« 第5回 AOMORI春フェスティバル④ | トップページ | 第5回 AOMORI春フェスティバル⑥ »

2010年5月 8日 (土)

第5回 AOMORI春フェスティバル⑤

今日のピアドゥ祭

重要な情報が一つ
今年の『はちのへYOSAKOI』本祭はどうやら11/27(土)らしいです
閉会の挨拶で秋山さんが言ってました

八戸のYOSAKOI関連情報はネット環境があってもなかなか
掴めませんのでね(^^;  コレは重要な情報が入りました

北海道から6チーム呼ぶそうです
あそことあそことあそこは確定だな・・・たぶん

さて5/5駅前公園会場の続き~

舞鼓童
2010_05050202 2010_05050204
JCBのOEZOを髣髴とさせる衣装なんて思うのはYOSAヲタだけか?
さて、今までの作品から考えると割と大きめな路線変更というかシフト
チェンジになるんですけども、このチームのキャラクター的にもこれは上手
くハマったのではないでしょうか  「招福笑来」というテーマに、
「俵積み唄」でまさにめでたづくしの、見てるお客さんがついつい笑顔に
なってしまうような作品 お祭りは楽しくてナンボというのを改めて感じました
表参道のよさこいにも出ているようですし この路線良いと思います
そうね、マニエル的プロデュースするなら コスプレ七福神隊投入でしょうかw

あっせんぶる
2010_05050207 2010_05050206
岩手から参加の総踊りの合同チーム
単独で出るには人数が集まらないんだけど春フェスで踊りたい!
って人たちの集まりでしょうか
お客さんの飛び入り歓迎とのことでしたが曲が「黒田節」・・・
そんな総踊り曲初めて聞きました (まだまだ修行が足りませんね)
「酒は呑め呑め呑むならば」のあの黒田節・・たしか福岡の民謡だったかと
これをなぜに岩手の合同チームが踊ってるのか?というのがよくわからな
かったりしますが(^^; なにやら楽しげな総踊りであるのには間違いない
客として見に来ていたわげもんのトミィ兄が乱入  いつものエンタメスピリッツ
でみんなの視線を釘付けにしてました 何か武器持たせたかったね(笑)

ジュニア’S HIP HOP
2010_05050217 2010_05050221
きゃさりんブランド第1弾
本隊のことで忙しいハズなのにいったいこの子たちをいつの間に
ここまで仕上げてくるんでしょうかねぇ・・・と感心
曲はかなり本格的です というか 前に本隊で使ってたヤツをアレンジしたみたい
かつて本隊で使った“よされ”のフレーズなんかもそのまま出てきますし
花嵐ファンは思わずニヤリだったのでは
HIPHOP講座の生徒さん達ですが、ちょっとしたステップ程度であとは
普通にYOSAKOIしてましたね  この子たちにとっての本芸ではないで
しょうけどこれでYOSAに興味もってくれたら青森のYOSAKOIの未来は
明るいのかなと

小柳保育園ばら組
2010_05050223 2010_05050226
きゃさりんブランド第2弾
この保育園のYOSAKOI(お遊戯の時間?)の指導もやってるのだそうで・・・
津軽の歌姫 高瀬まみの「華吹雪」での演舞でした
こんなにちっちゃいのに よく覚えるなぁ・・
子供達は元気が一番です  まぁココはオイラが出る幕ではないのでノーコメントね
これ見てて、オイラが小学校の運動会の時「のへじ音頭」を
学年で踊ることになってねぇ イヤイヤ練習したのを思い出したww

しもなが舞鼓連
2010_05050232 2010_05050234
イントロでお経とかが流れて 千手観音が出てくる場面も。
鎖国状態の八戸地域にありながら積極的に外に出て活動してるのが
しもなが舞鼓連 その成果もあってか年々進歩してるのが感じられます
ローカルファミリーチームとしては頑張ってるんじゃないかな
「じょんがら節」を使っていることもあってか手踊りを感じさせるような
振りが随所に見られます この辺は年齢層的にも得意とするところでしょうか
北海道の某ウオッチャーさんが、平岸天神のフリが二箇所入ってた
と興奮してましたw

よさこい知求群会
2010_05050235 2010_05050238
昨年、発見された新種のYOSAKOIチーム(^^;;(なんだその表現)
いやでも、 ホントこれだけ県内のイベントありながらオイラも
昨年のソーランで初めてその存在を知ったもんですから・・
おそらく地元では前々から活動していたのでしょうけど
今回 満を持して春フェスデビューです  唄は今千里さん 綺麗な声です
作曲した 鳴海さんというのは白神の鳴海さんかな?
小さい子達も多いのですしローカルチームではありますが、
フォーメーションの作り方や踊りの丁寧さに札幌出場の経験が
活きているような気がします 鳴子の鳴らし方も心得てるようです

|

« 第5回 AOMORI春フェスティバル④ | トップページ | 第5回 AOMORI春フェスティバル⑥ »

コメント

>ユキヲさん、

お返事遅くなりました
カキコミありがとうございます(^^)
はい、舞鼓童の目指すところがなんとなく
見えた気がします。 
予算は・・ホント、どのチームも頭を悩ませて
いるようで なかなか理想どおりには行かない
もんですよね(^^;
これからも舞鼓童らしい楽しいヨサコイ続けて
くださいませ


佐世保総踊り「がらぢう」と表記するとは
知りませんでした 
教えていただきありがとうございました(^^)

投稿: マニエル | 2010年5月11日 (火) 19時57分

>くまこさん、

やっぱり福岡民謡でしたか
どういうルートで岩手に入ってきたのか不思議です

見よう見まねで誰でも出来そうな感じでしたね
さんさあたりでも見れるのかな?

投稿: マニエル | 2010年5月11日 (火) 19時31分

初めて書き込みします(^∀^)4日に挨拶しました“舞鼓童"のユキヲですm(_ _)m

今回の新曲、曲調や振りに込めた代表の意図、マニエルさんに届いていたようで、嬉しく思います(o^∀^o)ありがとうございます

七福神…実は案が有ったんですが、準備や予算の関係で…(汗)
“宝船型の地方車に乗せて…"って案も有ったりしました!(b^ー°)

いや…だから予算が…(汗)(汗)


PS.佐世保の総踊り曲、タイトルは“がらぢう"と表記します(^-^)

投稿: ユキヲ@舞鼓童 | 2010年5月 8日 (土) 23時51分

黒田節、福岡の民謡です!
福岡のお祭りの総踊りだそうですよ。
春フェスで私と一緒に歩いていたメンズが去年そうの祭りに参加してました。
マニエルさんに紹介すればよかったですね~
そうしたら、黒田節の謎も解けたかも!?
私はこの曲踊れるようになりたいです!
まだ振り真似程度ですので・・・

投稿: くまこ | 2010年5月 8日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 AOMORI春フェスティバル⑤:

« 第5回 AOMORI春フェスティバル④ | トップページ | 第5回 AOMORI春フェスティバル⑥ »