« ○うきんまつり | トップページ | 09 YOSAKOI検証[5] »

2009年7月25日 (土)

09 YOSAKOI検証[4]

ども、勤務のため小川原湖には行けなかった留守番部隊のマニエルです

そうなんだよね 子供達は夏休み入ってるんですよね
うらやましいな~ でも、昨日聞いてびっくりしたんですけど 
今 朝のラジオ体操ってほとんどやってないみたいですね

オイラが小学生の頃は校外班集会っていう町内会単位で活動する
時間があって、学校が地域の子供会活動を後押ししてくれてたところも
あったんですけどね~  少子化の影響ってヤツですかね

マジメなマニエル少年は毎日行ってましたよ ラジオ体操
6年生の時はオイラが班長だからラジオを公園に持っていく係だった
わんこ連れて、ラジカセ持って公園に行ってた 体操中はわんこは
その辺の木につないでおくの んで、体操終わったら、来た人のカード
にハンコ押してあげるという日課 自分ちのハンコだからサボッても
全部主席したことに出来ちゃうんだけどさww
早起きするのも苦じゃなかったし あれはあれでなんか楽しかったなぁ

今、一ヶ月休み貰えたら何しようかな
やっぱ 祭り巡りだべなぁ

ハイ では一日 開いちゃいましたが続きやります

ありがたいことにホント、見てくれてる方がいるようで・・・

2009_061306150151 2009_061306150221 2009_061306150143

【一次審査 第7ブロック】
予想◎ JCB夢翔舞
   ○ VOGUE038
   ▲ 金澤こまち
   △ 木古内みそぎソーラン炎の舞
   × ついんくる


結果1位 VOGUE038
   2位 JCB夢翔舞
   3位 金澤こまち


三連単とは行きませんでしたが、3連複で当たりました
やっと上位3つが当たったな 1位2位は逆だったがな
でも、JCBのセミの結果は1位 ほぼファイナル級ですから、かなり
いい線いってたじゃないですか(^^) ブロックがブロックならファイナルでしょ
でも、VOGUEはそれよりもさらに強かったけどね・・・
ここ数年の作品の中でも おいら かなり好きです今年の(^^)
衣装や曲は今までとさほどかわらないんですけどね
あまり小細工はしないで ガッツリとVOGUEの「踊り」を見せてくれたな
もちろん大道具を使ったビジュアル的な演出もありましたよね
演舞の最中に大太鼓が出現とか なかなか面白いなと思いました
赤系から赤系への衣装チェンジは相変わらず分かりにくかったが ガハハハハ
今年は振りの出来が秀逸で、スローパートの踊りも綺麗だったしクライマックスの
群舞もかなり豪華に見えたな 改めてVOGUEの底力を見た気がするな

事前の裏ルートからの極秘情報で今年のVOGUEは黄色信号といったような
話も聞こえてきたんですが、そんなことなかったですね
このままじゃヤバイと思って猛練習したんだろうな ガハハハハ
もはやファイナルの顔としてすっかりおなじみになっているからな
ここで負けるわけにはいかんだろ   準大賞 ほぼ大賞が横綱から
不動だと考えると最高賞だろ
 
ネオジャパネスクは終幕ではなく仕切りなおして再出発というところでしょうかね
ウム、ただいろいろやりつくした感もあるからな 今後どうして行くのか気になるな
スタイルといえばガラッっと方向転換したのがJCBですよ、おもいきった路線変更
してきました OEZOですって  3・3・7拍子を捨てた・・・(^^; 
いつぞやの祭響スコブルを思い出したぞ
おお、それオイラも思った 文明開化のやつでしょ 一応JCBの今までの
スタイルも知ってるんで、まさかこんなエンタメ性の高い作品で勝負してくるとはね。
これまでにもいくつか大幅なシフトチェンジしたチームは見てきたが
意外と客がついていけないパターンが多い。 今年のいさり火しかりな

