« 帰宅 | トップページ | 2012 YOSAKOIソーラン⑨ »

2012年6月25日 (月)

2012 YOSAKOIソーラン⑧

おっと、もうこんな時間

やっぱり10時間勤務の後にブログかくのは無理あるな(^^;;

他にもやりたい事いっぱいあるんですけどね

あー 時間欲しい  寝なくてもいい体が欲しいわ

6/9  本祭4日目 (FUNKYススキノ会場)

いろいろあってビュビューンと夕方まで飛びますね(^^;
ウォッチャー再開はFUNKYススキノの2日目から

本日もまぁだいたい定位置から
一応パレードコース チームによっては静止パレード式

スピーカー据え置きで地方車もないので実は見やすい(^^;;;
そう、実はパレード式をウォッチャーするには、地方車が
ない方が見やすかったりするのです

大通のパレードコースは前編でも書いた通り 地方車が近くにくるまで
音が聞こえない&踊り子さんたちがトラックの影になっていて見えない・・
という事が多々ありますのでね   

演舞全体を通して見れる、あまり進まない静止パレードのがオイラ的
には好きです  でも審査は100m前進verなのよね

100mコースの方はホントに自分の目の前で繰り広げられるのは
作品の中の一部分ですからね  なかなか難しいものです   

踊り子さん的には 地方車について進んでいくってのが
テンションあがるらしいですし  そっちのがお祭りの雰囲気
も出るんだと思いますけどね


というわけで、そんなとっても見やすい ススキノ2日目~
客との距離が近いってのもあって踊り子さんにも人気がある会場ですね(^^)
それに終わったら飲み屋直行できるし?

2012_061020120602 2012_061020120610 2012_061020120637

炎-HOMURA-
衣装の雰囲気も変わってさらにかっちょ良くなりました
こちらのチームも春フェスで初披露を見てましたが 1ヶ月ちょっとで
ここまでも進化するのね  ビックリです 旗やタンバリンといった持ち
道具と、それを使った演出のバリエーションも豊富
最後、赤衣装でのヤマ場がもう少し盛り上がるとさらに良いかも
すんげー細かいところ見ると踊りに粗があったりしますが目をつぶって
おきますw  10周年記念公演の頃には熟成した良い演舞が見れること
でしょう 
 
北鼓童なよろ
なんかちょっと見ないうちに雰囲気変わった気がする
中身の大半は学生さんだそうですが なるほど動きが若々しいね
中盤での手持ちの太鼓を使った踊りが見せ場となってます
ややもったりした印象もあるけど良く揃ってました 郡表現も○
そして、なよろといえばヒマワリですが 黄色い布を利用して
上手く表現できていたと思います


舞灯雄武
お祭らしいと言ったらこのチームですね(^^)
今年はいつも以上にテンポも良く踊りも激しめな気がします
よさこい節や沖縄民謡風の楽曲もよりいっそうお祭り感を盛り
上げます  賑やかで活気のある演舞でとっても楽しそう
踊り子さんの表情もイキイキしてて見てて気持ちいい

2012_061020120642 2012_061020120647 2012_061020120676

女満別龍舞隊
何がいいってこのギターチューンでしょ(^^) ここの曲好きなのよね
踊りも衣装もちょっと独特で オリジナリティ感じます 男の子は力強く、
女子は華麗に。アイテム数は結構多めですかね そういったアイテム
捌きに妙味を感じたり  年齢層は幅広いですが、一時期に比べ人数
も持ち直してきたようで 見ごたえありました 

室蘭ルネッサンス
昨年の百花繚蘭の躍進がこのチームにも多少刺激になってるかな
太鼓の音をベースにリズミカルで元気のいい演舞でした
たぶん曲はコレ 伊藤多喜男氏だと思いますが なかなか上手く
踊りもハマってたように感じました(^^) リボン等、小道具にも
工夫が見られました ジュニア世代の子達が頑張ってたのが印象的


