« よくぞ決断した!(泣) | トップページ | 明日は… »

2011年4月16日 (土)

2,3思うこと

昨日の みちYOSA開催の記事を書いた後にいろいろ考えたこと・・
っつーか思った事

まぁ完全な自分の独り言なんだけどもね
共感してくれる人もいたらちょっと嬉しいかな なんて(^^;


ご本家、南国高知のよさこい祭りの起源が戦後復興と
街の活性化を願ってのものであったということなので
まぁ趣旨としてはぜんぜん問題ないというか・・・
まさにこれを渦中の東北でやっちゃおうってんだから
ひらがな表記だろうがローマ字表記だろうが
やっぱりヨサコイには人を元気にする力があるのかなと

神戸のルミナリエも単なる電飾イベントではなくて震災復興と
鎮魂の願いを込めた「お祭り」だというのだから
みちYOSAがそういう「お祭り」になるのもアリだと思う

で、軽く考えて(あえて深くは考えない)思ったのが
今年は・・・とりあえずコンテスト形式はお休みしても
いいんじゃね?ってことね

いや、ここ数年でのみちYOSAのレベルが上がったのも、面白く
なったのも審査を取り入れてからだと思うし、多方面にわたってその
効果は評価もしてます。 それなりにね(^^;;
(まぁ まだいろいろ改善すべき点はあると思いますが)

ただ、今回に限りちょっとそういうのは置いといて、純粋にその舞台で
踊れること、(見れることを)喜びましょうよと。
で、それこそがYOSAKOI仲間の心をひとつにするってことになるのかなと

それに、被災した…太平洋沿岸部からどれだけ参加できるかもわかり
ませんが(^^;(なんとか出てほしいのだけど無理は言えないですよね)
そういうとこだけに限らず大きな被害のなかった地域のチームにしても
おそらくは東北のほとんどのチームじゃ今年はベストコンディションじゃ
ないと思うし・・・

そういう状態で競うとかちょっと酷じゃないかなと   
たぶんね、被災した地域のチームにしてみたらもう出場するってだけでも
相当な苦労があるハズなのでね   そういう困難に打ち勝って出場しただけで
もう十分ファイナル級でしょ(^^;  審査だコンテストだも悪くはないですけど
もしかしたらもう少し有意義にステージを使うこともできるのかなと思ったり
するわけですよ

札幌本祭では注目度の高い『ソーランナイト』の中で東北のチームに
スポットを当てる枠を作るなんてニュースも見ましたし  
そういう試みもいいかもしんない

もちろん審査は完全廃止ではなくて機を見て復活でもいいしさ
こういうご時世だからこその  まぁ・・【一時休戦】ってのも選択肢
としてありかなと


そんでもう一つが、参加の条件とかルールはなるべく緩和して間口広く・・
ってことね・・・これはもう、とにかく1チームでも多くの元気な姿を見たいですし
なんならほとんど踊らずに「ウチらはとりあえず元気です」って顔見せ程度でも
いいから   ちょっとでも日常の嫌なことを忘れて楽しく踊ってみたいっていう
チームが出場できるよう受け入れ体制は柔軟にしてほしいなと
結構厳しめに設定されてるみちYOSAの参加条件とかルールとかを
もうちょぴっとだけ緩くして 参加希望チームを暖かく迎え入れてあげてほしいなと

東北ではなかなかこの状況でまとまった人数でしっかり準備出来る
チームってそうそうないでしょう 特に岩手、宮城、福島のあたりは・・・
もちろん全国からの力は必要ですけど、やっぱり東北のチーム
がいなきゃみちのくYOSAKOIじゃないですもん

だから、エントリーもギリギリまで待ってあげてほしいよね
今はまだダメかもしれないけど、もう少し時間が経ったら みちYOSAに
出れる体制整うかもしれない っていうチームもあるんじゃ
ないかなと。   まぁそういうことしてると準備する側の苦労が増える
ってのもわかるんですけどね(^^;;;

