« ’10 YOSAKOIソーラン遠征記① | トップページ | ’10 YOSAKOIソーラン遠征記③ »

2010年6月15日 (火)

’10 YOSAKOIソーラン遠征記②

ソーラン初日、水曜日の演舞の様子

いっぱいチーム見ましたけど さすがに全部を書いていくと
年が明けてしまいますので(^^; てけとーにチョイスしながらね・・・

オープニングセレモニー 学生ソーラン

2010_0610100020 2010_0610100024 2010_0610100029

学生さんたちによる総踊り、「POWER」
聞き慣れた総踊り曲ですが、実はこのステージで見るのは逆に
新鮮だったりします こっちの方のイベントじゃまずOPかEDで
総踊りってのが定番ですが 本祭ではなかなか見ないのでね
ワオドリもあまり見に行く機会もないんで(^^;;
「お祭り忍者」浴衣と甚平で和モノ歌謡曲に挑戦 学園祭っぽいノリ
もあり、お祭り感もありで楽しい演目
学生合同による「南中ソーラン」は見ごたえ抜群でした
踊りは正調 隊列や編成などに変化をつけて、実に見事な見せる南中ソーラン
になっていたと思います。 「北人」としてこれをみちよさで披露ってのも悪くない
この初日一回だけの披露ために練習をしたのでしょうね

さてここから一般演舞ですが前半はジュニアチームがほとんどなので
あまり触れないでおきます(^^;; いや、学校行事とかで参加してるのとか
批評の対象にはしたくないですし・・ ざっくりとね
どのチームも一生懸命がんばってたと思います

2010_0610100049 2010_0610100058
六花風靡Jrなんかは演出も凝っていてジュニアらしからぬ独特の
世界観を表現、行く前にちょこっと話題にのぼった韋駄天FUKUZUMI
キラキラカワイイ衣装で元気に踊ってました 何やら今年で最後みたいな事を
言ってたようですが・・実にもったいない

一般演舞ですが前半はジュニアチームがほとんどなので
あまり触れないでおきます(^^;; いや、学校行事とかで参加してるのとか
批評の対象にはしたくないですし・・ ざっくりとね
どのチームも一生懸命がんばってたと思います

2010_0610100049 2010_0610100058
六花風靡Jrなんかは演出も凝っていてジュニアらしからぬ独特の
世界観を表現、行く前にちょこっと話題にのぼった韋駄天FUKUZUMI
キラキラカワイイ衣装で元気に踊ってました 何やら今年で最後みたいな事を
言ってたようですが・・実にもったいない

2010_0610100061 2010_0610100074
ここから一般チーム、屯田舞遊神も事前にブログでちょっぴりだけ名前が
上がっていたチームですが、少人数ながら、曲もいいですし、構成も工夫されてる
踊りも揃っていてこの日のために練習しているんだというのが伺えます
知名度は低そうですけど(^^;、オイラこういうチーム好きです
名物チーム、札幌男気流、今年で最後というのはホントだろうか?
ホントだとしたらまたそれも悲しいのですが・・・ 今年の男気流は
いつもの黒づくめではなく 白。 統一したものではなくそれぞれ
違う衣装でちょっとしたEXILEみたいにも見えなくもない(^-^)
和にウエスタンをとりいれたらしいですがカントリーではないです
このイメチェンはたぶん成功だと思う  踊りのほうはいつもより
余計に踊っております~ てな具合でですが 男くささ、力強さはコレ
までどおり(^^) お楽しみの男気流ロケットもしっかり出た

2010_0610100080_2  2010_0610100093
この日、やけによく見えたチームの一つ 粋~IKI~(北海学園&ほくせんカード)
明らかにこれまでにない気合の入りよう 見事な演舞でした
やはり踊れる男衆は強みだね  上位入賞チームにしては 後ほどまた
細かく書くつもりなのでここではあまり突っ込まないでおく

