« ただいまっ | トップページ | 少々お待ちを・・。 »

2010年10月11日 (月)

みちYOSA 10大トピックス 

さて、何から書き始めたらいいのか(^^;

とりあえずマニエル的、ズブ的な今回の10大トピックスでも

直接YOSAKOIとは関係ないようなネタも含め(^^;; 
公私混同、順不同でとりあえず自分の中で感じたことや
印象に残ってる出来事などをさらっと紹介しておきます

●東北勢、着実に進化。しかしながら・・・。
 審査対象、対象外かかわらず 全体的に東北(特に宮城)のチームが
 着実に進歩してましたね(^^)  ちょっとずつですけど・・
 東北のYOSAシーンを応援する者として嬉しい限りです
 見ていて、面白くなったなぁ上手になったなぁと関心
 ただ、元々のレベルがそんなに高くないのと(^^; ペースとしては
 すごくゆっくりなので審査上位チームの進化の方がはるかに急速で
 劇的でその格差は埋まるどころか逆に広がったかも?とも(^^;;
 でも、マイペースでいいんですよ それが長続きの秘訣  

●BさんMCのおもちゃになる
 ちょっと会場を離れて戻ってきたら、うちのブログによくコメント
 書いてくださっているBさんがMCの方々(プロ)に話振られまくり
 ちょっとした時間の繋ぎはもちろん台本もなく、彼らのアドリブの
 腕にたよるところになっている みちYOSAメイン会場の進行
 ことあるごとにいじられてたのがとっても面白かったっす
 そりゃ、会場にマイ座椅子持ち込んでたら いじりたくもなるわなw
 実は北海道から来てるなんて知ったら さら弄られてただろうね(^^;

●北海道勢猛威を振るう
 今年のコンテスト、北海道勢強かったなぁ
 審査方式始まった頃は北海道からのすごいチームがぼろぼろ
 負けていたりして みちYOSAは道勢に厳しいなあなんて 思って
 いたんですが・・・今年のこの連帯率の高さ
 北海道チームがみちのくのスタイルに合わせてきているわけではなく
 見る側の目が数年前とは変わってきたのかなと感じました
 ちなみに、今回一般チームの7ブロック中6ブロックすべてで
 北海道チームが1位か2位に入ってます 両方北海道というブロックも。
 唯一REDAと夜宵が残った②ブロックにはもともと北海道のチーム
 が入っていなかった  おそるべきソーランブランド

●雨のみちYOSA
 土曜日、午後から雨に降られました
 聞くところによると同日開催の安濃津もかなりひどい雨だったようで・・・(^^;
 参ったね、撮影機材は雨には弱い メモだってままならない
 このブログへの速報用の携帯電話も 一度雨天で水没していて
 このまま使っていたらまたいつ画面が映らなくなってしまうかわかったもんじゃない
 ブロガーとしては手足をもがれた状態。  有料観覧席に上がっても
 傘の花が咲いていて視界は良くない  みちYOSAでは傘は禁止になって
 いないんだよね。 禁止にしたとしてもスタッフが少ないので規制出来ないでしょう
 この辺の手際はソーランはたしたもんだなと改めて関心
 傘持って立って見てる人が圧倒的に多い。 傘禁止にしてブルーシート
 に座らせたらお客さんいなくなっちゃうもんね。 それだけは避けたいだろうし・・・
 雨が強くなってくるにつれお客さんもどんどん減ってしまいました
 傘が審査の妨げになるケースもありで 今後対策が必要
 そこでマニエル的にスイッチが入ってしまったんですね
 