函館躍魂いさり火
男性の踊り子さんが増えたのはこのチームにとっては嬉しいところですかね
とはいえやっぱりまだちょっとさみしいかな   テーマは龍神ということで
今年もカッコいいいさり火ワールド見せてくれます 人数少なくてもやっぱ
作品として完成度高いんで 絵になりますねー
本祭で見たあと、津軽で見れるのがとってもありがたい
2012_061020120730 2012_0609201240174 2012_061020120753

tokachi紅
テーマは「紅雅」だそうで.  本祭前にちょこっと話題になりましたね
十勝からファイナルチームを という高い目標から出来たチームだけに
とってもよく研究してると思います 曲もカッコいいですしね   
唄は…香澄さんかな?  衣装デザインもなかなか斬新
セクシーさ加減の方は事前に言われてたよりも控えめ  人数はまだ
それほど多くないですが、持ち道具や構成でカバー で満足度高め
今後も注目したいところです  

銀輪舞隊
う~ん、オイラ的にはもうファイナル級だったんですけどね(^^;
まぁYOSAKOI審査ってのは何があるかわからんものです
トップバッターであまりなじみのないチームってのは多少の不利は
あったのかなと思われます 曲、踊り完成度高し  特に音楽性はかなり
もんですねこういう世界もあるのねと惚れ惚れしながら聞いてました
MCの独特の調子はちょっとやりすぎ?狙いだろうけど(笑) 堂々とした
踊りっぷりでした  後半に出てくる、ソーラン節がかなりツボです
是非人数揃えて来年もチャレンジしてほしいチーム


薄荷童子
今年もハッカの爽やかな匂いと共に登場 華麗に演舞を披露
パッと見の派手さこそありませんが やはり同系統チームの中
でもその身のこなしはアタマ一個抜け出てる気がします
多きな幕を使っての衣装チェンジは今年もありましたね(^^)
ちなみに  2日目の大ファンファーレ はこのチームが獲りました
ハッカ系の飴とかガムとかで鼻スースーするとくしゃみが出ちゃうの
オイラだけ?


gnome
若い人たちのセンスが光る オシャレなチーム  どまつりとかでは
結構有名  ラストの「日本のど真ん中から世界へ」 の雄叫びも有名?
優雅さと力強さを併せ持った作品でしたね  傘振りとかもけっこう
激しくて目の前でみるみるぶっ壊れてた(^^;;;;  買うと高いんでしょ あれ
全体的に踊りがちょっと粗かった気がするのが残念  振りの動き自体は
ものすごくカッコ良いので もう少し丁寧に踊るとさらに見映え良くなるかと

2012_061020120775 2012_061020120828 2012_061020120870

旭川華酔組
ここがなかなか面白い作品でした  あ、例の戦国モノというか時代劇風
な世界観のシリーズです  太鼓隊もいい仕事してました
テンポも速く、激しいパートと艶やかしっとりパートのギャップも
網網なタイツのエロカッコよさあり、勢いのあるお祭り感あり
きっちりチームのカラーを持っていて、それを惜しげもなく詰めこんだ
力作 と感じます  かっちょいかったです  勝ち負けは別としてこういう
チーム好きですね

旭川 北の大地
ホントに10ブロックって強豪いすぎだよね  大地がまさかの4位以下って
信じらんない まぁ北海道知事賞でファイナルの舞台には出てくれましたが
「道」というテーマでまさに北の大地らしく我が道を行く作品
フォーメーションから振りから とにかくオリジナリティ満載です
こんなのもあったかとそのアイデアに毎回驚かされてるんですけどね
いい意味で常識にとらわれない攻めの姿勢というのかな
とにかくボリューム満点で一回見ただけじゃたぶん全部は消化できない
もしかしたらそういう部分こそがやや順位下げた原因かなと分析してます
とにかく注目すべきポイントがいろいろあるんですけど 逆に焦点がブレ
ちゃったのかなと  まぁ審査員がどう見たのかってところなんですけどね
百花繚蘭と衣装の色が被ったのは笑うしかなかったですが(^^; 
あとはまぁ パッと見ちょっと怖いイメージもあるだろうから  なんとなく
敬遠された部分もあるかもですね  いずれにしても オイラは今の路線
大好きなんでこれからも ガンガン攻めてほしいですね



土曜日のススキノ会場 終了後
またまた近くのお店にてウォッチャー飲み会

例の合同予想会がこの日の深夜 日付変わったぐらいからだったかな(^^;

土曜日になるともう明日は帰らなきゃならんのかと寂しくて寂しくて

|

« 帰宅 | トップページ | 2012 YOSAKOIソーラン⑨ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 YOSAKOIソーラン⑧:

« 帰宅 | トップページ | 2012 YOSAKOIソーラン⑨ »