« 今年のよさこい津軽はすごいぞ! | トップページ | ’10 YOSAKOIソーラン遠征記② »

2010年6月15日 (火)

’10 YOSAKOIソーラン遠征記①

さて 始めますよ ソーラン遠征記 あったことずらずらっと
書いていきますので 当事者はもちろん、そうでない方も
どんどん混ざってきてくださいね(^^)

今回はいつもより長めにお休みをもらってしまったので
ウォッチャー始めて以来、初のフル日程参加となりました

だもんで、出発したのが火曜日の夜
期間中乗らないから ということで車を貸し出す同僚と八戸へGO

八食センターの寿司しゃぶしゃぶ食べ放題でお腹を満たし、フェリー乗り場へ
寿司美味かったっす  意外と食えないもんだ(^^;

フェリーはかなり空いてました
木曜日あたりからはYOSA客でかなり混むんだが・・・

ワンピース最新巻を読み終わる前に消灯時間(早っ!)
まぁしばらくはまともに寝れないと思うのでこの日はさっさと就寝

目が覚めたの・・・翌日の5:30ぐらいだったかなぁ
船倉から輸送中の牛がやたらと鳴いてました
鶏でも犬でもなく牛に起こされたのは初だよw

苫小牧のお天気はビミョー(^^;
予報では今日はお天気いいはずなんだがな
2010_0610100001

苫小牧のターミナルでは、Bさんがお出迎えしてくれました
荷物いっぱいだったんで非常に助かりました ありがとうございます
ホント、今回の旅ではお世話になりっぱなしです

そんなBさんの案内で超有名店マルトマ食堂にて朝ごはんです
市場にある大衆食堂なんですが 店内は有名人のサインでいっぱい2010_0610100002 2010_0610100005 2010_0610100006

ホッキ丼食べました
ココのオヤジがまたなかなか面白い人で有名らしく
お客さんと気軽におしゃべり

んで、オイラとBさんがそろそろ食べ終わるってところで
まかないのあまりなのか、新メニューの練習かわからんが
どんぶりにチャーハンを上乗せしてきた(笑)

一応まだホッキの刺身乗っかってたんですけど・・・
アツアツのチャーハンて いや、このチャーハンがなかなか
どうしてちょい辛でそれはそれで美味かったんですけどねw

というわけで こちらで朝ご飯を済ませ
次なる目的地、新千歳空港へ・・・
静岡からのYOSAKOIカメラマンIさんを拾ってから札幌に向かうということ

聞いたところ天舞のファンというか、ももちゃんファンらしい
撮った写真も見せていただきましたが いや~素晴らしい写真でした
こうしてみると女優さんみたい(*^^*)
あ、Iさんもうちのブログを見ていただいてるということで、この日
2人目のズブ様ファミリー(なんだそれ?)との遭遇でした
気軽にコメントとかしちゃってくださいね あと・・、写真ほしいです(^^;

今回の道中記、一番のアクシデントはこのあと起きました

3人合流したところでいざ札幌へ!というハズが・・・

車がない!  
だだっぴろい空港の駐車場・・・隅々まで探したんですがね
どのくらいの探し回ったでしょうかね(^^;; 小一時間ぐらい?
毎度ソーラン遠征では何かしらのトラブルがあるだけに
(カメラ壊れたり、チケット一次紛失したり・・・過去日記参照・爆)
「今回は早くも来たか!?」なんて 【盗難】という最悪の事態も想定
車にはオイラの滞在中の荷物も積んだまま・・・さて困った

結局駐車場パトロールの人に相談してみたら
もしかしたら こっちのAゾーンの駐車場ではなくてBゾーンではないのか?と

通路挟んで反対側のゾーンを捜索したら すぐに発見
もうね一瞬ヒヤっとしましたが、いい準備運動になりましたとさw

今回の旅の最大の珍事件 ネタ的においしいので書かせてもらいました
Bさん、ぜんぜん気にしないで下さいね (^^)

2010_0610100007
北海道らしい景色を眺めつつ 車中は終始YOSAKOI話でした
そりゃ~もちろんそうですよね
開催中の予定やら、チーム最新情報などいろいろと盛り上がりました(^^)

ホテルまで送ってもらったところで一旦解散
チェックイン手続きやらなんやらの後 札幌の街に出てちょこっと
買い物、公式ガイドブックとか メモリーカードとか電池とか、必要に
なりそうなものをゲット  この日のお昼は山岡家のラーメン

100609_131143

なんやかんやで大通り公園付いたのは13:30過ぎでした
2010_0610100008_2 2010_0610100010 2010_0610100013
携帯からも書いたけど・・この時期の大通り また帰ってきたなという感じです
今回のステージは深みがかった緑色 だいぶコンパクトになったかな
最近は小人数チームも多いのでもうちょっとコンパクトでもいいんだけど
そうなると150人規模のチームが困るしねぇ・・
見慣れないものがステージ脇に飾ってあったんでパチリ
2010_0610100017
たぶんこのメインステージに協賛してくれた団体や企業でしょうかね
木札が飾ってありました メインステージは協賛企業の看板は
掲げない聖域だと聞いた事がありますが、このご時世にありがたく協力
していただくわけですからこの程度は勘弁してあげないとね

