« '10 YOSAKOI検証⑦ | トップページ | '10 YOSAKOI検証⑨ »

2010年8月26日 (木)

'10 YOSAKOI検証⑧

さてさて大詰め ようやくたどり着いた第8ブロック
このブロックはもう 波乱としか言いようのないことが起きました

マニエル予想
1位 VOGUE038
2位 函館躍魂いさり火
3位 テスク&祭人

B予想
1位 VOGUE038
2位 函館躍魂いさり火
3位 三石なるこ会8ブロック

KSG予想
1位 VOGUE038
2位 テスク&祭人
3位 函館 踊魂 いさり火

一次審査予選8ブロック 
結果
1位 市立船橋高校吹奏楽部THEヨサコイ
2位 三石なるこ会
3位 VOGUE038


誰もがVOGUEで固いだろうと思っていたこのブロック
あはは、ウォッチャー3人も揃って1位予想(^^;;
しかもVOGUEはまさかの3位だからな こんなこともあるんだな
まぁケータイ投票でセミにはあがりましたけど まさままさかです
事前予想でこの3連単当てた人居たらすごい 来年予想に参加してください
ウム、競馬なら100万馬券クラスの波乱レースだった ガハハハハ
これだからYOSAKOIは分かりませんね
他のブロックとはちょっと違うというか、いったい何があったんだろうかと…
そりゃオメェ 焼肉食った後のウーロン茶みたいなもんだ ガハハハハ
ちょ、何ですかウーロン茶って・・(^^;
ギットギトの脂っこい焼肉食った後のウーロン茶って最高に美味いだろ?
それだよ ガハハハハ

なんとなくわかるようなわからんような(^^;けっこう濃ゆい演舞のあとの
イチフナが、さっぱりウーロン茶のように審査員にぴったりハマったということですか
ウム、そういうことだ ガハハハ
断言しちゃっていんすか(^^;
それしかないだろう まぁ確かにちゃんとYOSAKOIやっていたチーム
ではあるが、こいつらはヨサコイ部ではなくて本芸は吹奏楽だぞ

いや、だからびっくりしてるんですよ
なかなかやるな、 大友康平
いや、確かに声も似てたし、熱い感じは大友さんっぽかったですが
ちがうから! たぶん、顧問の先生とかだと思います(^^;
なんだ、違うのか ガハハハハ
当たり前でしょ
まぁあれだ、これだけの大人数が一斉に踊るという迫力と、高校生
ならではのキビキビとしたスピード感、そして表情から感じられる爽やかさ、
その辺が評価されたんだろうと思うぞ 派手な衣装、演出でショーアップされた
エンタメ作品と比べて見劣りする部分はあるし このチームも昨年まで
の作風をそんな大胆に変えてきたわけでもないから おそらく「なんで?」
と思った客も少なくないだろう  何より本人たちもこの結果は信じられ
なかったと思うけどな ガハハハハ もちろん、演舞自体は悪くないぞ
あまり欲出さずにこのスタイルを続けてほしいな

あとは、例の審査方法な、オマエも書いてたように 審査員によって
好き嫌いがはっきりするものよりも平均点が高く万人受けのするもののほうが
有利だったということじゃないか?

あ~・・それはちょっと考えました
実力的に考えるとVOGUEってすごく高いものを持ってるんだけど
見る人によって捉え方、評価の仕方にバラつきがあったのかなぁと
いっぽうイチフナの方はどの審査員からもだいたい2位ぐらいのところで
評価されたのかな とかね
となると、安定感のある三石なるこ会も、2位通過は十分ありえると(^^)
三石なるこ会もスタイルとしてはオーソドックスではあるが、今回改めて
ソーランを見つめなおしたいという原点回帰的作品がより評価された
このブロックにおいては有利だったといえるかもしれないな
一時期のチーム存続の危機から脱して、かつてのチーム名に戻してのエントリー
やはり浜のおっかさんの活気はソーランそのものの活気につながると言うことかも
しれんな   準大賞をとったこともあるチームだしな

おっかさんチームが上位に残ると言う意味合いは大きい
作品のほうはどうみましたか
衣裳がチェンジにびっくりしたぞ ガッハハハ いままでも法被裏返したり
といったようなのはやっていたが、まさかの花嵐のようなぶっかえり衣装でな、
三石はそんなのやらんだろうと誰もが思っていただけに衝撃は大きかった

