のいる団体は、集客力が格段に違うのです。ヽ(^o^)丿

投稿: リーダ | 2013年8月11日 (日) 06時33分

>リーダ@新風! さん、

大型ねぶたと子供ねぶたの関係
少しYOSAの世界にも通ずるかな
本祭あたりまで行くととくに

スポンサーがついてるような大きなチームの作品は
芸術性も高くて素晴らしいんだけど。意外とローカル
チームの方が本来のお祭りらしい楽しさとエネルギーを
感じさせてくれたり


今年は少しは跳人参加率も回復したようで(^^)
TVの関係もあったのかヤマト運輸の跳人の数は
かなりすごいことになってたな 

団体によって偏りあるのはなぜ?

投稿: マニエル | 2013年8月10日 (土) 23時15分

おはようございます。

青森ねぶたのご感想、とても共感しました。

やはり祭りの心は、各地域の子供ねぶたに受け継がれていると思います。

大型ねぶたは、制作技術は凄く精巧になってきてますが、それを囲む跳人は毎年減少傾向です。

青森のワカモノがまた年一回、発散できる祭りになるよう、切に願っています

投稿: リーダ@新風! | 2013年8月 3日 (土) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/57915261

この記事へのトラックバック一覧です: 撮って出し:

« 刹那 | トップページ | ’13 YOSAKOIンーラソ⑫ »