« やっほぉ | トップページ | 大祭典 »

2012年9月14日 (金)

2012 YOSAKOIソーラン 検証編①

とわだyosakoi夢まつり の詳細公式HPにて発表になりました
タイムスケジュールとか会場図も出てます
要チェキ! http://www.towada.or.jp/yosakoi/



さてさて・・・夏の暑さがぶり返しました
どうなってるんだかね? この天気

昼間30℃以上ある部屋にはさすがにいられなくて
ネットカフェに避難  その後ぱちんこAKBとか(^^;


明日は、青森で10市大祭典をちょこっとみてから
水沢に向けて出発しようかと思ってます
http://aomori10shi.jp/

東北六魂祭りみたいなのを青森県1県だけでやっちゃおうって企画ですな(^^;
うん、規模デカイ祭りいっぱいあるから 青森だけでも十分できるわな


そして、オイラはこの、バカになったお天気のごとく
このタイミングで検証編をやってみたりする

あ、実際にはこの夏に少しずつやってたんですけど
(しょうもないネタの裏でセコセコと)
暑さに負けてなかなか進まなくてね~
ようやく公開できるに至ったというわけです

ただ、いつもより とってもあっさりなので期待しないでね
お待たせした分 2ブッロクまとめていっちゃいます

・・っというわけで事務的にさらっと行きましょうね さらっと(^^;
一応、前置きしておきますが 多少過激な表現が含まれるかも
しれませんが、それも「愛」なのであまりムキにならんように・・・と



【①ブロック 予想】

(マニエル予想)
1位 コカコーラ
2位 粋~IKI~
3位 関西京都今村組


B予想)
1位 粋~IKI~
2位 夢限舞童「伝想連」
3位 飛勇凛

(Mr.chldren予想)
1位 関西京都今村組
2位 粋~IKI~
3位 コカコーラ札幌国際大学


【①ブロック結果】
1位 コカ・コーラ札幌国際大学
2位 粋~IKI~北海学園大学
3位 関西京都今村組

2012_0609201240077 2012_0609201240019 2012_0609201240051

常連さん達の予想はまぁ様々でしたけど まぁなんとなく
落ち着くところに落ち着いたと言えばそれまでか(^^;;
ウォッチャーさんたちの評価を聞くかぎりは粋~IKI~の方が上だったんじゃね?
なんて声も少なくなかったりしますけども
ウム、本祭期間中それぞれのチームが通算何回踊ってるのかはよくわからんが
いい時もあれば悪い時もあるだろ まず先に頭に置いておかなきゃならんのは
審査はパレード形式での出来を採点するということだな、しかも前半と後半に
分かれてだ

うん、たしかにその点はね、今回すげー勉強になりました(^^;
ガハハハ どうせオマエらあれだろ、ステージとか静止パレードの
ゴール付近とかそんなとこでばっかり見て評価してるんだろ

う~ん、そうなのよね どうしても演舞全体を最初から最後まで見たい
からそういうポジションで見ることが多いんだけども  審査がパレードの
中途半端な位置からってのは正直そんなに気にしてなかった(^^;
その辺がソーランの審査とオマエらの評価とのズレになるんだろうな
だが、気にする必要は無い どの会場で見るかどの位置から見るかなんて
客の自由だからな  もちろんそれぞれ感性も好みも違うわけだし
審査結果にグダグダ文句つけたって意味ないんだよ

まーそりゃそうですけどね  じゃ 赤鬼さん的にはこの結果には文句なし?
イヤ、文句ないわけではない  ガハハハ だがコレはこれで納得はしてるぞ
コカ・カーラはたしかにパレードは上手いなと感じた ステージの出来に関しては
物足りないと思うがな  ガハハハハ   パレードはどの位置から見てもコカコー
ラらしい華やかな作品に見えていた 構成が複雑過ぎなかったというのが功を
奏したと言っていいかもしれんな