●天気の神様、あまりのキ○○イぶりに戦意喪失
 そんな土曜日の雨と、翌日はさらに酷くなるらしいという予報を受け
 こりゃいよいよ日曜日は一般のお客さんはほとんどいないだろう
 ならば我々ウォッチャーが見に行かなくては!という使命感  
 もう逆にテンション上がっちゃったよ  
 どんなに雨降らせようともぜってー負けねぇ!と天気の神様への
 宣戦布告とも言うべき決意をブログに上げ、完全な雨対策を施して
 いざ現場へ! が、しかし・・・ なんとまぁいいお天気
 たぶん お天気の神様もコイツらのYOSA馬鹿ぶりには呆れた
 って雨降らすのやめたんじゃないっすかね~(^^;;
 おかげでやる気マンマンだったオイラのほうは肩すかし食らった気分
 その代わりにカンカン照りにしてくれましたが・・・
 フッ  甘いよ、オイラ ℃祭りで修行済みだもん
 
●YOSA濃いナイト(俗称:ズブ会)成功
 
みちよさ一日目、土曜日夜に開催されるYOSA濃いナイト
 うちらYOSA仲間の間でもこれがお楽しみになってるのです
 だんだんとそんな仲間も増えてきまして 今年はウォッチャー、
 カメラマン、踊り子あわせて10人での宴会(^^)
 牛タンをはじめ仙台のおいしいモノにお酒 YOSA濃い談義
 というなによりの肴もありまして予定時間オーバーするほど
 の盛り上がりになりました(^^) サプライズゲスト的な踊り子さん
 もいらっしゃいましたからね トークの内容はとってもじゃないですけど
 ここでは書けません(^^; オフレコオフレコ
 そのときの様子が同席していたウォッチャーさんのブログに
 写真出てたなぁ(^^)  マヤさん、ブログ宣伝してもいいよん
 
 
●ウォッチャー最前列に勢ぞろい
 日曜日の朝ですね 会場行ってみれば朝早くから おまいつな面々 
 東北のイベントでもしょっちゅう見かけるYOSA好きな方々大集合~
 ホント、そこいらの審査員席よりもこっちのほうがよっぽど厳しい
 目で見そうだなってぐらいのメンツで・・・
 演舞の合間に感想言い合ったり、予想したりってのが楽しすぎ。
 しかし、この日の天気がどうなるかもまだわかってないのに
 こうして最前列で見たくて遠くから来るんだから ホントYOSA好き
 という生き物はつくづく・・・ですね(笑)
 みんなでブルーシート敷くの手伝ったり、濡れてたのをぞうきんで
 拭いたりしてね (^^) 見る側でありながらそういうお手伝いできるの
 もまた楽しいんですよ
 あ、ちなみ普段はなかなか最前列には陣取らないマニエルさんですが
 土曜日に仙台のケーブルテレビ中継に映ったみたいw

●マニエル囲まれる
 REDA舞神楽の大賞決まった後、お祝いの挨拶もかねてマイミクさん
 とこに挨拶に行ったらなんかそれ以外の踊り子さんたちにも囲まれて
 握手攻めに(^^;; オイラ有名人みたい つーか普通逆じゃね?
 うちのブログ・・・チーム内での視聴率が高かったらしい・
 いやいや、ホントありがたい事ですm(__)m
 ただ、みちYOSA始まる前からうちのブログでは舞神楽のみなさん
 には ハードル上げちゃったりアンチ意見呼び込んだりと迷惑掛け
 ちゃった部分があったんでなんだか申し訳なくもあったのですが
 そういう空気をものともしない圧巻の演舞で大賞受賞 お見事。
 すばらしかったと思います 
 
●青森勢総崩れ
 コレね・・オイラもちょっとショックだったわ(^^;;
 かつてはみちYOSAといえば青森勢 みたいなところもあったんですけど
 今年は準決勝にも名前がないという結果に・・・   
 まぁ花嵐のは殿堂入りとしても、馬花道がね
 前述した最前列のウォッチャーの間でも高評価だっただけに驚きました
 MCの方々も信じられないと言ったような表情で発表してましたけども まぁ 
 コレもひとつの結果ですからね  YOSAKOIでは良くあることです
 今回の結果を受けてまた青森勢には奮起してもらいたいなと
 オイラも青森のウォッチャーとして頑張ります!
 逆に今回東北勢としての意地をみせてくれたのが福島勢でしたね
 ずっと前から審査形式の大きな大会を続けているのが福島ですからね
 ここに来てそういう環境で切磋琢磨してきた結果が出てきたのかなと
 郷人の「郷」賞って モロすぎて面白いけど 地域性にこだわってるチーム
 ですからね コレは嬉しい受賞になったんじゃないかと