だが、ここは完全に振り切れていたな ここまでやられたら戸惑うどころか
受け入れざるを得ないな ガハハハハ

とりあえずは成功ということでいいのかな 起死回生の一発逆転ホームラン
失敗したら即解散 ぐらいの危険な賭けだったと思うが セミ1位は立派
エンタメワッショイ系 進路変更 成功ですね 勝負かこれから?
ウム内容自体はそれほど目新しいわけではないからな いろんな作品の
美味しいところを持ってきてつなげて強引にオリジナルにしてしまったな 
モノマネタレントのメドレー的作品だ ガハハハハハハ

なんですかその例え(^^;
この軽快な音楽に宮本氏のヴォーカル 祭りの楽しさを前面に出した
作品だよな この系統が上位に残るのは最近は珍しいな
オセオセの勢いで審査員についつい高得点をつけさせたんだろうな

オマエが言うように、ここからがスタートだな 路線変更後2年目で
どこまで昇華させていくか プレッシャーもあると思うが来年に注目
したいところだ テーマをガラっと変えるのもありだろうし、今年の作品
をチームのカラーとしてひっぱっていくいもよし

ここまできたらある意味怖いもの無しですね(^^)
昨年セミに上がった金澤こまちは今年は第3位でしたね
何があったのかわからんが 失速してしまったな 
う~ん、単品で見る分にはそんなに悪くないと思うんですけど やはり
錚錚たる顔ぶれのソーランナイトの中で見る分にはちと寂しかったです
ウム、あまり印象に残るような作品ではなかったな 
棒部隊と踊り隊が対立してるような場面なんかは面白いな~とは
思ったんですけどね その後上手く発展しなかった
全体的に踊りがおとなしかったかもしれない もともとそういう作風なんで
仕方ない部分もあると思いますが、華やかにというよりも地味にしっかり
踊るスタイルのチームだと思うので その範疇で心を掴むような変化をつける
のってなかなか難しそうですよね
ウム、だからといって前年とほぼ同じレベルのクオリティの作品
では客は満足しない 難しいところだな ガハハハ
初めて目にするチームと番付入りチームとでは見る側の期待値
も全然違
ってくるからな。
う~ん、そうなるとやはり番付入りって手放しで喜べるものでもないのかなぁ 
イヤ、番付入りは同時にいろんな収穫もあるからな ガイドブックにも
注目チームとして掲載されるし 取材も増えるらしい そういう意味では
やはり得だと思うぞ 見に来る客は確実に増える
まぁ そういう客のほうが 去年がアレだから今年はもっと凄いハズだと
勝手にハードルあげて見にくるからさらにやっかいなんだがな ガハハハハ

それはオイラや赤鬼さんも含めて・・ね(^^;
ウム、だからこそYOSAKOIに限らずエンタメ全般は客の予想を裏切る
サプライズを感じさせたモノが勝つのだ 

【一次審査 第8ブロック】
予想◎ 旭川北の大地
   ○ 藤・北大&ホンダカーズ札幌
   ▲井原水産&北星学園
   △いなせ系暁会活頗組
   ×北鼓動なよろ


結果1位 旭川北の大地
   2位 井原水産&北星学園 
   3位 藤・北大&ホンダカーズ札幌



とりあえず、こちらも3連複なら的中って感じでした(^^;
旭川北の大地 やってくれましたね ここまできたら文句ナシでしょ
ウム、去年はいろいろあってやんややんやと騒がれたようだがな 
メイサが居ようが居まいが北の大地は北の大地だ ガハハハハ

衣装の雰囲気や踊りのバリエーション、すっかりこのチームのスタイルとして
定着してきた感がありますね 圧倒的な「迫力」が売りのチームでしたが
今回の作品は整然としていて、より踊りそのものの良さが際立った気がします
ウム、昨年まではゴチャゴチャとしていて雑然とした構成だと感じた
ところもあるが、今回はかなりスッキリと見やすくなったな
 
大仕掛けの装飾品などを絡めた印象的な場面もとても綺麗だったと思います
ウム、素朴になったというのではなく、演舞全体が洗練されて
上手く伝わるようになっていたな 

もしかしたら横綱チーム以上のプレッシャーがあったかもしれないのに
よくここまで仕上げたなと感心です
ただ、それによって他の人気チームの雰囲気とも通ずる部分が出て来たと
いうのは一抹の不安材料ではあるがな 見た目の雰囲気以外で北の大地
らしさをどう打ち出していけるかが今後の大きな課題かもしれんな  