すっきりしてて見やすいというのはあったかもしれませんね 扇子の捌き方
なんかもすごく揃っていて綺麗だったと思いますし
しかし 最近みるみるワミレスみたいになってねえか?
あーそれね、最近よくウォッチャーの間でも話題になりますわ(^^;
でも洗練されててわかりやすくていい作品ですよね 
ただ、ここ数年ほとんど同じようなネタだからな、もう少し変化が欲しいな
同じようなネタと言えばこのブロック2位の粋~IKI~ですけど ここ数年
のシリーズものといっていいお祭り感を前面に押し出した作品。
学生チームでコレはもうやり過ぎだろう  ガハハハハ
目指してるところは平岸天神なんだろうなぁ と感じながら見てました
衣装の感じだったりとか 全体的な色味とかもまとまってたし
ウム、ステージ形式での審査だったならばファイナルも天神か粋~IKI~か
ぐらいの戦いが見れたような気がするな とにかく粋~IKI~はステージ式に
特化したハイパーエンタテイメント作品 構成もすばらしく非の打ちどころが
ないといってもいい見事な作品だったと思うが、パレードで見るとどうも
焦点がブレてしまってもったいないと感じた さまざまな場面、見せ場が

盛りだくさんなのだが パレードを桟敷席から見る側としては
その部分部分しか見れないからどうにもとっちらかった印象になってしまった
ステージでのパフォーマンスに比べて評価が下がってしまうな

ほんと、ステージとパレードって別モノですもんねぇ  奥が深いなと思いました。
このブロック3位は関西京都今村組、ステージ、パレードともそんなに差は
なかったと思いますが・・・
パレード後半で後ろ向いて踊ってたのはびっくりした ガハハハ
例のNHK Eテレのドキュメントでも言ってましたが今回は「勝負」よりも
もっと大事な思いでの札幌参戦だったようですね  オイラは東北人として
単純に被災地の子達を札幌に連れて行ってくれたこと嬉しく思います
ウム、ソーランに参加するスタンスはそれぞれだが 弱者を助ける
ガキ大将的なスタンス 今村組らしくて好きだな 劇場版でのジャイアン
みたいな頼もしさがあるな ガハハハ   あの行動力には感心する

オイラ個人としては作品は去年のが好きだったりしますが やっぱり
今年はそれ以上にいろんなものも背負っていたとこもありますし
結果としては充分よくやったといっていいのかなと捉えてます
ウム、正規の今村組メンバーと陸山海メンバーのスキル的な差は
大きかったからな、ビジュアル的にもまるで別チームのようだったし
全体で見た時のアンバランス感は否めなかった  短期間で仕上げるのだから
無理もないがな 包み隠さずにありのままの状態をさらけ出していたのは
逆に気持ちいいけどな 精一杯やれるところまでやったというとこだろう
気合とか魂といったメンタル的なところでは三陸組も良く頑張ってたと

思うぞ 泣きながら踊ってる子たちもいたしな 勝った負けたではなく
札幌で踊ることで何を感じたか、伝えられたかの方が重要だろうな
オレ様は3位入賞は充分誇れる結果だと思うぞ

