« 千歳 yosakoiとーなめんと⑦ | トップページ | 千歳 yosakoiとーなめんと⑧ »

2011年8月 2日 (火)

八戸三社大祭

ブルーマリンフェスティバル
去年は夢想漣えさしが来てくれましたが
今年の大間には・・平岸天神が来るみたいですね~

8/14か・・  休みだな( ̄ー+ ̄)


さてさて今日は、千歳報告を一休みして八戸三社大祭の様子を

青森の中で、3.11大震災の被害が最も大きかったのが八戸
もちろんこのお祭りの開催も危ぶまれたそうです

そんな中、「復興」を掲げて今年も例年通り開催
八戸の人たちの心の拠り所としてこのお祭りがあったからこそ
踏ん張ることも出来たのかなと 
あれだけの被害のあった八戸でこんだけ出来るんですから
きっと他の地域でも必ず元気取り戻せるはずです

2011_07310091 2011_07310080

いつもと違い、テーマとなる題材はやはり復興祈願に絡めた
ものが多いですね   
災害を連想させるような、波や炎などを多用するものは避け
当初の予定を変更して縁起モノ、祝いモノに作り変えた山車組
も少なくないようです

2011_07310093 2011_07310113 2011_07310111

こういうご時世ですから、それこそ資金集め、人集めも大変だったこと
でしょう それでも今年もこんなに豪華な山車が出来上がりました(^^)
頭が下がりますね

2011_07310132 2011_07310158 2011_07310211

ウミネコやら弁天様の姿がよく見かけらてたのは、津波被害を多く
受けた地区のすぐそばに蕪島があるからでしょうね

2011_07310089

27ある山車組の中で今年の話題の山車組の作品がコレです
八戸市職員互助会  いつもならもっと大きくて からくりも大掛かりなのですが
今年はいつもと違ってこじんまりとシンプルに・・・

ほとんどの山車組が直接的な被害を免れた中、倉庫が湾岸にあったために
唯一、津波によって被災した山車組です  
山車作りのための財産(小屋や材料、製作道具、人形等)を波にさらわれて
しまい、ゼロ・・いやマイナスからの再スタート

いつもは山車の出来を競い合っている他の山車組の協力や支援を
受けてここまでのものを完成させたのだそうです

本当の意味で復興の旗頭となる山車組といっていいかもしれません
小さいながら、復興へ向けての強い想いが込められた素晴らしい山車
に仕上がったのではないかと思います

やっぱ、強いわ 八戸の祭人


山車の背面・・見返り部分は復興へのメッセージが
これでもか!といわんばかりに配されてました
八戸から元気を発信しようってことのようです(^^)

2011_07310096 2011_07310105 2011_07310124

2011_07310141 2011_07310208 2011_07310120

|

« 千歳 yosakoiとーなめんと⑦ | トップページ | 千歳 yosakoiとーなめんと⑧ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/52374951

この記事へのトラックバック一覧です: 八戸三社大祭:

« 千歳 yosakoiとーなめんと⑦ | トップページ | 千歳 yosakoiとーなめんと⑧ »