あと、今回は曲の雰囲気もこれまでとはちょっと違ってましたね
ソウルフルなヴォーカルとワールドワイドな楽曲が特徴だったんですけど
和風でかつ地域性を感じられるモノになったことでハマのおかみさんキャラ
との相性もよくなったみたいです
しかしここのカッチャたちは元気だな 運動量もかなり激しいぞ これ
ただ、衣装替える前と後でそれほど内容的には変化はなかったがな ガハハハ

で、今回まさかの苦戦を強いられたVOGUE038ですけど・・・
ウム、これぞワチャクチャ系というべき作品だったな
赤鬼さん、それ当たり前のように使ってるけど、アンタしか使ってないから(^^;;
それぞれの踊り子のエネルギーが融合されてひとつの作品になっていた
豪華絢爛なネオジャパネスク流のお祭りといったところだな

うん、オイラもあれは最初見たときこりゃ今年大賞あるんじゃないかってぐらい
ワクワクしました。序盤からクライマックスみたいな見せ場、山場がてんこ盛りで
この先どうなるんだとこっちが心配になるぐらいでしたがこちらの期待以上に
もっともっと盛り上がっていきました 
最後のほうは、あれ振りだけで全部で何パターンぐらいあったかな?
鼓に傘に、纏だか槍だかわかんねーやつに男女の踊り部隊、テレコ
なんかもあわせたら同じ曲のフレーズで7つか8つぐらいの振りが
それぞれ同時に行われる 踊りの多重奏  見事だったぞ

しかし、前のブロックでも言ったようにこのワチャクチャ系には弱点があって
パレードなどの近い距離から見た場合、何がどうなってるんだかよくわかり
にくい。ステージで見るとすばらしいんだがな 
オレ様はVOGUEに敗因があるとすればそんなトコだと思うぞ


またいい加減な推測してからに・・・
はい、ありがとうございました んじゃ 今回はこの辺でいいです
一旦切り上げますね
 

|

« '10 YOSAKOI検証⑦ | トップページ | '10 YOSAKOI検証⑨ »

コメント

>CCBさん、

コメントありがとうございます
CCBさんのようなVOGUEファンから見ても
ごちゃっとした印象がありましたか(^^;
今回は豪華な衣装や装飾、演出がパレードでは
ややアダになってしまったのかもしれませんね

セミの結果を見てもステージでは強いのですけどね

一方のイチフナのパレードはすっきり見やすい
編成になっていたので 審査員も意表をつかれた
ところがあったかもしれません
吹奏楽部だからマーチングバンド的な活動も
やってるかもしれません だとしたらパレード
は得意とするところだったかも(^^)


投稿: マニエル | 2010年8月27日 (金) 19時42分

>Bさん、

まってました 歩く支部大会広告塔のBさん
9月最初の土日・・・ 道南大会ですね!

はい マニエルさん、
今年に入って3度目の北海道上陸しま~っす
もうバカとしか・・・orz

しかし日曜日は朝早いのね(^^;;
朝市で飯食ってそのまま場所取りのパターンかな


投稿: マニエル | 2010年8月27日 (金) 19時30分

はじめまして、いつも楽しく見てます。
VOGUE大ファンの者ですが、今年の結果には正直ビックリしました。
しかし、パレード見ましたがマニエルさんや赤鬼さんの言ってる事が納得できる。
パレードでのイチフナ良かった!ステージより良かった感じで、ステージよりパレード向きかな。
逆にVOGUEはパレードでの役割が多過ぎて、フォーメーションも大人数のせいかパッとしてなく、何やってるか分かりにくかった。
最後までバタバタ感があり、毎年くっついて応援してたが見てて初めて疲れたかも…。

大好きなチームだからこそこれからも頑張ってもらいたい。
チームカラーは変えずに'05'06のような作品をまた見たい。

投稿: CCB | 2010年8月27日 (金) 07時47分

表題の件とは異なりますが、9月4,5日の道南大会のスケジュールから速報を。

この大会、チーム解散の年に記念に来るチームが結構いるのですが、今年は「札幌男気流」と「清田舞童里夢」がその気配(涙)(清田は毎年来ていますが)

新進では武闘無双とmarionette、新琴似 絆、北照高校などが参戦、青森からは蒼天飛龍、新風!に加えZEROが初参戦、珍しく井原水産が来ませんが、なんと、なんと(応援団長!)、札幌市立大学~真花~が初参戦!!!(嬉) 平岸天神、ここは初めてかも? チームの予定表になかった夢想漣えさしも、踊ってくれるようです(^^)。 すみません、衝撃的だったもので、つい書いてしまいました(^^;)。

投稿: B | 2010年8月27日 (金) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: '10 YOSAKOI検証⑧:

« '10 YOSAKOI検証⑦ | トップページ | '10 YOSAKOI検証⑨ »