« ジュージュー | トップページ | よさ夢直前インフォメーション »

2012年9月26日 (水)

2012 YOSAKOIソーラン 検証編⑤

もうすっかり秋ですねー

窓開けたら天然エアコンどころか冷蔵庫w
寒し!
昼間はまだあっついけどねー
とりあえず本日の勤務は超ハードでしたわ
ホントはブログ書かないでおやすみの国へ行っちゃいたい気分


とはいえ、これで検証編最後なんでがんばります

さー週末はいよいよ とわだyosakoi夢まつり!

【⑨ブロック予想】
(マニエル予想)
1位 北海道大学“縁”
2位 心~sin~釧路学生魂
3位 岐阜聖徳学園 柳

(B予想)
1位 北海道大学“縁”
2位 旭川華酔組
3位 札幌学院大学・文京台

(Mr.chldren予想)
1位 北海道大学“縁”
2位 よさこい炎舞連『神陽~sin~』
3位 朝霞なるこ遊和会

【⑨ブロック結果】
1位 北海道大学“縁”

 2位  oh!愛で隊 
 3位 心~sin~釧路学生魂

2012_061020120937 2012_061020120308 2012_061020120460
構成をガラッといじった縁がファイナル進出
ウム、基本的なスタイルは継続しつつ新たな試みを取り入れていたな
守るべきスタイルは守って欲しいが、いつもワンパターンではつまらない
からな ちょっとした冒険だったと思うが結果的には評価されてよかったじゃねぇか

そうですね~衣装裏返したりストームが中盤だったりとこれまでとはちょっと
違う仕掛け、ワクワクしながら新鮮な気持ちで見てました
ストームを中盤にしたことで一度流れが止まってしまうわけだが、後半の盛り
上げで一気に取り返すな 赤ふん後のパフォーマンス時間がたっぷりだったの
も見応えがあって良かったと思うぞ 賛否はあったと思うが時にはこういう
テコ入れは必要だと思う 

去年も赤ふんになってからカッコ良かったんですが、その部分は
今年もさらにパワーアップさせた感じですかね (^^)
たしかに、前半後半で完全に別れちゃう2部構成ですけどうまくまとまって
たと思います 学生ならではの勢いと迫力もありましたし、見せる部分でも
きっちり見せてくれましたし やっぱり縁って作り方が上手いわぁ と改めて
感じました
ウム、ふんどしがオチになっていた頃に比べて格段に良くなっているな
あとはもしもの時のためのお手入れだな ガハハハハ


そしてそして・・まさかの?ダークホース ブロック2位が昨年デビューした
ばかりのoh!愛で隊 でした これにはビックリ 他の方の予想にも名前上って
ませんでしたしね  演舞見て あぁこれはいくかも!とは思いましたが(^^)
何が凄いって、去年から今年にかけての大幅増員だよな  どういうトリック
使えばあんなにいきなり増えるんだ? 人数集めに苦労してる他のチーム
が気の毒に思えるよな ガハハハ

昨今のYOSAにはちょっと珍しく、可愛らしくて女の子支持が高そうな
チームですね  こういうカラーも今後のYOSAKOIを考えると必要なのか
なーという気もしますね お祭りにはやっぱり子供いなきゃですし
聞くところによると、極楽とんぼの流れも多少汲んでいるようだ 
一時期の果実籠を思わせるような、子供ミュージカルみたいに感じる
部分もあるが わずか2年でスタイルを定着させてたのはたいしたものだ 
ただ、歳くったオッサンが見るには少しむずがゆいがな ガハハハハ

そうね、ぜんっぜんアンタのキャラにないですしね  ! 
んでもYOSAKOIでのこういうミュージカル調のエンタメ作品ってなんと
な~くパターンも決まっちゃってるところもあるんでそういう型にハマらな
いように遊んでほしいなと思いました   
まぁもちろん今のまんまで十分お客さんを楽しませてますけどね
もしかしたらこういう作風が天下を取る時代が来るかもしれないからな
YOSAKOIは何が起きるかわからん このキャラクタは大事にしてほしいな


さて、縁以外は予想が難しかったこのブロック、
3位に入った 心~sin~釧路学生魂の名前を予想に挙げていた
ってのはオイラ的にはすごく得意気だったりします
ウム、最近は札幌外の学生も勢いがあって面白いな 釧路学生は
オレ様も少し気になっていた 今年は衣装や持ち道具など装飾性がUP
で全体的にキレイな作品に仕上がっていたようだな