●みちよさ大賞REDA舞神楽  東北外に流出
 
 もう少しなんかこう・・神の見えざる手が働いてなんとか東北に残るのかな
 と思いきや、あっさり手放したね(笑) いや、でもこの潔さ、逆に天晴だよ
 あれだけのモノ見せられたらケチのつけようがないもんね
 まさに黒船襲来でした(^^;;
 もちろん、ファイナルにでたチームホントにどこもすばらしかったんだけど
 頭ひとつ抜け出ていたというかさ・・・ このチームがすごいのは
 実はそこいらにいるようなおばちゃんやお母さんたちが多いってこと。
 決してダンススキルの高い人やバキバキに動ける若者ばっかりを
 集めたわけではないのに あれだけのモノを見せる手法というか
 キャスティングの妙というか 
 あんなんされたらもう誰も太刀打ちできないなんて諦めるのではなく
 コレって実は東北のチームにとってすごくいいヒントになるような気がします
 
 今年のソーランがそうだったように、花嵐が3連覇した去年までのみちYOSA
 とはまた違う新しい時代が動き始めたのかなぁ?
 てか、このままじゃマズいでしょ 決勝に行った東北のチーム3チームだけとか
 再び東北勢のもとに大賞が戻ってくるのはもう少し時間かかるのかな~
 REDA好きだけど オイラはそれでもやっぱり東北のチームに頑張って
 ほしいと思います  巻き返しますよ~ (たぶん)
 舞神楽、勝ち逃げは許さないので 来年も是非みちのくへ!(笑) 
   
 

|

« ただいまっ | トップページ | 少々お待ちを・・。 »

コメント

>仙台さん、

本編にも書いたけど
衣装チェンジは田舎のジジババにはまだまだ有効。
素直な反応してくれるから、チームとしても喜ん
でくれることはやりたいんだと思う

ただ、飽きられつつあるというのもまた事実
どうせやるなら北海道みたいにインパクト
のあるモノを一回だけとかね

ホントは蒼天、彩湖、祭姫あたりは衣装替え
しなくても充分に見せられるチームと思う

舞台全体の演出、今年のみちYOSAの結果
見るとそういう傾向にあるのかなと
でも、REDAとか郷人みたいなのって
人数いっぱいいなきゃなかなか難しい
やはり人集めって大事なんだと思う

投稿: マニエル | 2010年10月22日 (金) 21時48分

青森における花嵐の影響力は大きいな。
衣装替えパターンが統一されすぎている。
「花嵐→馬花道→もつけんど」の名門チーム。カラーは違えど、衣装替えは同じ。

もう衣装替えは古い時代ってことだな。
面白くないもん(笑)

いちウォッチャーとして、
これからは舞台全体の演出がキーになってくると感じている。

投稿: 仙台 | 2010年10月21日 (木) 15時07分

>仙台さん、

ホント 青森勢不振(^^;
壁にぶち当たってると思います
オイラも花嵐殿堂入りしてなかったら
今年は勝てなかったんじゃないかと思います

たぶん花嵐が青森のYOSA界を牽引してきた
事による副作用がここで出ちゃったのかなぁ
仕切りなおしが必要かも

投稿: マニエル | 2010年10月20日 (水) 23時06分

彩湖舞姫会だが、新作はもつけんどだったな(笑)
みちよさの結果もだが、青森のよさこいどうした!?

