« 09 みちのくYOSAKOI ⑭ | トップページ | 09 みちのくYOSAKOI ⑯ »

2009年10月22日 (木)

09 みちのくYOSAKOI ⑮

どもども、最近の休みは家にこもっていることが多いマニエルです

だったもうちょっと記事書くペース上がってもよさそうなモンなんですけど
結局ダラダラとして 書きはじめるのが夕方からとかになりがちです

PCには向かってるんですけどね サン牧とかさぁ

なんとか7ブロック最後まで来ましたよ
このブロックは熱戦だったなぁ


とみや つーぐらいだから富谷町のチームだろうね
なんだかとってもカラフリャな衣装が印象的でしたけども
派手派手だったな  楽曲もメドレー形式でにぎやかだったぞ
ですね、メンバーを見るとこちらも親子レク的な印象ですが
ご当地PRソングなんかもガッツリ入っていましたので
地域密着型のチームのようです
ウム、大人も子供も楽しみながら元気な地方をアピールしてた
ポップにアレンジした童謡なんかも入っていたりして子供達も楽しめる
作品になってました かわいらしいお遊戯っぽい振りが多かったです
審査は出ても出なくても良かったと思うがな ガハハハハ
また、そういうこという・・・(^^;;
一回でも多く踊ればPRのチャンスになるじゃないですか

ヤートセ秋田酔楽天
もう今回は相当な決意と覚悟で挑んでいたと思います
オイラもちょっとアオり過ぎたかなという気もあるんですけどね(^^;
事前にいろいろ聞いていただけに 見る側としてもかなり緊張
したというか、こっちまで緊張が伝わってきてね なんか泣きそうに
なりながら見ちゃってたよ カッコよかったんだけどねぇ 
ウム、 その勝ちたいという気迫は並々ならぬものがあったようだ
その妙な緊迫感が客に伝わってしまったのか、終わった後の
反応がイマイチよくなかったな 張り詰めた空気のままだった。

うん、演舞中もなんか静寂を感じる場面があったし・・
ウム、おそらくそういう演出意図だとは思うが、 曲中では踊り子が
声を発する場面も少なく、実は鳴子をも 鳴らさないようにしている。
「踊り」以外の要素を削れるだけ削ることで踊りそのものに注目して
もらおうという狙いはあるかもしれない

え、そうなんですか? まぁ 衣装脱いだり小道具持ったりはせずに
硬派で泥臭い踊りにこだわるってコメントは読んだ気がするけど・・・
作品の中で「静寂」を感じたのはそういう演出意図の効果かもしれんな
しかし、派手でショー的な要素がどんどん高まっているこのご時勢で
踊りの本質だけで 評価を受けるというのはかなり難しいだろうな

それでも、このチームにはこれからも今のスタイルにこだわり
続けて欲しい そう思える 迫真の踊りだったぞ

早くも来年のリベンジに向けて闘志を燃やしているようですね 
ウム、それは悪いことではないと思うが、勝負にこだわりすぎて
慎重になるあまりに、その一番のウリである踊りが小さく遠慮気味
なっていた部分もあるように感じた

あ~ 失敗や揃えることを気にしすぎたのではとウォッチャー仲間
も言ってました オイラも水沢とかで見たときは この日とは違う
迫力を感じていたんですけど それが出なかったのは勿体無いかなぁ
もう少し 肩の地から抜いた方がいい結果に繋がるかもしれませんね
いずれにしても、やっぱりオイラとしては秋田からファイナルに進出する
チーム出て欲しいんでこれからも応援したいと思います(^^)



沙亜紅
鮫っぽくなってきましたね~(^^)
中に着ているヒラヒラもだんだんフカひれに見えてきたぞ ガハハハハ
踊りも勇壮さを感じる振り付けになってて いろいろ思いを馳せながら
見てました 想像力掻き立ててくれる演舞ですね
ウム、一貫して こだわっているコンセプト これからも続けて欲しいな
名産品PRチームだが、作品自体もなかなか面白い成長をしているようだな

そう、こういうチームの成長を見るのってウォッチャーとしてスゲー楽しいです
もう少し人数が増えてくれると、いろいろ試せることも増えるし
分かりやすくて印象的な場面なんかも作っていけそうですね
ウム、まずは今の作品をどんどん踊り込むことだな もっと体を大きく
使うだけで見栄えがぐんとよくなる筈だ


とわだ.馬花道
まさかまさかの2年同じ曲でファイナル 行っちゃったね(^^;;
ま、審査員は同じ人ではないみたいだから同じ曲でも
あまり影響はないみたいなんだけどね
ウム、ぶっちゃけ もう本人達が飽きていて テキトーな感じで
仕上げてくると思ってたがな ガハハハハハ

ひでぇ(^^;;  でも、確かに このところの小さいイベントとかで
見る限りは ずいぶん手抜いてるというか 出来はイマイチに感じてた
ソーラン本祭が終わってぷっつり緊張の糸が切れたようだったろ?
そうなんですよね それが 蓋を開けてみたら これが仕上がっていた
放牧明けのレースでいきなり大駆けしちゃった・・みたいなね
声は出てたし 踊りも揃っていたしで 久々に会心の出来でした。
審査演舞直前に熱いYOSAKOIの血を引く新たな命が誕生した
ということで良いムードになったようだし 神がかっていたところもあるな

うん、そうなんだよね~ コスモがその仔へと夢を託したというストーリー
と上手くリンクしたことで、いよいよ この作品も最終章を迎えたのかも
2年連続同じ作品ということで衣装を1パターン増やすという
悪あがきもどうやら好評だったようだしな。

悪あがきって(^^;;  まぁ そのせいでラストは赤→ピンクで
若干インパクトは薄くなっちゃったかもしれないですけど それこそ
血統がモノをいう世界のお話ですので未来へ繋げたその血の
イメージか、はたまた復活へ望みを賭ける人々の情熱の色かと
考えればなんとなくキレイには解釈も出来るかな
そうか、オレはそこまで考えずにとりあえず変化付けるために
増やしただけのような気がするけどな ガハハハハハ

変化といえば最後の5本旗もちょっと凄かったですね あれは参った
聞いたところによるとファイナル演舞直前に考え付いてその場で
練習したらしいですけどね(笑) 
このチームはそれぐらいバタバタしたほうが良い結果が出てる気がする
まぁなんにせよ、3賞のうちの匠賞まで獲っちゃいましたね
もうさすがにこれ以上は騙しきれないと思うのでww 来年は
新曲で出てほしいと思います たぶん仙台のお客さんもだいぶ
楽しみにしてるだろうからね


はい、これでようやく7ブロックまで終了です


予想
1位 ヤートセ秋田酔楽天
2位 とわだ.馬花道

結果
1位 とわだ.馬花道
2位 東山道三蔵



もうココまで来たら 予想が当たるとか当たらないとかどうでもいいの
とにかく みなさんの熱い演舞を見てるだけで胸いっぱいになりました
感動したよ  ホント お疲れ様でした

2009_10130204 2009_10130207 2009_10130214
YOSAKOIとみや大清水

|

« 09 みちのくYOSAKOI ⑭ | トップページ | 09 みちのくYOSAKOI ⑯ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09 みちのくYOSAKOI ⑮:

« 09 みちのくYOSAKOI ⑭ | トップページ | 09 みちのくYOSAKOI ⑯ »