« 09 みちのくYOSAKOI ⑥ | トップページ | ごめんなさい »

2009年10月16日 (金)

09 みちのくYOSAKOI ⑦

今日はほぼ時間どおりに退社

早く帰れるって嬉しいなぁ(^^)

審査についていろいろ論議が起きてますけど
オイラ的にはこれ以上ルールでがんじがらめにはしないで
欲しいんですよね  YOSAKOIはやっぱ より自由であってほしいので

元々は「鳴子」と「民謡」の2大原則だけだったはず
それ以外に細かいルールいろいろ設定しちゃうから
あちこちからいろんな声が出ちゃうんだと思う

ま、スムーズな進行のために 4分30秒・・というのは実際のところ
厳しいと思うので、余裕もたせて スタンバイから退場までで5分
ぐらいでやって欲しいですね

どんなに前フリの挨拶長くてしゃべってる途中だったとしても
呼び込みしてから20秒経ったら強制的に曲スタートさせちゃうとか(^^;

2009_10130109 2009_10130110_3 2009_10130116_3

祭・WAIWAIよこはま
なかなか威勢がよろしいようで(^^)  良いと思います  
今回のめっけもんといえばめっけもんだろうなぁ
仙台初上陸でなかなかインパクトを与えたのではないかな
踊り自体はそれほど複雑ではないですけど、大人数の迫力
と力強さ、スピード感とチームの一体感 YOSAKOI独特の
爽快感を感じる作品 個人的に気に入ったところで横浜
のチームですんで次にお目にかかるのはいつになるか
わかりませんが(^^;;  最初で最後ってのもあるかもな~

笑囲咲。
個人的にこの最後の「。」が気になるねぇw
戦力的には若手が多いのかな? 若手に見せようと
頑張ってる人が多いのかも? なかなかカッコイイ曲・・
市販されてるヤツだと思います オイラも何度か聞いたことある
けどどこで聞いたか忘れた(^^;
コレといった印象的な場面こそないですが、動きはなかなか良かった
と思います 揃ってたしね  ここももみちのくぐらいでしか見ないチーム
ですが ちょっとしたきっかけでもう1ランクアップ出来そう

紅舞獅
ローカルチームながら フォーメーションだったり小道具だったり
は工夫してます たぶん強いチームとかを参考にして考えてるん
でしょうね~  でも、そういうのが実は本人達の思惑ほどは
ちゃんとお客さんには効果的には伝わっていないというか
なんというか(^^;;・・・ 逆にそうした素人なりの一生懸命な姿勢が
なんとも いたいけで微笑ましかったりします

信州大学YOSAKOI祭りサークル「和っしょい」
大所帯ならではの迫力がありましたね 学生ならではの勢いも◎ 
綺麗なフォーメーション、男性陣と女性陣それぞれの踊りの
ハーモニーが見事、シンプルながら衣装の色使いも作品を
すっきりとまとめていた印象  構成の中ではコレといって凝った
演出こそありませんが精度の高い群舞で魅せてくれました
どまつり準大賞、なるほど納得
これでセミファイナル・・・  学生に厳しいみちよさらしいといえば
らしいかもw

そうそう、この勾当台公園で演舞見てる時に
某チーム関係者から4ブロックの結果を教えてもらいました

4ブロック 菓匠三全賞
1位 海童いしゃり
2位 信州大学YOSAKOI祭りサークル「和っしょい」


マニエル的予想も 1位2位ともに的中 ドンピシャ

いや、でもこの信州大学の演舞見ると逆も考えられますね
海童よくここに勝ったなあ  


ここで一旦切りま~す

|

« 09 みちのくYOSAKOI ⑥ | トップページ | ごめんなさい »

コメント

>マイムさん、

そうなんですよ
北海道の学生さんたちも大人数でファイナル
逃してますし・・ その一方でローカルチームに
風が吹いたり・・ まぁいろいろとルールは厳しい
ですけども 実は審査はそれほどガチではなくて
若干東北勢には補正かかってるのかなとも
思ったり・・あくまでも憶測ですが

地方地方によって有利不利があるのも
それはそれで面白く見てます

投稿: マニエル | 2009年10月19日 (月) 11時01分

マニエルさん。詳しい説明、有難うございましたしかし、色々な要素があるんですね~競馬も要素が分かれば最高なんですけどねど祭りで、準大賞歴の実力があって、しかも倍以上の人数がいたとしても、何らかの要素で巻き返す事ができる!みちよさん~奥が深いですね。

投稿: マイム | 2009年10月17日 (土) 16時57分

>マイムさん、

「和っしょい」、50人はいたと思います
対する海童いしゃりは20人そこそこ?(^^;
普通なら相手になるはず無いってとこですが、
これがちゃんと勝負出来ちゃうあたりが
みちのくドリームなのかなぁ

少人数チームにはさっぱり勝ち目がないという
不満が続出のソーランの審査と違って、頑張り
次第では少人数チームにもスポットが当たるのが、
みちよさのいいトコロといえば良い所なのかも
知れません

そういう番狂わせ的な結果が出やすい
みちのくですから「なんでココが?」という声が
出てくるのも当然といえば当然かも(^^)

開催地域によって全然違う結果が出る・・
競馬と同じで、強いからといって毎回1位
になれるわけはなくて、いろんな要素に左右
される・・だから面白いんだろうなあ(^^)

あ、海童いしゃりは オイラは好きです。

でも、どまつりで準大賞以上とかってまず
ありえないと思いますw 
80人超の大所帯になれば、もしかしたら
あるかもしれませんけどね 
・・いや 無いかな(笑)

投稿: マニエル | 2009年10月16日 (金) 23時24分

ワッショイ。って、チームはDVDでは見たことありますけど、みちよさには、どれだけの人数で参加されたのですか?学生となれば、50人は固いんじゃないすか?それと、いしゃりってチームは見たことありませんが、ど祭り準大賞を抜いてのファイナルなので凄いチームなんでしょうね

投稿: マイム | 2009年10月16日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09 みちのくYOSAKOI ⑦:

« 09 みちのくYOSAKOI ⑥ | トップページ | ごめんなさい »