« みちYOSA検証⑫ | トップページ | みちYOSA検証⑭[終] »

2010年10月25日 (月)

みちYOSA検証⑬

いきなりペースを上げてみました
とりあえず検証終わらせて PCの裏ブタ開けてみないとな


というわけで、月曜の朝に見ているあなた

夜のうちに#12と#13公開しておりますです

ペース早いっしょ


なぜかって?
オイラが 今日休みだからだーーーー!

さて、ようやく最後のブロックですよ
オイラもヘロヘロですけど さすがに赤鬼さんもこんなに
連続出場したことないからだいぶキテるみたいですね(笑)

ウム、ぶっちゃけもう帰りたい ガハハハハ

【7ブロック】

出羽天神連 群青
山形のチーム 今回が初参加だそうで・・・
掛け声だけはやけに張り切って出してたな
老若男女そろったチームという割には若がほとんど見えなかったぞ ガハハ
いや、後ろのほうにちびっ子がいましたよ(^^;
このYOSAKOI離れしたダンス・・ずばり、母体はエアロビ系と見た!
ホントですか?(^^;適当なこと言わんといてね
このピョンピョンした感じと軽さから勝手にそう判断した 実際は知らん!ガハハハ
オバチャンがなにやらイキイキと体動かしているのはわかるが、客を
楽しませるところまでは行っていないな 地域性もほとんど感じない
鳴子の音だけはやたらとクリアだった ガハハハ


YOSAKOIとみや大清水
富谷町のローカルチームです 前半は不思議な音楽でしたね(^^;
ずいぶんチビどもが多かったがジュニアチームというわけではないんだろ?
大人たちもいるにはいましたが、引率程度だったでしょうかね
チビどもの動きが妙にサマになっていたな どこで覚えたんだか
腕の伸ばし方だったり、腰の入れ方など基礎がしっかりしていたぞ。
YOSAKOIの基礎ってなんなのかよくわからんがな ガハハハ  

後半は童謡やらクラシックやら町のPRソングやらがごちゃまぜに(^^;
NHK教育テレビで子供たちがやるようなお遊戯YOSAKOIだったな
がっつり地元PRはしていましたので地域性は高かったかと(^^;;
まぁ今回の結果あんまり地域性関係なさそうでしたけどね

若柳よさこい桜
栗原の有力?チーム  宮城県勢の中では・・・という意味で(^^;;
ウム、ソーランにも行ってるぐらいだからな この曲もかなり良い出来
ではあるが、もう3年ぐらいは踊っているか?  3年も踊り込んでいたら
それなりのものを見せられるようになっていなくてはな ガハハハ

やはり特筆はその見せ方だろうな、チームの年齢層を考えると、実
に理に適った構成で人数の厚みを利用しているな
バリバリ動けるのはわずか数名だが、そのメンバーが目立つポジションで
演舞を引っ張ることで、さも全員が踊れているように錯覚させるという
テクニックは舞神楽に通じていくものがあるぞ  見事なごまかし方だ

そんな・・・ごまかすとかって(^^;;
ガハハハ だってな よく見てみ、後ろの方、かなりいっぱいいっぱいだぞ
まぁそりゃそうですけども なんとかついてきてるじゃないですか
それぞれ踊りのスキル別で部隊分けして違う振り付けにしていっても
面白い作品になりそうだな 新作に期待だ


2010_10110711 2010_10110715 2010_10110719

チーム楽
山形から初参加 いや、ホント今回山形のチーム増えたよね
こちらもどちらかと言えばみんなで楽しくワイワイやれたらいいね的
な感じかな?と思ったら意外にもキッチリ踊ってました(^^;
系統としては高知系でいいのかなと思うけど 大きな旗を使った
演出もあったりして なんだか不思議でした
ウム、衣装や鳴子の使い方は高知っぽいが踊りの力強さなどは
ソーランだな、曲も両方入っていたしちょうど中間ぐらいか。
全然期待もしていないチームだったが、悪くなかったぞ
曲も振りもなかなか本格的だったしな。テーマとした最上川を
表現しきれていたとは言えないが 人数さえ多ければかなり
面白い作品を作れそうな将来性は感じたぞ


