« 帰ってきたマニエル | トップページ | コメントいろいろ »

2012年10月10日 (水)

みちのくYOSAKOIコンテスト結果

復活ステージ(セミファイナル)
①ブロック  江刺華舞斗
②ブロック  多賀城遊舞会
③ブロック  桜家一門YOSAKORI隊
④ブロック  Posso ballare?MG
⑤ブロック  馬花道            復活制度により決勝Sへ昇格
⑥ブロック  勢や              復活制度により決勝Sへ昇格
⑦ブロック  彩湖舞姫会
⑧ブロック  あさか野yosakoi王舞神


決勝ステージ(ファイナル)
①ブロック   よさこいゆきうさぎ
 
②ブロック   みちのくYOSAKOI大漁連
③ブロック   井原水産&北星学園
④ブロック   福島学院大学YOSAKOIクラブ月下舞流
⑤ブロック   AOMORI花嵐桜組
⑥ブロック   郷人
⑦ブロック   遨~すさび~&光一天
⑧ブロック    夢道源人
復活ステージ   勢や
復活ステージ  馬花道
チャンピオン  REDA舞神楽



大賞 REDA舞神楽

郷賞 AOMORI花嵐桜組
彩賞 郷人
匠賞 井原水産&北星学園

ジュニア部門 1位 馬花道ジュニア


セミファイナルとかファイナルとか勝手に呼んでるけど
みちのくの場合は復活ステージと決勝ステージ なのよね

というわけで、そうしようと思っていたわけではないが
結局 勾当台公園に張り付きという流れになってしまった(^^;


・・まぁ数あるコンテスト式の中でももっとも予想難度の高い
みちのくYOSAKOI となったわけですがw
面白いメンツが揃ったなという印象
セミ&セミファイ、全体的には東北チームと助っ人外人(東北外の有力どころ)
の割合としてはちょうどいいのかなと 
個人的に、華舞斗と舞姫会のセミ進出は嬉しかったっすね(^^)


いや、予想が当たらないのは悔しい気もするんですけど
やっぱりどこか 裏切ってほしいという思いもあるので
それはそれで嬉しかったりもするんですよね

審査に関しては それぞれ思うところもあるようですけど
そういうのも含めてなんとなくみちYOSAのユルいところw

今年のガイドブック持ってる人は20~21ページ見てもらえばわかるように
すぐ使えるマイ採点表がついてるんで、「自分自身の目で審査してみてね」
と見る側にゆだねてる部分もあるので  やっぱ最終的には
自分の中の大賞は自分の心の中に でいいのかなと


ファイナル審査の審査基準というか方針というのは
大賞発表前の講評の中で聞くことが出来ました

ただ、上手いというだけではなくていかにお客さんと一緒になって、
お客さんを巻き込んで お祭りを盛り上げられるか・・・ なのだそうで(^^;
そんなピンポイントに限定しちゃって大丈夫かいな(^^;
どのチームも似たり寄ったりの「まつりだワッショイ系」ばっかりにならないことを
願いたいですが

 
ただ、、予選も同じ審査方針かと言われると、どうやらそうでも
なさそうだったりもするわけするわけで・・・  やっぱ よくわからん(笑)

んでもまぁ決勝ステージに関しては 舞神楽の作戦勝ちというか
見せ方の上手さというか その辺に分があったのかなと 

とりあえず観覧席から見て決勝ステージを2段ステージとして
使ってたのってREDAとぽっそぐらいだったように記憶してますけど
あれがかなり効果的だったように感じました

井原や遨が千歳トーナメントみたいに2段で使ってたらまた少し
結果も違ったのかも?とか思ってます
市民広場って横長だもんねー

しかも2段にするとお客さんとの距離もグッと縮まりますしね
そうなるとREDAのような「お客さんもご一緒に」なチームはお客
さん味方につけちゃいますからさらに有利ですし
あの会場の盛り上がりとかも点数に結びついたのでしょうね



とみうわけで、上記の入賞チーム以外でオイラが見た中で個人的に
良かったなと印象に残ったチームをずらずら~っと挙げておきます
来年以降、決勝、復活ステージに上がってきてもおかしくないぞと思ったチーム


北海道学生合同「北人」、福島学生“源種”、R-TASTe、Eden
東山道三蔵、常陸國大子連、飛勇凛、輝羅鈴衆、若柳よさこい桜
羽跳天、夏龍颯爽、海童いしゃり、関西京都今村組、夜宵、神威
寿、さんきっずぷらす、東京メトロシーブルー、東京農大百笑
・・・その他もろもろ(^^;

他に、入賞はともかく
面白いなと思ったチームもたくさんあってね(^^)
いろいろ楽しめましたとさ




|

« 帰ってきたマニエル | トップページ | コメントいろいろ »