2010_0610100107 2010_0610100122 2010_0610100125
酪農学園大学は、今回は成績の方はイマイチでしたかね(^^;
テーマは「傾奇」とのこと、このテーマ昨年いさり火がやってコケたネタ
ですが(オイラは結構好きでしたけど) これって難しいんですかねぇ(^^;
まぁこのブロックはVOGUEが3位と波乱含みだったので何があったのか
わかりませんけどね(^^; 個人的には和のエッセンスが強いのは好きです。
男隊と女隊で衣装が違うってのはここがかなり早かったと記憶してますが、
最近はすっかり主流になりつつあるようですね  演舞の方は今回は珍しく
主役級の男子を3人立てて 力強さが前面に出た踊りになってました
そのせいもあってか このチームの魅力でもある衣装の袖さばきの美しさ
があまり感じられなかったのが残念だったかな まぁそこを気にして見てる
人はあまりいないかもしれませんけど(^^; 最近は学生チームにもプロの手が
加わってきてるようですが、このチームにはコレからも変わらず学生らしい
作品を続けて欲しいと思います。東海大学~祭屋~も学生らしさが残る
チーム。人数もそれほど多くなく、派手なわけでもないですが(^^;
彼らなりの創意工夫が感じられます 衣装の炎の柄は遠くからだとちょっと
分かりにくかったかもしれませんね
灼熱乱舞、こんな威勢の良いファミリーチーム嫌いじゃないです
子供達よりも、おじさんが張り切ってノリノリで踊ってるの見ると
嬉しくなっちゃいますね 演舞後のお酒は格別でしょうね(^^)

2010_0610100133 2010_0610100149 2010_0610100161
札幌私立大学YOSAKOIソーラン部~真花~は3年目でセミ進出ですね 
今回の作品はちょっとあっさり目でしょうかね? こちらのコメントも後ほど
改めてってことで 翔舞龍神は旗振りのちびっこがなまらめんこかった
後半のサビの部分も楽しそう 年配の方もハッスルしてて 見てて気持ちいいね
こういうチームは上手いとか下手とか関係なく、祭りに必要です
marionette、アニメーションなダンスで見せてくれます めざせ はむつん
これ見たYOSA好きさんが声をそろえて言いましたとさ 「あ、舞docomo!」(^^)
半数はYOSA初心者だそうですけど、半数はたぶんその流れの方々では
ないのかなと予想 チームコンセプトの通り なかなかのエンターテイナー
っぷりでお客さんを楽しませてました YOSAはジャンルは多様であっていいと
思うんでこんな個性的なチームがもっと増えてくれたらいいなぁと

2010_0610100166 2010_0610100195 2010_0610100244
藤・北大は今回はキャラクター性ではなく、作品そのもので勝負
見事にファイナル進出です 粋同様 大きく化けた印象のある学生チーム
こちらも後ほどまた改めて(^^; 実に色鮮やかでビジュアル的にも楽しませて
くれたのがコカコーラ、今年も見せてくれました こちらのチームに関しても
また後ほど・・って上位進出チームはここでは最初から割愛していきますね(^^;
粋彩雅祭~いっさいがっさい~、こんなチーム ノーマークにしといたら
勿体無いですねぇ~アットホームなファミリーチームですが、踊りは
なかなかの本格派 クラシカルな浜のYOSAKOIをきっちり踊り上げます
また踊ってる人の表情がいいいんだわ
やっぱり潮の香りがするソーラン、良いですね~(^^)

さて、本日はこの辺で切り上げておくかな(^^)
マイペースでいきますね

|

« ’10 YOSAKOIソーラン遠征記① | トップページ | ’10 YOSAKOIソーラン遠征記③ »

コメント

★marionette(マリオネット)

 2年前まで存在していた舞Docomoの踊りを継承しているようなチームです。 今年は(おそらく審査対象として)全チーム中、最少の人数で参加したそうです。 ほとんど10人くらいの規模のチームで、舞Docomoで踊っていたメンバーが半分と云う情報がありましたが、おいでな祭で拝見したところ、平均年齢20歳ちょっとかな?というくらい若いメンバーで構成されていました。 衣装は黒地に胸のあたりに大きな白の手形二つ、いたってシンプルです。 踊りは舞Docomoを彷彿させる切れの良い部分にオリジナルの振り付けも加えられています。 デザインは芸術志向かな?と思わせますが、解り易いので観客の反応もまずまず。これから4年、5年かかるかもしれませんが、舞Docomoが初登場して喝さいを浴びたあの演舞に匹敵する衝撃を味わってみたいですね。 9月4,5日の道南大会(函館)に出場予定とのことでした。生まれ変わって発展途上のチームではありますが、温かく見守っていただければ幸いです。