紅翔蘭舞會
秋田から参加、今年はソーランにも数名でエントリーしてました
今年の作品第6章はなかなかの意欲作かなと思ってみてました
幟旗やら紅葉やらの装飾にモタモタしてたな ガハハハ
しかし、命の波動だかマグナだかマグラだか知らんが、一体どこから
テーマ見つけてきたんだろうな ガハハハ   ファンタジーだよな

あんたの存在もね
こんなもん好き勝手にストーリー作れるからな 地域性は無視
するとして、やり方次第では壮大な作品に出来るメリットがあるな

まぁ・・・そこまでいくほどメンバーが揃っていないのが残念ですけどね(^^;
うむ、人数の寂しさは相変わらずではあるが、口上のおっちゃんが臨場感
高めているよな なかなかのパフォーマーだぞ
そして、踊り手の気合もたいしたものだったと思うぞ どこで見つけてき
たわからんテーマだが、その世界が分かったような気になる演舞だったガハハハ

斬新なテーマな割にはベタなYOSAKOIモーション盛りだくさんですよね
ウム、踊りはかなり良かったのだが、終盤で扇子を持ち出したあたりから
曲の展開とは裏腹に盛り下がっていってしまったのがもったいないな


勢や
ブロック2位通過 今年は関東勢もやってくれましたね~
実際には初めて見るチームでしたが おお!こんなチームがあったのかぁ・・と
ウム、準決勝から決勝に上がっただけのことはあるな
曲はコレ、花嵐や北翔などみちのくでの実績抜群のゼロワン産だな
前半からワチャクチャに持っていくというインパクトのある構成だった
曲のスピード感や勢いに負けることなく、むしろ曲に乗って衣装チェンジや、
旗乱舞、傘ぶん回しなどの場面が次から次に展開していたが、どの場面も
一つ一つが見ごたえ充分 作り込まれていて感心した

ズバリ これは言ってみれば花嵐の必勝パターンと言えるのだが、
男衆や、踊り手の掛け声、イリハケや派手な演出など 今まで花嵐が
手を出していなかった事や、足りないものを盛り込んでいる分、新鮮に感じた
オレ様が勝手に、花嵐が現状打破するとしたらこんな感じだろうなと
思っていたことを目の前でやってのけられた気分だった ガハハハハ

うん、演出に頼ってるだけじゃなくて踊りもかなりバキバキでした
各部隊の振りもそれぞれ特徴あって楽しいし・・・ 改めてみると・・・イイわ
ウム、やはり花嵐同様各パートが明確なぶんツギハギ感があることと、
それぞれのパートのつなぎ部分で流れが止まる部分があったのが多少
気にはなるが、チーム名のとおり勢いでやりきったな ガハハハハ
いいチームだと思う もちろん来年も注目だな

|

« みちYOSA検証⑫ | トップページ | みちYOSA検証⑭[終] »

コメント

>おーしさん、

みちYOSAお疲れ様でした
面白い演舞見させてもらいました
まだ見ぬ良チームがまだまだあるなと実感

赤鬼さんもとりあえずは満足だったようです

投稿: マニエル | 2010年10月26日 (火) 22時27分

栃木県のYOSAKOIチーム、勢やの躍り子おーしと申します。
先日舞闘無双のことでコメントをしたものです。

今回こういった形でレビューをしていただき大変うれしく思います。
いつも辛口の赤鬼さんも褒めて(?)いただいているようで♪

勢やをこれからも宜しくお願い致します。

投稿: おーし | 2010年10月25日 (月) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちYOSA検証⑬:

« みちYOSA検証⑫ | トップページ | みちYOSA検証⑭[終] »