« 2012 AOMORI春フェス (4) | トップページ | 2012 AOMORI春フェス (6) »

2012年5月10日 (木)

2012 AOMORI春フェス (5)

今日は休みだったんですけど、なんとなく家でダラダラと過ごした

これから遠征ちょこちょこあるんで余計な出費したくないし

そんなわけで 昼間っから ブログ書いてたりするのです(^^;




これからダチんとこに出かけるので早めにあげておきまーす

5/5 青森駅前公園会場

ココから一気に駅前開場最後までいっちゃいましょ
心のメインイベントですね


飛勇凛
2012_0506120166 2012_0506120200
(序)でも書いたように、 この日やけに良く見えたチームのうちのひとつ
原因はやはり人数かな といってもまだまだ少ないんですけど(^^; これまでが
これまでだったものでね(笑)  踊り力レベル高い人たちが揃ってますので
見応え十分  とりあえずこの衣装がヨコイチにずらーっと並んだだけで
ちょっと嬉しかったり やべー!フレームに入りきらんぞ みたいな
見慣れない顔もいくつかありましたがきっちり仕込まれてるなと感心
人増えると今度は揃えるのが難しくなってきたりするんですけど
ごまかしが効きにくい飛勇凛の踊りでここまでできればかなりのもんですね
とりわけ今回は女衆の方が精度は上かなと感じながら見てました
女衆と言えば、最初の方のヒザ クイックイッ がマニエル的キュンキュン
ポイントだったりします(笑)

炎-HOMURA-
2012_0506120080 2012_0506120104
2012年本祭用の新曲を披露 タイトルは書かないでおいたほうがいいかな
ちなみに春フェス初登場です 人数スカスカだったのはちょっと寂しいところ
でしたが(^^;それでも限られた人数でもこうして青森まで来て新曲っ披露して
くれるその心意気がたまらなく嬉しいのであります(^^)   
曲はヒジョーにいいですね 重厚感あって聞いててワクテカしてきます
そこにHOMURAらしい力強い踊りと女性陣の艶やかさも加わってボリューミー
な作品になっていると感じました。  とあるニューアイテムが登場しますがそれも
また面白いですね  踊りながら・・という点ではこれほど理に叶った楽器はない
かもしれません・・・ん?楽器?  あ、踊り込み不足はまだまだ否めないところ
でしたが(^^; これは時間が解決してくれると思いますので問題ないでしょう
衣装や小旗を使った演出等もこれから変わっていくことが予想されますしまだまだ
良化していくことでしょう  本祭の頃には、かなり好評だった2010の作品ぐらい
まで引き上げてくるのではないかと思ってます(^^)
聴くところによると本祭は70名で参加とのことで十分いい勝負なになりそう・・
とか思いましたが 何とも手ごわいブロックですこと(^^;;;
ブログでの感想はお手柔らかに…と言われましたが こんなところでいかがかしら

北里三源色
2012_0506120171 2012_0506120174
十和田の元気祭りでの初披露から数日  とりあえずBさん的には気に
入ったらしい。演舞スペースと人数の関係?でこの前見た時よりちょっと寂しい
かなと感じましたが勢いは変わらず お客さんを乗せながら楽しんでました
今回はパレード形式を初めて見ましたがステージ式との大きな変化は
なさそうです  進みながらということで位置取りを気にしている様子も
伺えましたがた、あまり細かく気にせず豪快に でいいのかなと
まぁある程度とキチンとしないとこはいけませんが(^^;。  あとはお客さんとの
絡みですね 反応いい人とそうでない人が居るので難しいのよね
とはいえ避けては通れないでのもっとガンガン攻めてもいいかと
結果として、新町A会場 演舞後おそらくこの日一番の大きめの拍手が
湧き上がっていましたのでちゃんと狙い通りに出来てたんだと思います
どんどん場数こなして余裕が出てくるともうちょっと遊べるようになるかな