去年のが結構勇ましさを前面に押し出したような作品だったことを
考えるといろいろスタイル模索中なのかな?
歴史が浅いチームにはよくありがちだが、それにしてはなかなかに
完成度の高い作品を作っていて感心するな

器用なんでしょうね あと研究熱心なのかなと
もちろんある程度はプロの力も借りているだろうが、こういう器用なチーム
はテーマによって作風変えても面白そうだな

藤・北 なんかはオイラの中では器用な印象がありますねー あんな感じで
テーマによって雰囲気変えるのありかもですね
しかしそれにしても初出場から数年でブロック3位は十分良い成績ですよね
ウム、何が決め手になったかはよくわからんが 色の使い方は秀逸だったな
特に前半同系色の衣装でのフォーメーションなんかはグラデーションも見事
だった 後半ワチャワチャしてた割りに最後の最後がイマイチ盛り上がりきら
なかったのは残念だが、今後も期待して 良さそうなチームだな 

 

【⑩ブロック結果】

(マニエル予想)
1位 旭川 北の大地
2位 井原水産&北星学園
3位 VOGUE038

(B予想)
1位 旭川 北の大地
2位 VOGUE038
3位 井原水産&北星学園

(Mr.chldren予想)
1位 旭川 北の大地
2位 VOGUE038
3位 井原水産&北星学園



【⑩ブロック結果】
1位 井原水産&北星学園

2位 室蘭百花繚蘭
3位 VOGUE038

2012_061020120949 2012_061020120876 2012_061020121006
さて、赤鬼さん、いよいよラストですよぉ 10ブロックです
強豪ひしめくブロックということで、すんげーハイレベルな戦いだったわけですけど
奇しくも各人が予想で挙げた3チームが一致  しかーし  その中でもダントツ人気
だった旭川北の大地がまさかの4位以下という結果に・・・(^^;
いや、ホントこのブロックの4位5位あたりはほかのブロックなら十分ファイナル級
だったと言ってもいいかもしれませんね
ガハハハ 確かにそうだな、 しかしまぁ こういうブロックもなければなかなか新しい
チームにスポットが当たらんわけだしな 実力は十分評価した上で他チームのチャンス
拡大のために今回は一回休んでもらったと言うところだろうな

まずはこのブロック・・勝ち上がったのは井原水産&北星学園でした
おいら的にはもうツボにドハマりの作品でして・・ 公式DVDでも何度も見たという
ぐらい好きなお気に入りになりました みちのくで見れるのまた楽しみなんですけどね
基本的なコンセプトはそのままに、今回はYOSA界では有名な某氏がプロデュース
にかかわったと言うことで、よりエンタテイメント性はあがったようだな

ソーラン節の起源であるニシン漁と浜の様子をテーマにして数年 これまで学生
がやるには若干ジジくさく感じられた時もあったが、演歌色は強まったものの
全体的に実に若者向けの華やかな作品に化けたな

楽曲の勝利ってやつですかね~ ホントこの曲好きだわ(^^)
ウム、見ていて飽きが来ないというのは一番大事だからな そういう点では
会心の作品といえるだろうな こういうのはパレードではやや見づらくなるという
弱点がありそうだが踊り子の表情が良かったし うまくカバー出来ていたようだな


そして、同じく構成メンバーは学生さんが中心で 井原水産と同じぐらい評価が
高かったのが室蘭百花繚蘭ですね、去年の勢いそのままに今年も上位に食らい
つきました さすがにこれは予想できなかったわ(^^;
ウム、昨年のファイナル初出場を受けて今年は相当なプレッシャーもあったと
思うが、前作を踏襲した作品で今年も2位入賞 去年のはまぐれではなかった
と言うことを実証したな  特にこのブロックでこの結果はたいしたもんだ