ははぁ、なるほどねぇ・・ オイラそこまで気にしてなかったですわ(^^;
昨年ちょっとだけスタイルを変えつつ 今年の作品に繋げてきたのが
井原水産&北星学園 セミファイナルに進出しました
去年はあの演歌のヤツだったな アレはアレで好きだったけどな
はい、今年も昨年ほどのド演歌ではないですけど、全体的には和風と
いっていいでしょうね 男衆の力強い踊りが印象的でもありました
ウム、男子に限らず若者らしい機敏な動きを見せていたな オレ様は
もう少し隊列が綺麗に揃っていれば尚ヨシだと思ったがな

オマエ的にはやはりアレだろ 衣装チェンジだろ
そう! 赤鬼さん見た?  すごかったですよね あれ 
1瞬で1ポーズ目とはまるで別物の衣装になっちゃた 
去年はすさびの衣装チェンジに驚きましたが今回のサプライズ大賞はコレです
ビデオに撮ってる人は是非見て欲しいですね(^^)
それまでノースリーブの衣装なんですよ、で、その衣装をパッと脱ぐんですけど
2ポーズ目には実に鮮やかな赤い袖がついてるんです 
なんで脱いだだけで袖が出来てしまうのかと・・  不思議でしょうがない
逆のパターンなら良く見るんです、花嵐とかもそうでしょ
袖付いてる衣装を脱いだら袖ナシ・・ってヤツはね 
色的にも正反対の色使ってるから視覚効果も抜群で お客さんからも
「うわぁ~」って歓声が上がってた 必見ですよ(^^)
ウム、普段見かける衣装チェンジに比べてインパクトが大きいと
思ったが、こういう仕掛けがあったのだな まだまだいろんな可能性があるな
これだからYOSAKOIは面白いな ガハハハハ

衣装替えからの展開といえば、今年の藤・北大の作品は名作でしょうね
ウム、オレは最初に見たのがススキノ中継番組だったわけだが、是非とも
実際に生で見たいと思ったからな

テーマは「アポロ」ということで宇宙服みたいなヤツ着て踊ってました
こういう夢のある作品は極楽とんぼの専売特許だと思ってたんだがな
あぁ言われてみればとんぼっぽいというかとんぼがやりそうなネタですね
テーマそのものも分かりやすかったですし、動きもとっても良かったですね
ウム、ストーリーに沿っていくつかの場面転換があるわけだが、その繋がりも
なかなかにスムーズだったしな 見た目の格好や演出だけじゃなく
踊りでも充分見せられていたのが好評価だな オレ様的にはブロックが
違えばこの作品ならばファイナルもありだったと思うぞ

仮装大賞系のチームはこういうハマったときの一発があるから怖いな
なんですかその仮装大賞系チームって(^^;;
ガハハハハ 気にするなオレ様の中での分類だ
ここのほかには活頗組とか東京のりのり団とかだな

あ~なんとなくわかる気はするけども・・・(-.-;
しかし、この分厚い衣装は今年のような寒い本祭だから成立したが、
猛暑の中の演舞だったら生き地獄だろうな ガハハハハハ

いや、天気関係なくコレ着て踊るだけでスゲー暑いと思いますww
あとはアレだ、毎回テーマによって作品の出来がガラっと変わってしまう
チームなだけにもう少し安定感が出てくるといいな

まぁ作りやすいテーマと出会えるかどうかってのが大きいですかね(^^;
ウム、そうだな。 本当はどんなテーマを選んでも毎回コレぐらいの
クオリティまで高められるようになるのが一番いいんだがな

いやぁ学生チームですからそれはなかなか難しいような気がしますけど
最近 上り調子のようなので来年も期待しちゃいましょうかね
予想の対象としては非常に悩ませるタイプのチームかも(笑)

2009_061306150208  2009_0613061501482009_061306150149

  


 
   

 

|

« ○うきんまつり | トップページ | 09 YOSAKOI検証[5] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09 YOSAKOI検証[4]:

« ○うきんまつり | トップページ | 09 YOSAKOI検証[5] »