夢限舞童「伝想連
2012_0506120181
世代的に、ジュニア層が薄くなってしまったということで「伝想連」としてのみ
参加です。  もう みんなすっかり大人なので容赦なしでカッコエエ
一般チームとはちょっと人数寂しいですけど  ひとりひとりの
オーラ、覇気がハンパないです  衣装が数日前に届いたというぐらいの
出来立てホヤホヤ状態ですが このまま本祭出せるぐらいの仕上がり
賛否両論のあった昨年と違いウォッチャー満場一致で「すげえな」と
衣装はコーラや粋ほどではないにしてもシブいながらもカラフルで
画的にも華やかです まぁ視覚に訴えるのは得意とするところですしね。
バタバタとするところもあるでしょうが・・などとMCで言ってましたけど
そんな場面もほとんど見られず フォーメーション移動もリフトもすっきり
決まって 伝想連らしい作品になってました 


新風!
2012_0506120190 2012_0506120199
駅前公園会場、まさかの大トリでしたね
お客さんもたぶん一番多く最高の舞台だったんでは(^^)
演目は暁の風・・でしたっけ 青函連絡船から始まり昭和レトロな
青森商店街の様子を表現した YOSAKOIとしては一風変わった
作品  ウォッチャーの間では「黄色」だとか「紅白」だとか各々
勝手に呼んでたりしますが(^^;   人数増えた?
久々にステージ式を真正面から見ましたが 年齢層幅広いながら
それぞれのパートがそれなりに(^^;どこもしっかり踊れていたのと、
それがキレイにまとまってなんかYOSAKOIチームみたいでした 
や、YOSAKOIチームなんですけどね(笑)  このところジュニアの
動きがいいというので評判になってましたが 大人組もがんばってますね
大トリの大役ちゃんと果たせていたと思います


と、こんなところで一応駅前公園会場は終了
今年はスケジュールがなかなかにタイトで
この時点ですでにねぶたのパレードも始まっていて
総踊りもカット  オイラも新町へそそくさと移動・・

お昼ご飯食う暇もなく コンビニでおにぎりとサンドウィッチ買うのがやっと
他のウォッチャさん達昼間っから某所で乾杯してたらしいけど(^^;


残すところたぶんあと数チームだね

|

« 2012 AOMORI春フェス (4) | トップページ | 2012 AOMORI春フェス (6) »

コメント

>みつ豆さん、

常陸国、ものすごく行きたいのですが
岩手でのyosakoiさんさと日程が丸被りで(^^;

東北のウォッチャーとしてはやっぱ今回は
さんさを優先するべきかなと思ってます

そのかわりズブ様ファミリーの特派員?が
常陸国に行くようですので(^^; どうぞよろしく

投稿: マニエル | 2012年5月11日 (金) 23時06分

☆ 新風!

 この作品と「リンゴの唄」は昭和期の風俗を上手に取り入れていて、昭和に幼少期を過ごした身としては、とても懐かしく感じられます。
 チームのテーマを青森の歴史においておられるとのことで、今後 青函連絡船やカーリング娘など 何が飛び出してくるか楽しみです。

投稿: B | 2012年5月11日 (金) 22時07分

☆ 夢限舞童「伝想連」

 まだチームの歴史が浅いので、チーム史上最高作と言っても当然かもしれません。 若い踊り手たちの体の成長とともに演舞は一層ダイナミックになっています。 後半の女性たちの衣装の美しさにも目をひかれました。 本祭では間違いなく高い評価を受けると思いますが、個人的には「跳躍系の大技」を加えられれば一層強い印象が与えられると思いました。

投稿: B | 2012年5月11日 (金) 22時02分

☆ 飛勇凛

 今回見せた演舞は、北海道内のチームで云うと間違いなく10本の指に入る優れたものでした。 札幌本祭では、飛勇凛の演舞が審査されると云うよりも、審査員がチームの知名度や人数に捉われることなく判定できるかどうかを試される機会になると思います。

投稿: B | 2012年5月11日 (金) 21時54分

常陸國には行かれるのですか?

投稿: みつ豆 | 2012年5月11日 (金) 11時02分

都内墨田区両国で第一回よさこいソーラン祭りを大々的に10月13~14日に大々的に開催するそうです。 よさこい大好き人間は見逃せませんよ、マニさんも是非予定を組んでください、宜しくお願いします(^_-

投稿: ズブ様ファン | 2012年5月10日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 AOMORI春フェス (5):

« 2012 AOMORI春フェス (4) | トップページ | 2012 AOMORI春フェス (6) »