« 第6回 AOMORI春フェスティバル② | トップページ | 第6回 AOMORI春フェスティバル④ »

2011年5月 7日 (土)

第6回 AOMORI春フェスティバル③

本日2個目~

やっぱり家にいるとなかなか筆が進みません(^^;

春フェス の午前の部が中止になったところまででしたね

中止を決定してから間もなく、雨も小降りになってきて
空も明るくなってきたんで、そこはもうあの雷雨の予報を
的中させた気象庁を信じてしばし休憩

近くのガストが混んでたので、昨年同様華の舞へ
なんか春フェスのお昼休憩恒例になってるような(^^;;
居酒屋ですが ランチやってるんですよね しかも空いてるし

みなさん三脚やら脚立やらの商売道具を持っていたので
広い席に案内してもらっちゃった(^^;    やるねぇ 青森力!

昼間っからビール  泊まりが決まってると気兼ねなく飲めるのがいい
天気が悪かろうと 寒かろうと 飲むときは飲む(笑)

午前中の演舞が途中で中止になったために大幅に予定変更です
公式ガイド片手にスケジュール組み直し
なるべく多くのチーム見ながらも気になるチームを複数回見るためには
ヲタ芸とかベリーダンスに浮気してる暇がなくなってしまった(^^;

昼休憩後、外に出てみると青空が(^^)
いやぁ 午前中のあの雨が嘘だったかのようです

しかもお客さんもたっくさん!  これは嬉しかったねぇ
この雨じゃ午後はほとんどいないんじゃないかと思ったけど
場所確保に苦労するほどでした

2011_05050154 2011_05050157 2011_05050159
まずはオープニングパレード

自衛隊の楽団は迷彩服というがちょっと異様でしたが
こういう時ですからね  これもまたレアなものが見れました
隊列とかもいつもと違いフリーに演奏してた

ねぶたはもうそれだけで青森の人が元気になるよ
今年は跳人の数も多かったですし まんま夏先取りって感じ
観光客にも雰囲気は伝わったと思います また夏に見に来てくれれば
いいんですけどね

2011_05050166 2011_05050167
函館元祖婆あYOSAKOI
今年も 来てくれました婆あ達、今年は札幌本祭にはエントリーしてる
んだっけ?去年あたりは本祭には出なくても春フェスには出てくれてました
そういうわけで新曲です たぶん。  007とツイストは前にもあった気がする
けどヒゲダンスは前はなかったはずだし・・・  とか書くとなんか面白そうでしょ
うん、面白い婆あなんです。 毎年話題になったネタで遊んでくれたりする
んですけど、今年はちょっとそういう遊びはなかったかな KARAとかAKBとか
期待したんだけどね(笑)  婆あたちがイキイキと踊る姿、初めて見た人は
特に喜んでますね   青森での人気高いです青森県も高齢の人多いからね
ちなみにレセプションパーティでの婆あはもっと面白いですw

2011_05050174 2011_05050229 2011_05050287
遨~すさび~&光一天
2011新曲披露です 動画は封印しておきます 静止画は大丈夫でしょ
もうね、このために春フェス見に行ったようなモンです
青森で遨~すさび~&光一天を生で見れただけで感激 満足です
ますますこのチーム好きになりました。
去年のでもぜんぜん良かったんですけど まさか新作とは・・。
しかも、これがかなり完成度高い  やっぱソーラン有力チームはすげぇ
隊列移動がやや混乱していたとか振りがバラついていたとかの細かい部分
はあるけどやってることが高度ですから・・ これはまぁ今後の練習で解決する
でしょうし 今のままでも十分ハイレベルな遨~すさび~らしい作品だと思います
今年もいいトコ行くんじゃないですかね(^^) 自信持っていいと思う
お客さんの反応も息をのんで見惚れる・・といった感じが多かったかな

それでも・・あえて超激辛でぶった斬ってほしいというリクエストには少々困
りましたが(^^; 心を鬼にしてオイラや他のウォッチャーさんの意見も含めて
直接お話ししました。  この大事な時期にわざわざ青森まで遠征してくれたの
ですからそれぐらいの特典はあってもいいでしょ(^^)  春フェスってそういう
機会ですし。打ち上げの時に某ウォッチャーさんが「100回の練習より1回の
実践」なんて言ってましたが、今回実際にお客さんの前で披露したことで何か
大きなヒントを掴めていたら嬉しいですね

2011_05050183 2011_05050185
ついんくる
こちらも2011新曲披露です 今回の春フェスレポこのパート3濃いね(^^)
龍をモチーフにしたとのこと『一陽来復』冬が終わり春が来ること、悪いこと
が続いた後に幸運に向かうこと・・という意味があるそうです
曲はかなり中国風になってますね 中華アレンジのチーム・作品はこれまで
もいくつか見てきましたけど こういう風に仕上げてきたのは初めて見たかもなぁ
ついんくるらしい踊りのカッコよさに加えて、パッと見た目で楽しめるギミックも
いくつか盛り込まれていて面白い作品になってると思います
中国風、ギミック・・・  ゼンジー北京YOSAKOIとか書くと
すげーインチキ臭く聞こえちゃうよなあ(笑)
華やかさはいつも以上かな その分ちょっと迫力に欠けた気もするけど

2011_05050190 2011_05050191
津軽もつけんど蒼天飛龍
前日のたか久にはじまり、5日のホタテ広場まで、この3日間とにかく
いっぱい見る機会がありました (^^)
やはり今回は特筆はこの水色隊フロントメンバーの扇子でしょうかね
振付が変わったりとかって傍から見る分には気づかないことが多いの
ですけど(^^;; これ位の変化はとても新鮮ですね
スローパートでの扇子捌き、良かったんじゃないでしょうか
正面から見てましたがなかなか絵になってました(^^)
まぁそれでもやっぱり円熟したおネエさま方である紫隊の方が
一枚上手でしょうか  とか書くと紫隊の方々が喜びそうなので
ほどほどにしておきます  新町C会場 迫ってくるパレード式を
正面から見れたので迫力満点  お奨めです

さて、この辺で一旦切り上げます 

 

|

« 第6回 AOMORI春フェスティバル② | トップページ | 第6回 AOMORI春フェスティバル④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 AOMORI春フェスティバル③:

« 第6回 AOMORI春フェスティバル② | トップページ | 第6回 AOMORI春フェスティバル④ »