投稿: 仙台 | 2010年10月18日 (月) 19時18分

>Bさん、

いじられ役お疲れ様でした(^^;
ほぼ、マスコットキャラクターのような
扱いではなかったかとw
祭りの進行に充分貢献していたのではないかと

来年もぜひお願いしますm(__)m

来年は審査員のオファーがあるんじゃないですかね

投稿: マニエル | 2010年10月17日 (日) 07時30分

> おもちゃになる

 栄えある十大トピックスに選出頂いてありがとうございます(どこがぁ、プンプン(笑))。 私もウォッチャーですから、祭りのスムーズな進行や盛り上がりのためでしたら、おもちゃでも肴でも生贄にでもなりましょう(ニコッ)。 それにしても目立ちましたかね、マニエルさんが桟敷に上がった時の土砂降り、私以外はほとんど退避する中、一人座イスに座ったままで見ていましたから(^^)。 見ている方より踊ったり運営している人はもっとたいへん、閑散とした会場で踊らせるわけにはいきません。雨くらいで退避していたらウォッチャーの看板を下ろさなくてはなりません(えっへん、ね?マニエルさん(再笑))

 それにしても、MC3人がかり、合計15回を超える「いじり」、凄かったですねぇ、またよく観察してました。 雨の中、アンコウ肝汁を食べていたら「雨で薄まって美味しいでしょう」、背を倒したら「リクライニングですか、すっかりくつろいで」、メモ取りしていたら「審査員の審査なさっているんですか」という塩梅。おまけに土曜夕に「明日の朝また来たら、鳴子サブレあげますよ」、日曜朝に頂いたら「夕方までいたら、もう一枚差し上げますよ」だって、あのねぇ(絶句)。 まぁ、決して不快ではありませんでした。食事などで席を立つとき、観客の皆さんの数十の視線は痛かったけど(^^;)。

来年はまず間違いなく真先にMCの方は私を探すでしょ(^^)。 でも、さすがに負担が大きくて来年は行けないと思います。 マニエルさん、すみませんが来年のみちよさ、マイ座椅子を用意して最前列に居てあげてください、私の替わり、なんてね(痛!)

マニエルさん、今現在撮ってきたビデオとメモのチェックなどでプライベートタイム削られて大変でしょ。写真の下に書き残しておきたかった短いコメントも3つくらい書きますが、これを含めてレスポンスはスルーして下さい。      それでは

投稿: B | 2010年10月15日 (金) 08時23分

>よさ好きさん、

振り付けを外部に頼めば良くなる・・・ってワケでも
ないようです(^^;
外注でも、それなり・・のところもありますし
やっぱり 気持ち が一番大事なのかも

青森や北海道でもチーム内で振り付けを考えている
ところもまだまだあるみたいです
まぁその人のセンスにもよるのでしょうけどね

やはりチーム内に振りを考えられる人が居るほうが
なにかと融通が利くような気がします

後は、やっぱり披露する場が多いとそれなりに
見せ方のコツなんかもわかってくるのかも
青森の場合は、ぱっと思いつくだけでも
大きめのYOSAKOIイベント5~6つは
あるんで 数をこなすって大事かなと

投稿: マニエル | 2010年10月14日 (木) 19時38分

>梅しゃんさん、

Gruffですか・・
セミ進出おめでとうございました
とんでもない問題作(笑)
審査員・・・引かなかったのかなぁ

はい、どまつりやソーランですれ違ってる
可能性はと~っても高いと思います

投稿: マニエル | 2010年10月13日 (水) 22時02分

>マニふあんさん、

赤鬼さん呼ぶの・・結構しんどいんですよぉ
基本的にオイラはどのチームもリスペクト
してるつもりなんですけど、あの人たまに
酷い事とか言っちゃうし(^^;;
雨の中で見たからこそ みんなの苦労もわかるし・・

何年か前はもっとここの視聴率もそんなに高く
なかったので好き勝手なこと言えたんですけどね(^^;
顔バレもしてきたし なかなか辛口も言いづらくなってきたというのもあるかな

でも・・・頑張ります

投稿: マニエル | 2010年10月13日 (水) 21時59分

北海道、福島、青森などあのクオリティの高さはなんなんでしょうね

曲は見劣りしないんですが…
振り付けを頼んで作ってもらってる差がでてるんですかね?

