« 日曜日おわり | トップページ | イルミネーション »

2010年12月 6日 (月)

八戸YOSAKOIまつりに行った時の話

さて、ここしばらく テケトー日記が続いてましたが(^^;

はちYOSAの事をちゃちゃっと書くと言ってたんでね
忘れないうちに書いておこうかなと(^^;

八戸YOSAKOIまつり 会場は八戸市公会堂
毎年のことながら 写真、VTRは撮影禁止

ウォッチャーやカメラマンにそれぞれのHPやブログなりで
紹介してもらうだけでいい宣伝になると思うんですけどね

あ、今回は公式にDVD発売するというんでロビーで
申し込み受け付けてました

“縁”が、幻の2007を披露した時のヤツだったらソッコーGETしてましたが
今回は見送りで(^^;

いや~  何が凄いってさ ろくに宣伝してないのに
1部、2部ともチケット完売とか(^^;; 満員御礼状態

やっぱり青森のお客さんって熱心でさぁ
1時間以上前だってのに大勢並んでるんだもんなぁ
これは、もう、充分青森が誇れる財産だと思います

公会堂前に人だかりが出来てるから
いったいの騒ぎだ? ってフラフラ~っと公会堂に迷い込んでくる
お客さんもいましたからね  

ロビーで人を待っていたら、「券がないから見れない。 前売り券なんて
売ってるのも知らなかった」ってぼやくオジサン
・・いや、オイラに言われても(^^;;

だから もっとちゃんと宣伝しないと・・・って思うんですけどね~

青森でのYOSAKOI人気まだまだ高いですよ


さて、本編
事前情報もほとんど無かったんで、出場チーム紹介するだけでも
充分貴重な資料になるかなと(^^;;

写真もないので簡単にいきますね(順不同)

北海道大学“縁”
今年も八戸YOSAKOIでのMVPですね 40人弱だったかな?
とにかくいろんな場面でお祭りを盛り上げてくれてます
終わった後の挨拶なんかもまるで地元チームのようです
あ、そういえば八戸出身の北大生も来てたみたいです
今年の演舞と、南中ソーランを披露

蒼天爛華
このチームも八戸には欠かせません
今年は相方的存在の舞灯雄武がいなかったのが残念なところですが
屋内での旗振りが会場を沸かせてくれます
1コーラス目で高知、2コーラス目でソーランの振りをそれぞれ
やってるということで気をつけて見てました

羽跳天
仙台のチームってことで七夕がテーマ
子供達がいい動きしてます  旗の共演で出てきた少年はまさに王子ですね

福地よさこいの会
曲、頭に残ってます  なまずの町福地をアピール

東京カペラ
健康ソーランでは、お客さんを巻き込んで大人のお遊戯会
青森のジジババはけっこう喜んで参加してます(^-^)
こういうときオイラみたいな世代はどうしていいか戸惑うw

恵庭紅鴉
ココが来るのはちょっと意外だったなあ  あ、個人的に好きなチーム
というか注目してるチームですが、たぶん青森の人にはマニアックだよね
この日はちょっと会場の雰囲気に飲まれていたのかな(^^;;
本来の紅鴉にはちょい物足りないかなと  口上さんもかなり緊張していた様子(笑)
来年も来て欲しいっす

HGS23
初めて聞く名前だなと思ったら やはり初登場。
AKBをもじったチーム名 東中学校の女子生徒たぶん23人なのでしょう
これがなかなか面白い創作ダンスを見せてくれました
龍馬伝のテーマで踊るとかなかなか面白い

心花組
ここんとこ、つんく♂の総踊りを持ちネタにしていましたが新作来ました
手踊り用の傘を使った和風スタイル  もう少しじっくり見たい

リズムなるこ会
おばさんたちの健康リズムYOSAKOI(^^;  カペラとちょいカブり
独特の振付、どの曲のもすごく似てるんだけどよく間違えないよなあ(^^;;

津軽もつけんど蒼天飛龍
青い森アリーナの時に比べたらずいぶんコンパクトだったんだけどね
それでも会場の沸き方は北海道大学と同じか、それ以上
この勢いに見てる側も圧倒されちゃうんですよね
久々の飛龍轟然もファンにはたまらないっすね

東北・北海道旗振り連合「勇姿会」
ホール会場で 旗共演ってそう簡単に出来るもんじゃないと思う
いろいろ危険もあるしさ みちYOSAでやったのとほぼ同じもの
を屋内で披露しちゃってました  大迫力

おおの雅組
たしか、北海道大学の協力も得て南中ソーランやってたはず

はちのへYOSAKOI絲の会
たぶん新曲・・だよね(^^;  今回は蕪島のウミネコがテーマのようです
衣装なかなか凝ってますね

キッズカーニバル
バレエダンサーズ たしか天舞龍神ってバレエの要素入ってた
気がするんだけど、こっちはモロにバレエですね(^^;
あまりYOSAKOI見てる感じはしないと思います