いずれにしても今回のちみYOSAは今までとはちょっと意味合いが
違うような気がしてね  なんとな~く独り言をぶつぶつと書いてみたわけです

・・・まぁオイラのこの業界での立ち位置を客観的に考えて
単なる「独り言」で済まないような気もするので迷った部分もあるんだけど

あくまでもマニエル的、こうだったらいいなぁというのを後先考えずに
綴ってみただけですので(^^;;; 
こういうのはいろんな意見、想い、考え方があるものですから

まぁどう転ぶかはわかりませんけど 注目度も高そうだし
今年のみちYOSAはいろんな意味で伝説になる気がする・・・。

やべぇ 今日もガッツリ宣伝してしまった(笑)

|

« よくぞ決断した!(泣) | トップページ | 明日は… »

コメント

>Junママ@海童さん、

ようこそおいで下さいました(泣)
ネット見るのもそう簡単ではないでしょうに…

海童さんはじめ、被災地のチームの皆様には心よりお見舞い申し上げますm(__)m
南三陸が壊滅的被害と聞いてまず最初に皆さんの事が気になりました。チームのHP等で無事だと確認できた時にはホッと胸をなでおろしましたよ

少人数でも出たい・・元気を出して前に進みたい
というその想い…。
みちYOSAの実行委員会に伝わって欲しいです

衣装とか無くたって人数少なくたって関係ないですよ
皆さんが頑張ってる姿は、きっとたくさんの人に勇気と
力を与えると思います。
どんな形でもいいので、出場前向きに考えてみて
ください(くれぐれも無理はなさらないように)

またYOSAKOIの現場でお会いできるのを楽しみにしてます その時にはうちのライブラリひっくり返して海童の映像探して持っていきますね

投稿: マニエル | 2011年4月17日 (日) 00時16分

>梅子さん、

今年は、コンテストというよりも、東北の
YOSAKOI人達の絆を再確認する・・
そういう場でいいのかなと思ってます
梅子さんのところも被害は甚大だったようで
すね、今はこうして一人ずつYOSA関係者の無事が
確認できることが何よりの喜びです
まだまだ復興までは時間がかかるとは思いますが
お互い頑張りましょう

避難所での踊り披露なんてすごくいいことだと
思います。 いっぱい元気づけてあげて欲しいと思います

投稿: マニエル「 | 2011年4月16日 (土) 23時54分

ご無沙汰してます。
今回の震災で住んでいた町がなくなってしまいました…TV報道でも見ていただいていると思いますが、本当に何処がどうなっていたのか全くわからない程、原形がなく、何もない焼け野原みたいと言っていいか…
とにかく凄まじくて愕然とします

私も当然、家も会社も、そして大切なよさこいの衣装、今までのチームの思い出の品々全て津波に流されてしまいましたかなりの距離を歩いて捜し回りましたが何も見つけることはできませんでした。

南三陸町の町の復興にはおそらく5〜10年と相当の長いスパンでの話になると言うのが現実の様です

前置きが長くてごめんなさい〜
私個人的には10月のみちよさに出たいです…メンバーには言ってませんけど…
全員被災していて家が流れ、家族や親戚を亡くしたり、そんな境遇の中非難所や親戚宅に身を寄せています。当然職も失い、こんな状況で…無理かもしれない…だけど少人数でも可能性があるなら出たいんです元気を出して前に進みたいですそれどころではなく、元気も出ないメンバーばかりですが(T_T)一歩一歩踏み出さないと何も始まらないから…ここはひとつ踏張ろうと思いはじめた今日このごろです。

たくさんのよさこい仲間からご心配や励まし、物質等をいただき本当に有り難うございましたm(__)m
また皆さんとよさこいがしたいです
長文になってしまいました

投稿: Junママ@海童 | 2011年4月16日 (土) 08時29分

私も今年はコンテストやらないで欲しいと思ってました
どんなチームでも参加できるのが、みちよさの良さって部分もあったし…コンテストは出てましたけどね
うちのチームは、家や車を流された人‥天井まで浸水とか‥衣装だって‥
練習場所は避難所なってますし、まだ顔合わせも出来ていません
用意した新曲は見送り…
でも、避難所で踊る企画があって参加しますよ
人数も少ないし、その場でぶっつけですけど、気持ちはいつもに増してドーンと!!届けたい!!!

投稿: 梅子 | 2011年4月16日 (土) 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2,3思うこと:

« よくぞ決断した!(泣) | トップページ | 明日は… »