« 気温差 | トップページ | 2012 YOSAKOIソーラン⑦ »

2012年6月21日 (木)

2012 YOSAKOIソーラン⑥

ひじょーに肌寒い一日でした

15℃ないぐらいだって(^^:
季節、わかんなくなりますね


というわけで、東京遠征の方もとりあえず終了
今週末は よさつがもありますんで
またまたYOSAKOIモードに戻ろうかと思います

本祭レポの第6弾
上位チームは後回しにしてますがそれでも
ずいぶん長くなってますねー(^^;

6/8本祭3日目
四番街やすすきのでも演舞が始まり、西8ではソーランナイト
県外チームも多数登場 いよいよ祭りも盛り上がってくる日です



6/8 FUNKYススキノ会場

やっぱファンキー会場に出てくるチームってレベル高いね
各ブロック上位に入ったチームたくさんです(^^;

2012_061020120334 
去年まで大型モニターカーありましたが
今年からなくなっちゃったみたいです
CMとかは音声のみです


2012_061020120339 2012_061020120354 2012_0608201230022


バサラ瑞浪
今年も来ました 名物おかみさんチーム  といっても男性の方もいますが
YOSAには珍しい盆踊り系ですが すっかり根付きましたね
振りはちょっとずつ変わってるのかな 最初に見たときとはずいぶん
違ってる気がします 

グループサンセイ
ブラジルですよ 地球の反対側から参加ですよ 人数は限られてますが 
このチームがなかなか良かった  日本文化の保存・伝承という目的で
活動していることもあり、よく研究してるなと(^^) 扇子の使い方なんかも
様になってましたし 外国からのゲストチームという感じはなく普通に日本で
活動してるチームみたいですね 後半からサンバアレンジになる曲も意外と
相性いいみたいなかなか雰囲気あったし 地域性も感じますし面白かった

札幌学院大学・文京台
風神雷神をテーマにした力強い演舞でしたね
振り付けもかっこよかったですし 構成も悪くなかったかと
持ち道具を持ったそれぞれの部隊が出てくるところとかテンポ
よくて好きでした 唄は素人さんが担当してたようですがそのあたりも
学生っぽくて良いのかなと  ほかの学生チームに比べてちょっと踊り
に元気が足りなかったような気はします  十分レベルは高いのだけどもね
ブロックの演舞順に泣いたところはあったかもなぁ(^^;


2012_0608201230023 2012_0608201230108 2012_061020120511

東京農業大学YOSAKOIソーラン同好会 農天揆
前半は学生らしいノリでの楽しいYOSAKOI  名物の大根踊りの後
真面目モード突入 スローパートとかかなりキレイでした
隊列移動はちょっと苦手とするところかな? オレンジから赤への
色変化は効果としてはちょっと弱かったか  ススキの会場暗かったし(^^;
クライマックスは踊りもスピード感UPするんだけど MCの勢いにちょっと
負けちゃってたかもしれません 

FUNKYススキの会場 この後しばらく
上位入りしたチームが続くのでそのへんはまた後の機会に(^^;

北里三源色
ソーランナイトからFUNKYススキノという一流チーム並のローテーション
旗揚げ当初から見守ってきた青森のウォッチャーとしてうれしい限り
この作品、ガツガツと審査で高評価を目指すというのではなく、いかに
お客さんを取り込んで一体となってお祭りを楽しむか というところがメイン
テーマだと思われますが、狙いとしてるところは十分達成出来てたようです
この会場に限らずうまくお客さんをのせて最後にはいっぱい拍手貰ってました
これから続くYOSAシーズンもあちこちの会場盛り上げてくれるでしょう
ちなみ会場賞ゲットしてましたね


AOMORI花嵐桜組
今年のテーマは太宰の小説「津軽」 口上が太宰コスプレしてたの面白いね
最初に太宰と聞いたときどんな感じになるのかすごく不安でしたが(^^;
花嵐らしく華やかに明るく奥津軽の名所・風景を踊りで次々に表現していく作品
小道具の類は極力減らしたようで 踊りそのもので表現することにこだわったの
かなと感じました。 とりわけ紺の衣装での金木の奴踊りはこれまでの花嵐とは
違ったイメージでインパクトも大きかったと思われます 
個人的には小旗を使わなかったのがとっても好印象(^^;
衣装変化や振りに関してはいつもの花嵐ワールドで、ファンの人も満足したのでは
ないかなと思います (^^) オイラとしてはこれからもこのスタイルにこだわって
作品作って欲しいと思いますが 上を目指すのであればそろそろ大きめなテコ
入れが必要なのかもなぁという気もしてます  
ススキノ会場で一番の大きな会場賞であるサッポロビール大賞を受賞

2012_061020120519

小樽商科大学“翔楽舞”

うちのブログでも、始まる前にちょこっと話題になってたけど 学校で
事件があって 参加するに当たっていろいろ考えたようですね
悪いイメージ払拭するためにも一生懸命がんばってた気がします
地域貢献もしてるし、地元小樽の人達にも応援してもらってるからね(^^)
並々ならぬ想いが詰まっていたということもあるのでしょうけど オイラが
初めてこのチームを見たときのような感動がありましたね 大人数を活かした
うねりも見れましたし ボリューム感のある翔楽舞らしい演舞でした
翔楽舞はやっぱこんな感じがいいね  小樽の方々にもきっとその想いは
届いたことでしょう(^^)


この後数チームやって1日目のファンキー終了
割と大きめなズブ会がこの金曜でしたね FUNKY会場の全演舞終了後
に近くのお店で。 はじめましての新しい出会いもありつつの楽しい宴でした

  

|

« 気温差 | トップページ | 2012 YOSAKOIソーラン⑦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 YOSAKOIソーラン⑥:

« 気温差 | トップページ | 2012 YOSAKOIソーラン⑦ »