コメント

よさこい練習中に 一方に 叱責されたりしたら よさこい指導する人にてめえの教えがうぜぇーんだよって やってられねーよ このじじい って言ってやったら ヤバイ

投稿: 匿名さん | 2013年3月 4日 (月) 22時30分

ジュニア部門の結果も見たいです。

投稿: | 2012年10月12日 (金) 15時26分

踊り子さんは一生懸命頑張ってるのに 審査方法がどうのこうのと言ってる悲しいよ(;_;)某チーム掲示板の踊り子の書き込みを読んで(涙)出ましたよ、踊り子一人一人が色々な思いで踊ってるのに…みちよさ最高、仙台最高 実行委員会、スタッフの皆さんありがとう、来年も宜しくお願いします。

投稿: YOSAKAI | 2012年10月11日 (木) 16時46分

やっぱり出来レースでしょ

投稿: まる | 2012年10月11日 (木) 14時11分

審査発表の時 よさこいJapanの2人が登場した時 審査結果になるほどな

舞神楽の千葉よさで 昨年 高知以外で唯一 池上氏+須賀連のセントラル復活演舞があったし  ゆきうさぎの小倉氏は 当時セントラルの振付してたし($・・)/~~~

投稿: ??? | 2012年10月11日 (木) 07時11分

4分30秒はどこの祭りでも同じようなものだと思うけど。いまさら気をつけるチームなんてあるの?
あ!今村組は気をつけなきゃダメなチームか!6分7分平気で使うからね、そりゃコンテスト入賞できないさ。

投稿: 仙台市民 | 2012年10月11日 (木) 06時21分

審査会場の受付時に注意事項として、「入退場含めて6分厳守でお願いします。これを過ぎた場合曲そのものを止めますので注意してください」と言われてゾッとしました。いやいや、要項には載ってないよ~とか思いましたが。
おそらく途中で曲を切られたチームはないものと思いますが、礼→演舞→礼で4分30秒という規則も要項に載ってましたので、うちはほとんどチーム紹介は運営側に任せてすぐ演舞せざるを得ませんでした。

「コンテスト実施要項」より
■審査条件/①踊り手数15 名以上の地域チームであること。
②演舞曲に地元(チーム活動拠点)の民謡の一節を盛り込んでいること。
③演舞に鳴子を鳴らして踊る振付が入っていること。
④礼に始まり、礼に終わること。
⑤演舞時間(礼に始まり、礼に終わるまで)は、4分30 秒以内に収めること。
⇒以上の審査条件を守っていないチームは、「失格」とします。

だそうです。
前回は礼なしのため減点ってのは聞いたことありましたが今回は「失格」だったので、実は気をつけたチームも多かったのでは?

投稿: コンテスト参加チームの独り言 | 2012年10月11日 (木) 01時26分

私も今村組の凄い横暴振りを偶然にも見てしまいました、勾当台公園会場に車椅子で来られて 先導役の上半身裸の踊り子の男性が観客をおらおらとどかして会場警備のガードマンの制止を振り切りいきなり前に出て演舞の指導をしてました、市民会館前でタバコを吸って注意されたのも偶然にも見てます。テレビ番組で言ってる事とやってる事が全然違うと改めて感じました、こんな先生?に子供は絶対に預けたく無いです。

投稿: 仙台市民 | 2012年10月10日 (水) 21時48分

今村先生、7日、テレビ中継がある前、市役所前で花嵐桜組が本番前の練習してた時、たばこ吸って、スタッフの方に怒られてたし、車いすもなかったよ・・・
あの人何者だ??

投稿: | 2012年10月10日 (水) 20時43分

困ったねえ。予選落ちした今村組関係者が審査結果について「出来レース」だのなんだの言っているので、いまさらですけどみちよさの開催理念と審査基準について、貼り付けておきますね(両方ともHPやパンフレットに記載されていることです)。

=======================================
みちよさの開催理念

(1)民謡で東北おこし
ふるさとの民謡を盛り込んで踊るYOSAKOI。
曲づくりを通して「ふるさとの民謡の心」に触れ、ふるさとの誇り・魅力・個性を再発見します。

(2)市民の創造力と独自性で東北おこし
市民の創造力・表現力こそ地域資源。
民謡にこだわる伝統性・地域性と、衣装・振付は自由という現代性・流行性から生れる独自性で、
ふるさとを元気づけます。

(3)仙台でふるさとPR
チーム紹介で欠かせないのが所在地。
チーム・踊り手そのものが「ふるさとPR大使」だからです。
この百万都市・仙台で「ふるさと自慢」をします。

------------------------------------

◆演出点:テーマ(20 点)<地域らしさを主題(モチーフ)にしているか>

【テーマの要素例】
*方言*特産物(食材・工芸品等)*歴史上の人物*観光地
*建造物*自然*民謡(歌・掛け声等)*音頭(伝統舞踊)…

◆技術点:①演舞曲(10 点)<地元の民謡を効果的に使用しているか>
②衣 装(10 点)<地域らしさが表現されているか>
③振 付(10 点)<統一性がとれ、全身で楽しんで踊っているか>
========================================

