« 09うつくしまYOSAKOI⑥ | トップページ | 出発 »

2009年10月 7日 (水)

07うつくしまYOSAKOI⑦

かなり長いスパンになってしまいましたが(^^;;
やっとこさ うつよさレポ?終了です

審査対象チーム演舞まで見届けたところで あとはまったり見物
になってしまいました というのもですね 西日がめちゃくちゃキツくて
もうまともにステージ見れないような状態でして(^^;
その後登場したチームはちゃんと見れなかったという・・・
来年もあの会場でやるんだったら ステージの設置場所はもう少し
考えた方がいいと思います(^^;;

え~うつよさ本祭を見に行くのは初めてだったわけですが、初めて
見るチームに対してもさっそく偉そうなコメントしてしまいました・・
気を悪くされたチームの方がいらっしゃったらすみません

コレがマニエル的YOSAKOIウォッチャースタイルなんです
でも、怖い人じゃないです 基本的にはただのYOSA好きなのでね

日和田龍神舞”風”
2009_09210149
ローカルチーム 花組というわけではないがフロント3人は
なかなかサマになっていた 後ろの方にやや踊りに不安を抱える
人がいたような気がするが(^^; そういうのもまたローカルチーム
の味だったりするわけで・・・ いろいろと見せ方を工夫しているのは
評価したいところ なかなかお客さんには上手に伝わらないようで
すけどね(^^;

「はね駒」
2009_09210150
大賞経験もあり、ソーラン遠征もしたことのある実力チーム
北海道行くときに同じフェリーに乗り合わせた事が・・(^^;
青赤黄の大旗がインパクトあり スタイル的には過去作品同様
ココの注目はやはり子役達でしょうね(^^) めんこいよ~
野馬追いがテーマになってるようで勇壮で華麗な演出も
随所に見られました ビジュアル的にも楽しませてくれるチームです


楢葉天神龍舞
2009_09210152
ついついあの北の超メジャーチームを思い起こすようなチーム名(^^;
旗が鮮やかですね 衣装も結構お金かかってそう・・・
おそらく、ご当地(楢葉城)の伝説がモチーフになっているようです
演舞中に昔話風に語りが入ってました
大きな仕掛けを使った演出もありでなかなか本格的
姫のバレエとか素敵でした  ただ全体的に色使いがごちゃごちゃっと
うるさく感じてしまったところもあるかな  もう少し整然とスッキリ見やす
くしたほうが伝わりやすいのかなと ちょっと今後気になるチーム


さて、これで一応審査対象になっていたチームには全部触れたつもり
他にもなかなか見所のあるチームはいたんですけど割愛します(^^;

始める前にも書きましたが、参加してるチーム全部の平均点としては
それほど高い方ではないかもしれませんけど、上位のチームはかなり
レベル高いっすね 普通に札幌とかでも通用するでしょう
青森もどちらかといえば高い方だと思ってましたけど(^^; 上位に
限って言えば、同等かそれ以上と言ってもいいのかなと
あと、高校生、大学生の層がとっても充実していると思うので
彼らが一般社会人のYOSA人としてデビューする頃が楽しみです


今年はヤートセも初日だけは行ったし、うつよさにも初上陸
残すところは・・・山形だけかぁ?(笑)

|

« 09うつくしまYOSAKOI⑥ | トップページ | 出発 »

コメント

>鬼兵衛さん、

みちよさは地域性高いのは有利なんですよね~
つくづく郷人の審査不参加が残念

高校生チームはホントあまりみかけないんでね
もしホントにジュニアコンテストを福島でやらなく
なるのであれば、その代わりに
高校生YOSAKOI甲子園
を立ち上げて欲しいと思います

たしかに大学生チームはそのまま地元に
残るわけではないですからね
でも学生時代に培ったものを各地方に戻って
活かしてくれれば全国的にもっと盛り上がる
んでしょうかね

投稿: マニエル | 2009年10月 8日 (木) 20時16分

はね駒は相馬馬追い、郷人は白虎隊と歴史的背景や伝統行事がある地域は福島では強い。
そう考えるとあさか野や源種はよく頑張っていると思う。

大学生チームは多いが高校生チームは全国的にも少ないかもしれない。
高校生は大学で大学生チームに行くかもしれないが、大学生チームは社会人チームに・・・とはいかないようだ。
と言うのも地元出身者が意外と少ないという事情が。
社会人になってヨサコイ引退や、地元に戻ったり首都圏に上京などで地元社会人チームにはなかなか恩恵が少ないらしい。

投稿: 鬼兵衛 | 2009年10月 8日 (木) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07うつくしまYOSAKOI⑦:

« 09うつくしまYOSAKOI⑥ | トップページ | 出発 »