彩湖舞姫会
こちらも人数はまぁアリーナの時からだいぶ少なかったですけど
男女比逆転した舞姫会ってすげー貴重だったかも カッコエエ!
今回は男衆のが多かったからね  男踊りがいつも以上に際立ってた

絲の会 さめ組
いい動きするねえ  絲の会の鮫支部という位置づけでいいんだよね?
方向性は随分違ってきたけど ヒップホップを取り入れたダンス系
曲が大江戸舞祭だもんね

わんぱく広場もっともっとめだち隊
十和田囃子がウケが良かったようです  十和田の太鼓は南部の
いろんなお囃子の中でも評価高いですからね
いさり火の曲使ってるのも県外からのお客さんには衝撃だったかも(^^;

北里三源色
八戸のお客さんに随分気に入られてるようですね(^^)
そろそろ活動が最後になる学年も混じって大騒ぎといった感じ?
キッチリ盛り上げていたと思います 
まぁこうして“縁”と並べてみると・・たしかにテンションは同じかな
はじけっぷりはまだまだだけどね  踊りはキッチリしてた
「大志」もちゃんと踊り継いでいくようです

極楽とんぼ
色が次々と変わっていく今年の作品
改めて最前列から見ると・・・ 動けるねえ  ダンススキル高いわぁ
目の前で旗を持った人たちによる衝突事故が起きてドキっとしたわ
全速力でドーンだもん びっくりしたさ

JCB夢翔舞
殿2、姫4人だから ・・・そこそこ本気編成でしょ
人間ロケットも出ましたし お蝦夷のお祭り騒ぎは充分再現出来てたと
思いますが、八戸のお客さんにはちょっと早かったか(^^;
冒頭の小芝居なんかもこの辺ではまず見かけないですからね
ポカーンとあっけにとられていたお客さんも多かったぽい


全チームというわけではないですが 大体こんな感じで

最後の総踊りはもうそれこそ花道も通路も2階席も使っての
お祭り騒ぎ “縁”のみんなの客ののせ方も上手なんだろうけど
すごく盛り上がってました

最後は出場チームのみなさんがロビーから外まで並んで
でお客さんをお見送り こういう公演ならではの気遣いでしょうかね

踊り子さんもテンション上がってるしお客さんもニコニコで
帰っていくのがなんか雰囲気良いよね


これで、マニエル的 今年のYOSAKOIシーズン終了です
我ながら 今年も よくまぁ あちこちいろいろと見てまわったなと(^^)
最近はYOSAKOI仲間も増えて とにかく楽しいのよね

来年は、たぶんいつもどおりなら また地元の

とわだYOSAKOI夢まつり が再始動になると思います(^^)

|

« 日曜日おわり | トップページ | イルミネーション »

コメント

>KSGさん、

Bさんも今年は道外遠征あちこち
行ってたみたいですね~
ウォッチャー界の良心です

オイラも県外遠征多かったなぁ(^^;;
少し考えないと・・・w

投稿: マニエル | 2010年12月11日 (土) 11時27分

八戸にも駆けつけるBさん凄い…!!

投稿: KSG | 2010年12月 9日 (木) 16時22分

>ヨッシーさん、

久々にやりましたよ
脳内HDDのみの感想報告
今回は写真も映像もメモも無し(^^;
(Bさんは何やらメモメモしながら見てましたが)
オイラは今回は手元のプログラムだけが資料です

これでひとまずオフシーズンに入ります

蒼天さんはこれから 極寒の中での演舞とか
もあるのかな~(^^;


投稿: マニエル | 2010年12月 8日 (水) 23時18分

>写ラックさん、

最後に歌詞が聞き取れたので「大江戸舞祭」で
間違いないかと「東京ラプソディ」がアレンジ
されてるやつでした ノリノリのダンスナンバー

ただ、舞祭はYOSAKOIとは別モノ
という位置づけなんですってね

投稿: マニエル | 2010年12月 8日 (水) 23時14分

わんばんこ(^0^)/ ヨッシーです。

マニエルレポート…さすがですわ…。
資料として動画も画像も無いんでしょ?にも関わらずこんだけのチームの所感ですよ。
やっぱりマニエルだわ。

次回、蒼天飛龍の参加はあるのか無いのか…。
毎年考えてしまうことですが、蒼天飛龍せんべいを作って下さったファンの方々もいらっしゃると…。
その方々のためにも行くことになるのしょう。
次回の参加は未定ですが、蒼天飛龍ファンは大事にしたいと思います。

投稿: ヨッシー | 2010年12月 7日 (火) 02時38分

今年も一年間、YOSAKOI観戦ご苦労様でした。

最後の 八戸YOSAKOIまつり を読んでたら
「大江戸舞祭」の文字にピクっと反応してしまいました(笑)

今度会ったら詳しいこと教えてね!

投稿: 写ラック@秋田のよさカメ | 2010年12月 6日 (月) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八戸YOSAKOIまつりに行った時の話:

« 日曜日おわり | トップページ | イルミネーション »