投稿: B | 2010年7月23日 (金) 22時45分

あれまぁ、こっそり書き始めていたので、見つかるとは驚きました。 応援団長◆十勝港さま、帯広の十勝大会ではご案内いただきまして助かりました。ありがとうございました。千歳トーナメント大会、マニエルさんに猛抗議の筈が遅刻で責められて一転守勢に(^^)、ちょっと意外だったでしょ(笑)。

さて、ご照会のありました函館元祖婆あYOSAKOIの消息ですが、何の心配もいりません! 新しい楽曲に新しい衣装と振り付け、80歳以上の女性も含めて皆さん、とても元気そう。 青森春フェスティバルで元気な演舞を披露されていました。 今年の本祭、たいへんな炎暑に見舞われましたから、年齢と健康を考えると、かえって回避して良かったような気がしています。 9月4,5日の道南大会(函館市)では間違いなく元気な演舞を披露されると思いますよ。

残念な消息を一つ。 滝川市で活動していた滝川鳴子遊戯というチームが、今年の支部大会(おいでな祭)に出場されていませんでした。 旧産炭地を多く抱えるこの地域、毎年姿を消していくチームが後を絶たず、今年は支部所属のチームがわずか4つ、これまであった「支部大賞」も今年は打ち切り、という涙の出るような状況です。 支部大会に出場するチームも、今年は車で僅か1時間半と近接した千歳で開かれたトーナメント大会に出場するチームが多く、確保に大変苦労されていたと伝わってきています。 応援団長さまのチームをはじめ十勝のチームの皆さん、手弁当なのではないかと思いますが、来年はぜひこちらの大会への参加、ご検討をお願いします。

投稿: B | 2010年7月23日 (金) 18時30分

Bさま

精力的な活動、ご苦労様です。
捜索ついでに函館の『元祖婆あYOSAKOI』の消息も掴めないのですが、何か情報ありますか?
こちらを御覧の方で、情報をお持ちの方でも構いません。よろしくお願いします。

投稿: 応援団長◆十勝港 | 2010年7月23日 (金) 12時37分

★ チームの消息 ?

ここでいくつかのチームの去就について触れられていましたので、これまでに聞いた消息をまとめてみます。

韋駄天FUKUZUMI(札幌市)、元風会(当別町)、清田舞童里夢(札幌市)は残念ながら今年で解散することを明言されていました。 元風会は10周年表彰を受けた直後に解散を表明、悲しいですね。 清田舞童里夢の子供たち、ほとんどの大人のチームに入っても中心で踊れそうな子達がたくさんいます。先日、マニエルさんに「十和田に移住してもらって、馬花道で踊ったらば」と冗談を言いましたら、「最強のジュニアチームができるわい(笑)」今年の十勝支部大会でジュニアの大賞を受賞、考え直してくれませんかねぇ。

札幌男気流、南月遊天舞は解散を「示唆」されていました。 個性派の男気流、とくに惜しいですね。

舞花鈴、消息がつかめませんでした。 いんからいぶ、札幌マダム、鼓、姿が見えませんでした。どうされたのでしょう。

函館斗燃組はいったん解散してから再結成という形をとりました。今年は地元の道南大会出場も難しい状況だそうですが、頑張ってほしいですね。 唯一嬉しいニュース、昨年活動の痕跡がまったく見つけられなかった函館の 祭 進鮮組、今年は「この文化を廃れさせてなるものかぁ!」と威勢よく回帰、輪踊り会場で踊っていた模様です。

投稿: B | 2010年7月22日 (木) 22時52分

★ 学生ソーラン 南中ソーラン

 2年前まで、学生ソーランの南中ソーランは各校に人数を割りつけて人を集めていたそうですが、昨年は有志による演舞、なかなか切れ味のある演舞でした。 今年は男性の踊り手がひじょうに多く大変勇壮な演舞でした。しかも群表現なんかも抜群に工夫されていて、この日のたった一回の演舞のために膨大な練習量を積み重ねてきたようでした。 お見事! 大きな声では言えませんが(^^;)今年見た中で最高の南中ではないかと思いました。 もし、このままの演舞を秋のみちのくよさこいに「北人」として持ってきたら、ひじょうにセンセーショナルな反響が起こりそうです(別のオリジナル演舞濃厚ですが)。