ステージ脇には早くもフリースペース開場を待つお客さんが・・・
もちろんBさんやYOSAKOI撮影常連さんのKさんなど
顔見知りもその中にいるわけですけども まぁそんな時間から
並んでるなんて余程のYOSAKOI好きですから 話が合わない
なんてことは無いですね  すぐにYOSA濃い談義ですよw

んで、聞いてみて面白いのがほとんどが道外の方ってことねw
全国を代表するのYOSA好きが大集結
さながら、見る側のYOSAKOIソーランまつりですよ

どっかのチーム関係者がウォッチャーに成りすまして
この並び列に入ったらかなり面白い話が聞けるかもしれません(^^;
てか、実際居たかも知れないけどさ

Bさんにご紹介いただいて 会場の仕切りをやっていた
学生ボランティアのT君にもここで初対面だったりしてね(^^)
今回はホント そんな早い時間から並んでどうするんだ?なんて
思ってましたが、この待ち時間がとっても面白く あっという間でしたよ

上にあった写真で分かるように 苫小牧と違いこの時間の札幌は
とてもイイ天気・・・・だったんですが(^^;;

Mr.Chidrenさんからの通り雨情報のとおり 今まさに
イベント開幕しますよ~ってところで降って来たよね~ 雨(^^;

まぁそんなに強いってワケではなかったですけど
1日目にして、開催中5日間まるまる雨なしという新記録は崩れる(^^;;
やはり1回あ降らなきゃ気がすまないみたい

ポツリポツリと来る中でYOSAKOIソーラン1日目開幕です・・・

|

« 今年のよさこい津軽はすごいぞ! | トップページ | ’10 YOSAKOIソーラン遠征記② »

コメント

早いもので、札幌本祭が終わってからはや1カ月あまりが過ぎました。 もう遠い思い出となりつつある感がありますが、なんと、これから遠征記の各所にコメントを書いていこうと思っています。 私の場合、文章が長めで写真もなし、流れを壊すおそれがありましたのでコメントを控えてきました。 もうほとんど読んでいる人もいないと思いますので書き始めです。 人呼んで「後乗せ」シリーズ、現在進行の記事は読んでも、このシリーズは無理に追われないよう、お勧め?します。

なお、マニエルさんとあらかじめ打ち合わせまして、このシリーズに関するマニエルさんのレスポンスは原則として頂かないことになっていますので、あらかじめご了承ください。 本人、記事を書くためのビデオチェックのため、ほとんどテレビ番組を見れないような状態とのことで、その点への配慮の意味合いもあります。

投稿: B | 2010年7月22日 (木) 22時05分

>Bさん、

業務連絡
Iカメラマンから連絡ありました~
ありがとうございます

投稿: マニエル | 2010年6月20日 (日) 09時29分

はい、千歳空港から同行した静岡のIカメラマンからの伝言です。 現在、モデムの故障によりインターネットにアクセスできない状況(25日ころ復旧の予定とか)なので、失礼しています。エンタのズブは随分と気になっています、とのことです。

 写真の方は、新琴似以外にも結構「当たり」が多かったということです。 きっとこちらにも紹介してくれると思いますよ。

投稿: B | 2010年6月19日 (土) 19時11分

>応援団長◆十勝港さん、

はいYOSA濃い談義・・・
ウチのブログでよく出てくる言葉です
専門用語?

結構早い時間に会場入りすることが多いので
カメラマン、ウォッチャーが3人も集まれば
当然のようにYOSA濃い談義です

投稿: マニエル | 2010年6月16日 (水) 21時00分

>Bさん、

その節は大変お世話になりましたm(__)m
弘前でお待ちしてます えさし来るんですもの
Bさんか、そっくりなご兄弟は来るはずww

空港の一件はちょっとヒヤヒヤしましたが
ココロの中でいいネタが出来たとガッツポーズ
だったり?ww

投稿: マニエル | 2010年6月16日 (水) 20時57分

マニエル様

遠征記の掲載、ご苦労様です。
『YOSA濃い』・・・
『萌え(燃え)』に匹敵する、とてもいい言葉だと思います。
広辞苑に載るように利用促進運動を続けましょう(笑)。

投稿: 応援団長◆十勝港 | 2010年6月16日 (水) 00時08分

千歳空港で貴重な時間を浪費させてしまったのは、まったくもって私の責任、マニエルさんと静岡のカメラマンIさん、誠に申し訳ない (平謝)

マルトマ食堂の親父さん、こちらではたいへん有名で、テレビやラジオにもよく出演しています。 有名人の来訪はとても嬉しそうですが、かと言って驕ることなく、普通のお客さんが喜んで食べるのを見るのが大好きの様子です。 気さくで、今回は売り物のチャーハンを余計に作って無料サービスです。苫小牧勤務の折にはしばしば通っていましたが、ホタテの汁物にあら汁、煮物などずいぶんとサービスしていただいてました。 きっとやせ細っているので食べるものにも事欠いていると思ってくれたのでしょうねぇ ? 2年ぶりくらいに行ったのに覚えて下さっていて「久しぶりだねぇ」これはちょっと汗かきました。「また近いうちに来ます」ひとつ約束ができました。 生のほっきの載ったご飯の上にチャーハンをアップしたのはご愛嬌と云うことで、ご容赦を。

投稿: B | 2010年6月16日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ’10 YOSAKOIソーラン遠征記①:

« 今年のよさこい津軽はすごいぞ! | トップページ | ’10 YOSAKOIソーラン遠征記② »