あまり同じようなのが続くと守りに入っているように感じられるがまだ大丈夫だな
3回続くとマニアの奴にはバレはじめるけどな ガハハハハ

演舞スタイルも地域によってなんとなく特有のものがあるなと感じますがこの
チームも独自のスタイルできてるみたいですね 今回はとくに太鼓を抱えて
の男性陣の演舞が目を引きました  後半もっとちっちゃい太鼓も出てきて
手鼓舞なんかを思い出したりしてましたが 地域が近いからかな
ステージで見る分には大雑把にしかわからんがパレードコースなど近くで
見ると振りやポーズもなかなか芸が細かかったぞ  もしかしたらパレードで
点数が良かったのはそういうところもあるかもしれない  隊列の前後移動が
わちゃくちゃしてたのが少し気になったがな   同ブロックの北の大地と衣装が
被ったのは驚きだが 演舞順を考えると恐ろしいほど効果的だったな
後半有利だと言われているがが前半で同じネタやられるとたまったもんじゃないな
ガハハハ  向上心というかギラギラした野心のようなものが感じられる
良いチームだと思う 札幌以外の地方チームにはどんどん出てきてほしいな


VOGUE038は、携帯投票でセミにあがってかなりの高得点を出してましたが
このところどうも調子よくないみたいですねぇ(^^;
曲こそ雰囲気は違ったりしているが、やってることはほとんど変わらずだからな
守りに入ってると思われてもしょうがないかもしれんな  もちろんVOGUEとして
のカラーも大事だが、やはり毎回似たり寄ったりだと客の目も厳しくなる

んーたしかにそうかもしれませんけど、おいらの中ではけっこう出来不出来
あるような気がするんで守りに入ってるとも思わないですけどね
それでも 一時期大賞に手が届くところにいたチームだからな どうしても
見る側としてもハードル上げている部分はあるよな
あと、やっぱり流行り廃りのある業界だからな、これまでVOGUEがやってきた
スタイルとここ数年本祭で受ける傾向の作品と若干のズレがあるんじゃねえか

むしろ、それが一番大きいような気もします  このところの好まれている作品
とは対極かも(^^; おしゃれで優雅で・・
ウム、しかしそうはいっても、実際にステージで演舞披露すると他の
セミファイナル出場したブロック2位チームよりも高い得点をとってたり
するからな 決して客が飽きたとか時代にそぐわないとかいうだけではなさ
そうだ、やはりこのチームの場合は最大の敵はパレードに潜む魔物の
ような気がするな ガハハハハ

去年あたりからは装飾もグッと抑えて踊りそのもので見せる方向でやってる
みたいですけど そのぶんシビアになってるのかもしれませんね~

さてさて、そういうわけで・・・事務的にですが一応 ここまで
今年上位入賞と言われるチームを予想とともに振り返りましたが
赤鬼さん的にどんな印象でしょうか
どんな印象もなにも本祭から時間置きすぎだろ バカモノ もう秋だぞ
いやぁハハハ(^^; どうもすみません 今年はまぁいろいろありまして
まぁいい うむ、 オレ様としてはファイナルに新しい面子が出てきたのは
面白い傾向だと思うな もちろん2位3位にしてもな 今でも圧倒的有利と
言われるチームはあるが、こうしてさまざまなチーム上位に残るように
なってきたのはそれぞれのチームがレベル上げてきたことと見る側の
嗜好も多様化してきたということだろうな

それとやっぱり学生の勢いだな 昨年に引き続きやはり学生の活躍が
目だっていた気がした ファイナルやセミに残っていなくてもやはり いい演舞
をしているなと思えるチームはたくさんあった

今ここにきて学生さんが強いのはなんででしょうね?
やはり期間に限りがあるという事だろうな、YOSAKOIをはじめて 楽しいと思って
いるうちに卒業していくだろ   そのモチベーションだろう

一般チームは卒業というシステムがないからな 5年6年もやってれば
飽きもするだろうし妥協もする 作品のネタだって尽きてくる

たしかに・・・新しいチーム 発足当初はスゲーやる気あるんだけど
数年するとあらららら? みたいなのもよく見ますね(^^;
学生は代が入れ替わると同時に気持ちも入れ替わる 常に
新鮮に、アツい気持ちでYOSAKOIに向き合えるメンバーが揃うシステム
がうまい具合に出来上がってるんだよな

