« ヤートセ秋田③[終] | トップページ | へべれけ »

2010年7月 9日 (金)

2010 よさこい津軽①

やっとこさ よさつが(笑)

あ、昨日はね仕事終わった後 急遽実家へ行ってました
テレビが壊れたとかなんとかで配線見てくれと言われてたので(^^;

ブログお休みしてしまいましたが、今日からよさつが編です
もうだいぶ日も経ってきて、この暑さで鮮度的にも痛みはじめてると
思いますので サラ~っとね 

一応 特筆は当日すぐに速報版書いたし

弘前到着したの7:30ちょい過ぎぐらいでした(^^;;
さすがにちと早すぎたかなぁと 思いつつ土手町行ってみたら

もう今か今かと場所取り待ちの熱いファンのみなさんが
いやぁ 毎度の事ながらビックリですね
この日は天気もすごく微妙だったというのに


オイラは昨年同様 A会場に居場所を確保
けっこう強めに雨降ってきたの、コレぐらいの頃だったかなぁ
でも、まだまだ オープニングまで時間あるので とりあえず下調べと
あいさつ回り?を兼ねて「土手ブラ」

やはりステージ会場が一番人気っぽい
YOSAイベでよく見かけるカメラマンさんたちとYOSA談議

2010_0627100117

会場からはずれたところにある、まだそんなに人気もない
駐車場で朝早くから練習する王者チーム 夢想漣えさしを発見

う~ん、この陰の努力があるからこそのソーラン大賞なんだなぁ・・・

もちろん他のチームも時間と空きスペース見つけて一生懸命
練習してたようですけどね  そういう場面を見ちゃうとこっちとして
もちゃんと見なきゃって気になるんだよなぁ

この日は全国からウォッチャーさんカメラマンさん大集結。土手ブラ
中に、たまたま夢想と同じホテルに泊まっていたという遠方のウォッチャー
Kさんから、福士さんとKAZUMIさんを同ホテルで目撃したという驚きの
情報を入手 

福士さんの方は前にも弘前に来たことがあるし、津軽民謡とも縁の
深い方なので もしかしたらあるかもと予想はしていましたが・・・
まさか香澄さんまでも弘前にいるとは

今年のよさつが、いよいよとんでもないことになってきたぞ!
とワクテカのマニエルなのでした

土手ブラ終えてA会場に戻ってきたら、 福島からのYOSA友達
も無事到着されていたようで、 見慣れた脚立と三脚が置いてあった(^^)
いつものメンバー集合です

と、まもなくしてA会場で始まる出陣式のために各チーム集結
何週か前に札幌で会った踊り子さん達とも再会したり 、交流はあったけど
も実際に会ったことがなかったメンバーを紹介してもらったり

A会場、すっかりお客さんも わんさかわんさか でした

で、始まる頃にはすっかり雨も上がってしまうあたり
よさつがの凄い所だよなぁ・・・

2010_0627100126 2010_0627100128
というわけで、香澄さん生唄バージョンの花嵐はお初です
札幌本祭でもパレード会場では生唄verだったらしいですけど
タイミング合わずに見逃していましたのでね
踊ってる人はやっぱり生唄はテンションあがるんでしょうけど
見てる側もやっぱ生だと違いますよね(^^)
新幹線開業も迫っていてこれからますます忙しくなりそうですね
口上のお話からズボンの銀色がレール レインボーカラーが未来へ
の架け橋なのだとやっとこさ理解(^^;;

2010_0627100133 2010_0627100136
花嵐の次に蒼天飛龍 もうファイナル級の豪華メンバー惜しげもなく
続々登場するA会場ぶっちゃけ午後の部になるとけっこうガラガラ
だったりする(^^; ものすごくフリが激しいのでさぞかし若者が多い
のだろうと思うかもしれないけど意外とそうでもないのがこのチーム
のすごい所だと思います 年齢制限ナシだそうです
登龍門 2年目 かなり踊りこまれていて完成度めちゃ上がってます
長い事見てるとそれだけいろいろ思うこと、感じることもあったりで
先日・・・さんさの後だったかな のYOSA談議の中で、
実は登龍門の冒頭の部分は鯉ではなくて一代前の龍、飛龍轟然の
時の龍なのでは? という新解釈も出てきてました 
YOSAKOIは奥が深いですねぇ

って、全然サラッとじゃないな
これだからどんどん報告が遅れていくんだな・・・

2010_0627100142 2010_0627100144
HIRODAI焔舞陣、ウサワの新曲でした  しかもオリジナル曲です
コレだけのメンバー数を擁するチーム青森ではかなり珍しい
100人近くいたのでは?   それだけにオイラ的にもかなり
期待値は高いです 踊りもよくそろっていたし、声も出ていました
まぁ中にはうろ覚えの子達もいたようですけどね(^^;;
初のオリジナル曲としてはまぁまずまずといったところですね
あえて厳しいことを言うならば、「君達ならもっと出来るはず」
若さ、人数 YOSAKOIでこれほどの武器はないです
お手本になるチーム、近いところにもいっぱいいるんで いろんな
チームを見て勉強して いい作品作ってほしいと思います
今後に期待 かなり期待。

2010_0627100145 2010_0627100149
福島から毎年参加  よさ好きおばちゃんさんから代表さんを
紹介してもらいました(^^)  どうやらそろそろ踊り納めのようで
新曲の準備に入ってる様子 ・・・ うつよさ気になるなあ
お月さんのオブジェはありませんでしたが、構成、踊りだけでも
充分見せられる実力チーム  売りはやっぱり「可愛らしさ」でしょうか
ここまで女の子女の子したチームはなかなか見ませんので
(女子学生チームは別としてね) キャラクターそのものが他にはない
オリジナリティになってるんだと思います  それって強みだと思います。
今回はテーマもそのキャラに上手くはまったし   
見たところ若い子達が増えたようですが、このチームにとってはかなり
プラスでしょうね フロントメンバーうかうかしてられません(^^;



さて、今日のところはこんなもんで勘弁してつかぁーさい

明日もまた朝早いんで (^^;

|

« ヤートセ秋田③[終] | トップページ | へべれけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 よさこい津軽①:

« ヤートセ秋田③[終] | トップページ | へべれけ »