陸山海の今後が気になるところですね
みちのくや水沢など近隣のYOSAKOIイベントで見れるといいな

【②ブロック予想】

(マニエル予想)
1位 甲斐◇風林火山
2位 石狩流星海
3位 鬼楽遊美

(B予想)
1位 RHK e・ga・o
2位 甲斐◇風林火山
3位 鬼楽遊美

(Mr.chldren予想)
1位 甲斐◇風林火山
2位 石狩流星海
3位 東京のりのり団


【②ブロック結果】

1位 「甲斐◇風林火山」
2位 RHK e・ga・o
3位  石狩流星海

2012_061020120619 2012_060620120140 2012_0608201230018


さて、引き続き次のブロックを見ていこうかと思うんですけども・・・
どこがきても面白いなと思ってた割にはなんとなく想定内のメンツ
ろいうかなんというか(^^; もっと他にも色気出してくるチームあって
もいいのかなと思ったんですけどね
色気ならあっただろ、風林火山のフトモモにやられたオヤジは多いらしいぞ
いやいや、そういう意味での色気ではなくてですね(^^;;
あれぐらいの露出は祭りならではだろ  ガハハハ
あんまりやらしくない健康的なセクシーですけどね
オープニングの厳かな雰囲気から一転してお祭りらしく
元気でにぎやかな踊りへの移行や小道具や衣装等の変化
など、飽きさせないようなアイデア満載だな 俗にいうところの
ココ数年の審査で受ける系統の作品だったと言っていいだろうな

チーム名のイメージとは逆に女性のみだったというのもインパクト
あったかもしれませんね 全体的にコテコテのYOSAKOIっぽくはないですが
うまい具合に女性の華やかさとYOSAKOIの力強さがハマッてた気がします(^^)
ファイナルの中では苦戦したようだが、こうして道外チームにスポットが
あたったのはいいことだな  最近はチーム集めも苦労してるようだし
道外チームが少しその気になればいいじゃねえか ガハハハ


セミファイナルに残ったのはRHKegao、これはBさんが予想で推していた
とおり上位に残りましたね 実際のところよくできた作品だったと思いますし
まぁ当たり障りがないといえばそれまでだったりもするんですけども(^^;
ウム、何年か前にお前も強いチームをよく研究してると書いていたな
若手中心にメンバーを揃えて、それなりにクオリティの高い楽曲等々
上位に残れるであろう必勝パターン まぁその条件揃えるのがなかなか
難しくて苦労しているチームは多いんだがな ガハハハハ

そうなんだよね~ 組織力あるって強いなと改めて感じました
撮影スタッフの機材なんかもテレビ局並みでしたしね
RHKって書いてるからどこかの放送局と勘違いしてた客もいたな
ガハハハハ ただ、お前が言うように当たり障りがなく どうにも印象に
残りにくい。 演舞自体は悪くないんだがな 

たしかにオリジナリティはほしいところですけど冒険するのも勇気が
要りますからね(^^; 守りに入る気もわからなくはないのよね
ウム、守りに入るのは結構 ただ、このままではこの先に進むのは
難しいだろうなということだ  終わった後にどんな作品だったか
思い出すのに苦労するようではまだまだだな

言い切りますね(^^; 知りませんよ

じゃ、次 流星海はこのブロックでは強さを見せてくれましたね
そうはいってもぎりぎり3位だけどな ガハハハ
こういうブロックの中ではやはり高い壁でいてもらわないとな

しかし一時期に比べてパワーダウンしてしまったのはどうしても感じてしまうな
うーん まぁどこのチームも人数維持するのは大変そうですけどね
イクラちゃんいなかったのはちょっと寂しかったですね
流星海らしいコッテコテの直球YOSAKOIソーランは見てて気持ちいすね
ウム、ソーラン節のパートなんかは力も入っていたしな 古き良きいぶし銀スタイル
これからも継続してほしいと思うぞ 古くさくても好きなヤツにはたまらんからな

保育園や幼稚園のチームをはじめ、今でも道外とかではお手本にしているチーム
もあったりしますからねぇ(^^) 
ファミリーチームの入門書みたいなところもあるからな
ブロック運には恵まれたようだが、内容的には少し物足りなかった気がする
後半でもう少し盛り上げてほしかったな 


赤鬼さん相変わらず細かいっすね(笑)オイラは余計な小細工なしですごく
すっきりして見やすかったですけどねぇ
でもまぁ やっぱ人数減ったりとかあるといろいろ大変なんだと思いますよ(^^;

んじゃ、今日のところはこの辺で終わっておきますか


続きは・・・水沢から帰ってきてから ということになるかな?
忙しくなりそう(^^; 

|

« やっほぉ | トップページ | 大祭典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 YOSAKOIソーラン 検証編①:

« やっほぉ | トップページ | 大祭典 »