投稿: よさ好き | 2010年10月13日 (水) 11時25分

どうも今回Gruffでスタッフをやっていた梅しゃんと言う者です。
初日の雨はひどかったですね(^^;)
まさかセミに行くとは自分達でも思っていませんでした。
ちなみに自分はソーランは井原水産&北星学園で、ど祭りは無形~ムギョウ~というチームで参加しました。
マニエルさんはソーランやど祭りに来てるみたいなのでひょっとしたらどこかですれ違ったりしてるかもしれませんね。

投稿: 梅しゃん | 2010年10月12日 (火) 22時23分

マニさん、早く赤鬼とか青鬼を読みたいよ~思いっきり辛口で本音で書いてくれると嬉しいです。雨のなか意地でも見たんだから、期待感込めてグサッとくるような刺激あるコメ期待してます。一昨年あたりから、甘鬼なコメで正直つまらなくなってさぁ~ガンガンいってほしっす_(._.)_

投稿: マニふあん | 2010年10月12日 (火) 21時27分

>でもいい さん、

お気遣いありがとうございます
オイラのためにそんなに感情的にならんでく
ださいませm(__)m

審査結果に対しての異論や民謡ルールの事は
YOSA濃い談議の延長みたいなもんですから
大丈夫ですよ たぶんこのブログだけですねw

どうしてもコリャあかん という類のものに関しては
意外と簡単にサクっと削除できちゃうし(^^;

投稿: マニエル | 2010年10月12日 (火) 19時55分

>   さん、

出来ればHN書いていただくとありがたいです
REDAの民謡・・・ね オイラも気になってました
ソーラン節はすぐ分かるんですけど

「クボタ民謡お国めぐり」毎週見てるけど
千葉の民謡までは紹介されないからなぁ(^^;

オイラも浅~くしか分からないのですが
それぞれの部隊が順番に出てくる場面ありましたよね
「ひとつとせ~♪」ってヤツ あれが千葉民謡の
銚子大漁節のアレンジになってるようですので
大丈夫なんじゃないでしょうか

投稿: マニエル | 2010年10月12日 (火) 19時47分

>よさ好きさん、

審査基準も審査員の様子も???な
ものがあったりましたが(^^; 
どのチームも頑張ってましたし
それなりに納得のいく結果になったのかなと

また新しい章に突入した感のあるみちYOSA
仙台のチームにもなんとかくらいついていって
ほしいなと思います

投稿: マニエル | 2010年10月12日 (火) 19時33分

>みちよさん さん、

赤鬼さんかぁ
生きてるかしらあの人w
まぁ・・気が向いたら ってことで

投稿: マニエル | 2010年10月12日 (火) 19時26分

>マヤさん、

ホントに楽しい2日間でしたね
こちらこそありがとうございました

またウォッチャー仲間が増えて嬉しい限り
でもいきなり読者増えたら確かにプレッシャーかも
そのうちもう少し落ち着いたらリンクに加えさせて
もらいますね

投稿: マニエル | 2010年10月12日 (火) 19時25分

>Mr.Childrenさん

いろんな面でまだまだ課題の残るみちYOSA
まずはこのお祭りに興味を持ってもらうという
というところから・・・でしょうかね(^^;