そうなんですよね 昔は代が替わるごとに ふりだしに戻るから学生チームは
進歩がないと思ってたけど、最近はノウハウがちゃんと後輩に受け継がれて
いるんですよね こうなるとホント敵なし って感じ
だからこそ 今 他の一般社会人チームも積極的に新陳代謝していくこと
が必要だと思う メンバー入れ替えだけではなく、初心に戻って 始めた頃
の楽しさを思い出す事が大事だな どのチームももっと野心もってチーム
立ち上げたはずだろ  来年はもっとアツい戦いが見れることを期待する
あ、なんとかまとまった感じ(^^;
赤鬼さんそろそろ用済みなんで帰っていいよ(笑)
貴様!、なんつー奴だ オレ様よりも鬼だな!
あははは 感謝してますって
もちろん、今年の本祭参加したすべてのチームさんにもね
ウム、そうだな 好き勝手言ってられるのも演舞するチームがあるからこそだ

と、いうわけで、今年の本祭に関しての記事は終~了
あとは それこそ今週末にあるらしいフォーラムで
来年のソーランについてどういう話が出るのか気になるところ(ムフ)

やっとこさオイラの本祭終了
さて、YOSAビデオゆっくり見直すかな


|

« ジュージュー | トップページ | よさ夢直前インフォメーション »

コメント

>現役踊り子さん、

フォローのお言葉 ありがとうございます

でも、実際のところウチでの予想や批評が
関係者の方々をヤキモキさせちゃっているらしい
というのは少々感じております

ホントに素人の戯れ事 程度に聞き流して
いただけたらありがたいのですが・・

まだまだ修行中 これからもいろんな
チームをいっぱい見て勉強しようと思います(^^)

では これからもよろしくお願いします

投稿: マニエル | 2012年9月30日 (日) 21時07分

>yosamenさん、

そういうご指摘もあるだろうというのは覚悟の上で
書いている主観的感想ブログでございます
気を悪くされたのでしたら申し訳ないm(__)m
これでもウォッチャーの中では好き嫌いがないことで有名なDDなんですけどね(^^;;
どのチームも大好きですし、リスペクトもしてますが褒めちぎるばっかりじゃ面白くないかな?という
スタンスであえて辛口なことも書かせてもらってます

見た人がどう受け取るかはyoSa作品同様人それぞれ(^^;

オイラはこれからもこのスタイルでYOSAKOI愛を表現したいと思いますm(__)m

投稿: マニエル | 2012年9月30日 (日) 20時54分

>某学生チーム元スタッフさん、

そうなんですよね
10年前とは比べものにならないぐらいに
チーム作り、運営方法上手になってると感じます
YOSAKOIって大人の人たちともかかわる機会も
多いですし 社会勉強にもなってるでしょうね


投稿: マニエル | 2012年9月30日 (日) 20時42分

個人的感想なのでいいじゃないですか。
事実、楽しみにしている人も沢山いますし…
マニエルさんはかなり詳しく色々なチーム見ていると思います。
感想やコメントも色々な角度から書いていると思いますけど…

どんなジャンルにも予想はあるし、それは普通ですよ!
スポーツだってそうだし。
大会やコンテストでいい予想にあげてもらえるように私は頑張っています。

YOSAKOIコンテストに出るってことは
見てもらう訳で、色々なコメントがあがるのは当然!


気になる人は聞き流すしかないです。
まとまりのない、コメントになっちゃいましたが、現役踊り子の個人的感想です。

投稿: 現役踊り子 | 2012年9月29日 (土) 12時35分

マニエルさんの好みが、はっきり出た感想ですね。
事前に入賞予想した人間か゛、審査員をして、自分の主観で感想まで述べてしまう。まさに愚の骨頂ですね。本祭に向けて、血の滲むような努力をしてきたチーム、人間にとって、あなたの予想、コメントは、あまり気持ちのいいものではありません。もう、予想や批評はいいです。あんた札幌のチームの間では嫌われてるよー。

投稿: yosamen | 2012年9月29日 (土) 00時40分

こんにちは、某学生チームの元スタッフです。

おっしゃる通り、最近はどの学生チームも学んできていて過去の成功・失敗をどう活かすかをよく考え、下の代へ引き継ぐシステムも確立してきたと思います。

私もOBとして長いこと学生チーム達を見ていますが、チーム運営など色々な面でもとても成長したように感じます。

投稿: 某学生チーム元スタッフ | 2012年9月27日 (木) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 YOSAKOIソーラン 検証編⑤:

« ジュージュー | トップページ | よさ夢直前インフォメーション »