« '10 YOSAKOI検証⑧ | トップページ | '10 YOSAKOI検証⑩ »

2010年8月27日 (金)

'10 YOSAKOI検証⑨

はい、続いては第9ブロックです
ここはちょっとわけがありまして・・・さっさとおわってしまいましょう(^^;;
おい、なんだか異常にペース早くないか?
いいんですこれからいろいろ忙しいんです おいらも

マニエル予想
1位 THE☆北海道医療大学
2位 関西京都今村組
3位 金澤こまち

B予想
1位 THE☆北海道医療大学
2位  reinjoy
3位 屯田舞遊神

KSG予想
1位 THE☆北海道医療大学
2位 関西京都今村組
3位 金澤こまち


予想屋予想
1位 関西京都今村組
2位 THE☆北海道医療大学
3位 泉華翔舞美人

一次審査予選9ブロック 

結果
1位 関西京都今村組
2位 THE☆北海道医療大学
3位 京都チーム「櫻嵐洛」



みなさんの予想から、今村組、医療大学の2つはある程度見えていて
3位はどこがくるかそれぞれわかんないといった感じでしたね
で、今回久々にファイナルの舞台に戻ってきたのが関西京都今村組
ちょっと今回の作品やばかった オイラちょっと泣けてしまったもん
ガハハハハハ 相変わらず単純なやつだな
たった一人のために・・って 、まぁお涙頂戴モノのテーマなんですけどね
ウム、こういう人の生き死にとか病気を扱うのってYOSAKOIに限らず
映画や舞台などでも卑怯だと感じる人もいるからな それでも敢えてこの
テーマで勝負するというのはなんとも今村組らしいな

でも、その思いも入ったからなのか すごくいい踊りしましたよ
ヤンキーだとかガラ悪いとか言われたりもしてるようですけど、なんだろ
自分たちの踊りで奇跡を起こせるかも・ってこんな真剣に取り組めるって
なんてピュアな子達なんだろうって・・もうそれだけで泣けてきます(^^;;
たしかに、今までの今村組作品とは違ってたな 勢いとスピードで圧すという
だけではなく、メリハリもあったし 優しさを感じるイイ作品だったな

ちょっとめぐり合わせが悪くて遠くの会場にいかなきゃ見れなかった
んですけど あ~わざわざ見に来た甲斐があったなと(^^)
ズラ~っと立ち並んだ大旗も壮観だったな 今回の作品に関しては
オレ様の中でもかなり高得点 もし順位が決まっていたとしても
5位以内には入っててもおかしくないぐらいだったな

そんな今村組とは方向性としてはまったく逆方向のTHE☆医療大が
ブロック2位でしたね
テント係、頑張ってたぞ ガハハハハ
細かいトコ見てますね(^^;; たしかに裏方さんの努力があってこそですけど。
オイラ的にちょっと今までの医療大学とは毛色が違うように感じました
よりわかりやすくなったといえばいいのかな?
今までに比べたら普通の衣装だったしな ガハハハハ
こういう夢のあるキャラクターものといえば、なんとなく藤北大や極楽とんぼ
あたりの十八番のような気がしてたが 医療大もなかなか面白い味付けで
見せてくれたな  まさにサーカスのごとく演舞を引っ張る役割のピエロ
たちもいい動きをしていたし 衣装チェンジなんかも鮮やかに決まったな
フォーメーション移動の際にドタバタした感はあったが、今までよりも動き
やすい衣装だったのかのびのび踊っているように見えたぞ

たしかに これまでの医療大っぽい作品とは一味違ったモノになって
いるようだな この手の作品としてはまぁ合格点 来年以降どうしていくつもり
なのか気になるところだが、医療大らしさは残してほしいな

はい、ここまでは予想してたとおりですけど・・・
どこがきてもおかしくなかったブロック3位が、京都チーム「櫻嵐洛」
となりました まぁ・・なくはないというチームですけど 高知系大善戦
っていうところでしょうかね
ウム・・そういうことになるが、この「櫻嵐洛」な、見てないぞ
あ、、やっぱり?(^^;;
まぁ オイラも見逃してるんで 必然的にそうかなと(;;;´Д`)

毎年京都からはるばる、しかもけっこう大人数での参加ご苦労様です
が、しかし 実際に演舞を見ていないのにコメントは出来ません
それだけは当ブログのこだわり ですのでご了承くださいm(__)m
とりあえず第9ブロックの検証編はこれにて終了(^^;;

今年の本祭結果 各ブロック上位3チームのうち 一度も拝見
出来なかったの、ココだけです まぁあれだけチームあれば仕方ないわ

そういうのを防ぐためにもなるべく上位に来そうなチームは見ておきたい
と事前に予想もするんですけどね たぶん来年はもっと
あえなくノーコメントになるチームが増えるかと思われます(^^;;

|

« '10 YOSAKOI検証⑧ | トップページ | '10 YOSAKOI検証⑩ »

コメント

>今村@今村組さん、

お忙しいなか、わざわざこんなところまでおこしいただき
恐縮です、ハイ

今回のテーマ、選ぶにあたって苦労なされたことと
思いますが、メンバーはもとより、組を支えるスタッフ達
ひとりひとりの思いまでがビシビシが伝わってくる素晴ら
しい演舞だったと思います
きっとその人にも届いたと思います

やっぱり技術だけではなく「気持ち」って大事なんですね

こちらこそ、これからも今村組のみなさんには楽しませて
もらいたいですし、温かく見守らせていただきたいと
思いますので どうぞよろしくお願いします
ありがとうございました。

投稿: マニエル | 2010年8月29日 (日) 01時09分

いつもここは拝見しているのですが一度もコメントできずにいました。
いつかご挨拶したいなあと思っていたので今回私どものことを書いて頂いてちょうどよかったです。

今回の作品お褒め頂いて本当にありがとうございます。
ただ「一人のために」というのは「勝つ」ためのものではなくもしろ「お涙ちょうだい」と思われて不利だろうなと思いましたが、それ以上に今回のテーマはそれしかないと思って取り組んだものでした。だから自分らの中で「勝負」を超越できていたんだと思うんです。
それが返ってよかったのでしょう。

とりあえず、これで自己紹介できましたのでまたきます。
これからも今村組の子ども達をよろしくお願いします。
今村

投稿: 今村@今村組 | 2010年8月28日 (土) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: '10 YOSAKOI検証⑨:

« '10 YOSAKOI検証⑧ | トップページ | '10 YOSAKOI検証⑩ »