そのための審査導入でもあるんでしょうけど
まだまだ準備不足もあうようです

とりあえず今は 踊り子の頑張りをねぎらって
あげたいなと思います

投稿: マニエル | 2010年10月12日 (火) 19時18分

>仙台踊人さん、

みちYOSAお疲れ様でしたm(__)m
REDAの作品凄いですね YOSAを超越してますよね
あれを思いついたその発想力にまず関心です
メンバーは平均年齢をぐっと引き下げている子も
いるようですけど(^^;30代後半だと聞いた気がする

いずれにしてもみちYOSAにとって 大きな
刺激になってくれたのではないかと思います
東北のYOSAKOIもまだまだ熱くなりそうですね
仙台踊人さんも頑張ってくださいね

投稿: マニエル | 2010年10月12日 (火) 19時12分

事前に曲はみちよさ事務局に出して確認が有るでしょ?


名前も書かず失格どうの書いてココを荒らすな。
参加されたチームどこがどう受賞しても

それが審査うけた結果。
みちよさ事務局に直でやってくれ、電話もFAXもメールもあるよ。

ココの管理人に負担かけるなよ。

投稿: でもいい | 2010年10月12日 (火) 18時49分

REDAって地元の民謡入っていました?
ソーラン節だけでは?
そうであったら、これ失格じゃない?

投稿: | 2010年10月12日 (火) 16時43分

審査基準に?がありましたがみなさん素晴らしかったです

宮城チームが遜色ない演舞をしてた事に感動しました

楽しみにしていた宮城県北のチームさんもリニューアルされてて長町から追いかけてたかいがありました

投稿: よさ好き | 2010年10月12日 (火) 07時02分

恒例の 赤鬼さんとの検証も楽しみにしています('-^*)

投稿: みちよさん | 2010年10月12日 (火) 06時18分

感動の涙あり 笑いあり 驚きあり の 盛りだくさんな二日間でした。
ズブ会のお仲間に入れていただいて ヨサ濃いナイトも体験し
マニエルさんのお顔の広さのおかげで
REDAのみなさんに直接お祝いを伝える事もできました!
本当に熱く楽しい二日間でしたよ〜!
ありがとうございました(^^)

>マヤさん ブログの宣伝していいよん
いえ…アクセス1000を越えてるマニエルさんのとこで宣伝だなんて
腰が引けてしまいますって(笑)

投稿: マヤ | 2010年10月12日 (火) 01時02分

数回前からの審査形式。
初夏北海道と違って観光とお祭り気分はドコへやら…。

オリジナリティの有るみちyosaには成りつつありますが

演舞会場の減少、

メイン、勾当台以外はやや盛り上がりに欠け
内輪だけの集まりに成ってしまう

祭りスタッフも一生懸命に頑張る人いれば、遣らされ感の醸し出すボラスタさんも。

札幌でも言われた踊り子、関係者のマナー(特に一般通行への配慮)
は衣装纏ったらドコって解るのだから
まだまだ向上の余地有りでしょう。

回を重ねる難しさがソロソロ見えてくる年数

これからも
秋の仙台恒例行事として認知かつ
喜んで頂く為に
頑張って欲しいですね。

投稿: Mr.Children | 2010年10月12日 (火) 00時59分

仙台でYOSAKOIをやっている者です。今年のみちよさレベルが半端なかったです。セミファイナルでさえ手の届く気がまったくしませんでした。そして、REDA!REDA!REDA!プロのダンス集団かと思いきや、マニエルさんがおっしゃるとおりおばちゃんが半分くらいの「普通の人達」でした。たぶん平均年齢40~45歳くらいじゃないかと・・。テーマといい、演出?といいYOSAKOIを超えてました。でも、悔しいかな、つい手拍子をしてしまった自分がいます。ありゃ、楽しいわ・・・ずるい・・。何がヒントになるのか、今はさっぱり分かりませんが、REDAのようにお客さんが巻き込まれるような踊りがしたいです。来年、リベンジします!

投稿: 仙台踊人 | 2010年10月12日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちYOSA 10大トピックス :

« ただいまっ | トップページ | 少々お待ちを・・。 »