★粋彩雅祭(いっさいがっさい)

 こちら道央地区の地方大会によく遠征してきてくれているチームです。 いつどこで見ても雰囲気の暖かい良いチームとの印象があります。 2年前まで、マイクを手にして長ーいコードをいっぱいに伸ばして歌い、そして踊ってしまう個性的なエンターティナーがいましたが、現在は代替わりしていないとのことでした。 前面で踊っている小さな女の子、幼稚園だそうで、あどけない表情はとってもいいですよ(^^)。

★札幌市立大学”真花”

 マニエルさんの文章では私立となっていますが、公立の大学「市立」でございますよ(^^;)。 いつ開花してもおかしくない技量を持っているチームで、良い指導を受けたのでしょうね、初年度から高い評価を受けています。 これまで本祭以外では見ることのできないチームでしたが、今年はガーデンパークの催事「どさんこ感謝デー」(セミファイナル以上の成績のチーム13チーム14演舞、土日開催)に姿を見せていました。私は近いうちに「ガツン!」とくるチームだと思っています。 

投稿: B | 2010年7月22日 (木) 22時30分

>マリリンさん、

今回はいろいろな壁を乗り越えての出場となったようですね~
やっぱりチームの数だけドラマがあるんですね

チームの規模による格差ってのはどうしても
あると思いますけど、小さいチームには小さい
チームなりのいいところがありますからね
そういうの見つけるのが好きなんですよ(^^)

投稿: マニエル | 2010年6月30日 (水) 20時19分

>ピングーさん

いらっしゃいませ
ホントはみなさんの演舞見てる人はいっぱい
居るんですけど  なかなかこういう場で改めて
感想とか書かないですからねぇ(^^;
成績上位のメジャーチーム意外にも面白いチームが
居るよって ちょっとだけスポットを当ててあげる
のがこのブログの役割かなぁ

審査だけがすべてではないんで、これからも
自分達らしく楽しんで下さいね

投稿: マニエル | 2010年6月30日 (水) 20時14分

粋彩雅祭のマリリンです。
マニエルさんにこんなに褒めて頂けるなんて踊り子の皆は喜んでいると思いますヽ(*’-^*)。
今年は合同練習中にくも膜下出血で倒れて踊れなかった私は皆より1段上?からのお仕事をさせて頂きましたので貴重な写真には載ってません(泣く)
写真に載ってる人達は。踊り班の優しいママ。新人の若い子たち。後ろにいる男性はヨサコイ命?のかた。
来年はもっと!もっと!!イイものを見せてくれるはずですので粋彩雅祭の応援をお願いします_(._.)_

投稿: マリリン | 2010年6月29日 (火) 14時21分

はじめまして。
いっさいがっさいのメンバーです^^

お褒め頂きありがとうございました。
こうやって踊りを見てくださった方から感想を聞くことができるともっと頑張ろう!!って力が湧いてきます!

ありがとうございました!!

投稿: ピングー | 2010年6月29日 (火) 12時32分

>Honey♪さん、

そうです マニエルさんて青森県人です
十和田在住のね
青森人のクセに毎年ソーランいってます(^^;

粋彩雅祭、いいチームですね
長く続いてほしいと思いました

投稿: マニエル | 2010年6月16日 (水) 21時02分

粋彩雅祭は
私の初よさこいだった
忘れもしないチームです

代表の憎めないキャラと
何よりメンバーが仲良く
素敵なチームです

マニエルさんって
青森の方ですか?

私地元が
岩手の久慈なので
八戸って聞いて懐かしく
なりました

投稿: Honey♪ | 2010年6月16日 (水) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ’10 YOSAKOIソーラン遠征記②:

« ’10 YOSAKOIソーラン遠征記① | トップページ | ’10 YOSAKOIソーラン遠征記③ »