« さくら はなびら ひらひら | トップページ | 2012 AOMORI春フェス (5) »

2012年5月 9日 (水)

2012 AOMORI春フェス (4)

そういうわけで、本日も行ってみましょー
春フェス報告 
おかげさまで見に来てくれる人もたくさんです

あ、そうそう いつものアレの予想 はもう少し先ですのでしばしお待ちをm(__)m

このレポが終わったら 撮ってきた動画編集して・・
タイムスケジュールとか公式サイトチェックして
バッテリ充して次回のイベントに備えて・・・

YOSAKOIシーズンはもうほんとコレの繰り返しですね

その合間に本業の方の仕事もありますので
なんやかんやで 一日一日があっという間

5/5 春フェス駅前公園会場


小柳保育園ばら組
2012_0506120134
「舞っちゃげDAYS」、なんというマニアックな選曲でしょう(失礼)
どこで見つけてきたんだろうか 青森でこの曲聴くとは
まぁたしかにお子ちゃま向けの曲ですし 園児ウケはいいかも。
みんな元気よく踊ってました …が、ちょっとしたアクシデントがありまして・・
演舞中にコテっとコケちゃった男の子、大勢のお客さんの前でしたから
恥ずかしかったんでしょうねぇ  心折れて踊るのをやめてしまい
先生が励ましに駆けつけるのですが、ついには鳴子を投げ捨て
ステージから猛ダッシュで逃走してしまう  という場面しか覚えてない(笑)
あの子・・・YOSAKOI嫌いにならなきゃいいけど


彩湖舞姫会
2012_0506120141 2012_0506120222

ちょっと見ないうちに、なんか人増エテタ━(゚∀゚)━!! といっても
20人そこそこですけど(^^; 復帰やヘルプも含めてですが、みち
YOSA10人いるかいないかだった こと考えるとコレは嬉しいですね
で、演舞がまた良かったんだわコレが。 元々、曲、振付はカッコ良い
ですし 踊り力もそれなりにあるのである程度まとまった人数で見ると
見応えも倍増です  姫のシーンも男踊りも絵になってましたね
アイテム取り出しにちょっともたついてたのとかは気になりますが
さしひいてもこの日見た中でもかなり上位かと(^^)
東北町行くとメンバー募集のポスターあちこちで見かけますので
勧誘活動も熱心な様子  さらに厚みが増すことに期待したいと思います 

横手YOSAKOIキッズ
2012_0506120144 2012_0506120148
秋田県横手市から春フェス初参加のキッズチームですね
どうやら新曲「光輪」 初披露だったようです
いろいろと手の込んだ構成となってます・・・が
この大きな白い布・・とかたぶん何か表現しようというところなんでしょう
けど、あまりにも風が強く ばふらめいでしまって大変そうだった(^^;
めまぐるしくフォーメーションが変わったり イリハケがあったり
とにかく移動がいっぱいあった印象はあるのですが、ステージ最前から
だとなにがなんだか(^^; で、サビの大黒舞がはじまったなと思ったら
曲が終わっていたという・・ 小学校低学年が中心だと考えるとこれだけの
段取り頭に入れてこなすだけでも評価すべきかな
演出凝るのもいいですが せっかくなので元気に踊る子供たちをもうちょっと見たい
青森のYOSAKOIはいい勉強になったでしょうか

館元祖婆あYOSAKOI
2012_0506120153 2012_0506120155

すっかり青森でも人気定着したかな
「婆あYOSAKOIです」って呼びこまれただけで大きな拍手が
黒い扇子に細~い 鳴子がついてる 新アイテム?
つーことはたぶん新曲ですね 毎年元気に参加してくれるのは嬉しい
ところ  バアさん達が元気に踊ってるだけで微笑ましいのですが
最近ちょっと面白みが薄れてきてますね  聞きなじみのあるフレーズや
ちょけた動きなんかももちろん入ってますが   以前のようなパラパラやったり
エアギターやってた時みたいなキレのある楽しいネタを期待 婆あ がアレを
やるから面白いんです(^-^)  時事ネタや、流行りものを取り入れた
婆あエンタ・・・好きでした   同世代の希望になるでしょう
そうね たとえば ババザイルとか、老女時代とか?
想像しただけで楽しそうですもん(笑)


三沢・いぶき
2012_0506120157 2012_0506120161

口上さんいなかったんですが、ずいぶん違和感ありますね
ま、いつも通りのいぶきワールドですよね 決して王道ではないけども
独自のカラーがあるって強みです  安定感あり
で、オイラが見た感じでは今回は  前半→◎ 後半→× だったかな
前半、手の動きも揃っていてピシッと決まってたと思います
衣装変わってからの後半、やや乱れ気味、流しちゃったかなという印象
いぶきも 新曲に取り組んでいるらしいという話は聞こえてきてます
近いうちに新作も見れるかなと思ってます


よし、本日はこの辺にして
酒でも飲もうっと(^-^)


ではみなさん おやぶ

|

« さくら はなびら ひらひら | トップページ | 2012 AOMORI春フェス (5) »

コメント

>山さちさん、

なるほど ちゃんと営業かけていってたのねw
曲流れたとき、ウォッチャーさん顔見合わせましたよ

投稿: マニエル | 2012年5月14日 (月) 18時06分

おー

昨年実行委員会に預けていったCDを使ってくれてるぅー

嬉しい(*^^*)

もっと幼稚園や保育所で流行らせたいなー

したら、よさこい人口増えるんじゃないかな~

投稿: 山さち | 2012年5月12日 (土) 18時50分

>Bさん、

演舞へのBさん目線からのコメントありがとうございます

ウォッチャーでも様々な見方があるというのがわかって貰いたかったところなので、他のウォッチャーさん
の感想、大いに歓迎
おかげさまで賑わっておりますm(__)m

投稿: マニエル | 2012年5月11日 (金) 23時09分

☆ 彩湖舞姫会

 久しぶりに生で見ましたが、構成の巧さはさすがです。男性陣の踊りは、力強さが良く表現されていて良かったと思います。 女性陣の方は、指先までしっかり伸ばしたいところを途中で次の動作に移ってしまうために伸ばし切れず、縮んだ印象を受けました。 もう一頑張りと云うところでしょう。

投稿: B | 2012年5月11日 (金) 21時48分

☆ 函館元祖婆あYOSAKOI

 今回の春フェス、欠員が出たとのことで、急きょ交流会の方にも出席させていただきました。

 その交流会での婆あさん(函館では親しみを込めてこう呼んでいます)達の活躍ぶりには目を見張りました。 平均年齢68歳と云うことでしたが、オリジナルのパフォーマンスは披露するは、他のチームの踊りにも積極的に参加するは、バイキング形式のテーブルから山盛りよそおってきて、モリモリと若い人たち以上に召し上がっておられました。 彼女たちは間違いなく、春フェスで踊って食べて楽しむことを生きがいにしていると思います。 そのために寿命が延び、寝たきりにならずにすんでいるのでしょう。 見る方にとっても高齢の方が踊っているのを見ると「自分も負けていられない」と励みになっていると思います。 今回はシニアチームの存在の意義をくっきりと認識できました。

投稿: B | 2012年5月11日 (金) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 AOMORI春フェス (4):

« さくら はなびら ひらひら | トップページ | 2012 AOMORI春フェス (5) »