 札幌の場合、ソーラン節を入れることがルールになってますが、地域性を重視するみちよさの場合、「地元」の民謡を入れることがルールになってます。点数の配分をみましても、地域性に関するものが8割の40点、踊りに関するものはたったの2割で10点となっており、極めて地域性を重視していることが読み取れます。札幌の感覚でみちよさをみてしまうと、審査結果に違和感を感じることになるでしょうね。

 今村組の場合、「テーマ(20 点):京都・関西らしさを主題(モチーフ)にしているか」といえば、今年の作品の舞台となっているのは南三陸なので、だめですね。「演舞曲(10 点)京都または関西地方の民謡を効果的に使用しているか」といえば、これもだめだし、あの衣装が京都や関西らしさを表現しているようにはみえません。日本語が読める審査員なら、いくら今村組をファイナルに送りたくとも「振付点」しかまともに点数つけられないでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=X1TdFlkYrFc

上の動画の後半で今村先生が「審査員のアホども」とか言ってますが、アホはあなたでしょう(微笑)
まあ、上の発言は今村先生なりの子供達への慰めの言葉でしょうから、聞き流しても良いですが、
下の今村組関係者のブログの記述は看過できません。

http://blog.livedoor.jp/nabegon/archives/51969350.html

>③は今年のYOSAKOIソーランにおいて協力体制にある安濃津よさこいの花翔舞をファイナルに残したように
>どまつりもソーランと協力体制にある祭であり今回3チームエントリーしたブロックであれば最初から1
>チ-ムは残すという出来レースだったように推測される。
>演舞の出来からだと信州大学の方が明らかに上であるが名古屋のどまつりを代表してファイナルにあげるのに
>信州大学はふさわしくない。 結果  夢道源人が残り 2位は地元チーム枠なのであさか野になったという訳

邪推も甚だしいですね。開催理念や審査基準にそぐわない作品で参加し予選落ちしておいて、他のチームを誹謗 するのは格好悪すぎるでしょう。ちなみにあさか野は福島県郡山市を拠点とするチームです。一億歩譲って仮に 地元チーム枠があるとしたら、その枠に入るのは宮城勢の「OH囃子来’S 」「海童いしゃり」「和敬」のどこ かでしょうよ。

もし、来年も今村組がみちよさにエントリーするのなら、頼むから地元の民謡をロック調でもラップ調でも好きに
アレンジしてよいので、入れてほしいですね。もし、来年も南東北を舞台とした作品でエントリーするのなら、「陸仙海 with 関西京都今村組」名義でエントリーしてみたらいいんじゃない?(この場合は宮城の民謡を入れる)
みちよさはルール結構ゆるゆるなんでこれでいけるんじゃないかな?

投稿: ゴン | 2012年10月10日 (水) 19時17分

まぁ確かに出来レースですかね(笑)

舞神楽、花嵐、郷人
はみちよさじゃかなりウケいいですからね。
まぁ、そんだけ、他のチームに勝る作品作っているってことですが。

あのファイナルのメンツを見たら、上3つと井原が賞ってのは確定したようなもんでしたね(笑)

みちよさは、早替りすりゃいいとこいけるって話がされてんのはよく聞きます。

確かに、花嵐と馬花道が同じブロックで、馬花道が復活ってのもでき過ぎてる気がします(笑)
他んとこの予選ブロックの結果でもここが落ちてここがあがるんだ(笑)みたいな正直謎に思える部分も多々あったので、結局いつもと同じとこが賞取るのかって感じでした。
マニエルさんが来年以降、食い込んで来そうなチームにあげているところだったりの数チームもファイナルやセミに行ってたらまた分からなかったのかなぁっても思うのですが…
その中のひとつである今村組にしたら関西から出て来て、ファイナルも意気込んでいたようなので、この結果にもかなり納得いってないでしょうね(笑)

けどそんな中で花嵐が殿堂入り制度から戻ってまた大賞かと思いきや、舞神楽がそれを阻止して2連覇ってのはみちよさに新しい風を吹かせたとのかなと思います。
ソーランでもファイナルだったし今年はかなり勢いづいているんじゃないでしょうか。
個人的にはそこまで好きではないですが(笑)

投稿: | 2012年10月10日 (水) 11時29分

みちよさは出来レースですね

投稿: | 2012年10月10日 (水) 06時32分

みちのくYOSAkOIお疲れ様でした、REDA舞神楽さん大賞おめでとうございます。決勝演舞直後メンバーの方々が大賞取れなくても大丈夫 悔いのない演舞が出来たと肩を抱き合い半分位のメンバーの方々が泣いてました、その光景を見て よさこいて凄いと改めて大ファンに成りました。

投稿: 仙台のよさファン | 2012年10月10日 (水) 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/55856092

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくYOSAKOIコンテスト結果:

« 帰ってきたマニエル | トップページ | コメントいろいろ »