« 09 YOSAKOI検証[4] | トップページ | 届いたよ »

2009年7月26日 (日)

09 YOSAKOI検証[5]

ども、日曜出勤を終えたマニエルです

遅くなってしまいましたm(__)m
YOSAKOI検証編ラストです
やっとこさ宿題から開放されますわww
ちょっとだけ夏休みもらっても大丈夫かな?

そうそう、公式ビデオが発売になって買った人には届きはじめていると
思いますので そういうのを見ながら ウチんとこの記事を読むとまた
面白いのかなと思います
ふ~ん マニエルってこういうトコ見てるんだ~とかね(^^;
 

【一次審査 第9ブロック】

2009_061306150174 2009_061306150161 2009_061306150175

予想◎ コカ・コーラ札幌国際大学
   ○ 粋~IKI~(北海学園&ほくせんカード)
   ▲ 薄荷童子
   △ 幻夢伝
   × 北里三源色

結果 1位 コカ・コーラ札幌国際大学
    2位 薄荷童子
    3位 粋~IKI~(北海学園&ほくせんカード)


さて、赤鬼さん、本日最終日ですけどもよろしくお願いします
オゥ なんだか今年はいつもより長かったな
でも、いつもより斬れ味落ちてるという話も聞きましたよ (笑)
何を!? もっともっとバッサリ斬れってか!
いや、いいです いいです オイラもこの業界干されたくないので
さ、行きますよ 9ブロック 学生激戦区でしたが制したのはコカコーラ
ま、妥当と言ったら妥当なトコではありますね
ウム、数年前から学生離れした芸術性の高い作品を作るようになったな
はい、今回のテーマは咲うと書いて(わらう)と読むらしいです
男子のエイサー太鼓部隊と去年辺りから本格的に使い出した扇子
が見所だろうな  このテの扇子捌きといえば青森のあのチームを
思い出すが 確実にあちこちに影響を与えているようだな

ピカピカの扇子なかなか効果的ですね 使い方も上手だったと思います
エイサー太鼓は他にも取り入れてるチームを見たが、やはりYOSAKOI
とは相性は良いようだな ここを含めて、まだしっかり自分達のものには
仕切れていないみたいだから  今後の可能性も含めて期待したいな

沖縄で見てきましたけど、あれは、カッコよかったですもん
太鼓使いといえば代表格の手鼓舞が解散してしまいましたしね
今後どのチームが得意技として使っていくのかも見ものですね
今回、「咲」という字を使っているので、花をイメージしがちですが、あえて
「わらう」と読ませているあたりがミソだなと思いました
ウム、植物としての花ではなく踊り子の表情を「咲う」と表現したのだろうな、
花が咲いてるような楽しそうな表情だった 衣装がシンプルだったことや
お祭りらしさを感じる楽曲を使っていたことが よりいっそうテーマを分かり
やすく客に伝えてられる要因にもなったようだ 
テーマにこだわった上手な作品だといえるだろうな

同じく、どちらかといえばシンプル系 ですが上位進出という結果を出すのが
北見の薄荷童子ですよ 今年もセミファイナルに残りましたね~
実は今までちゃんと見たことがないチームだったんだがな ガハハハ
強さの秘訣、なんとなく分かった気がするぞ

じっくり見れる機会があったという事ですね
ウム、薄荷イリュージョン以外は派手な演出もなく、どちらかといえば
地味な印象の強いチームだが 踊りが実にしっかりしている

たしかに、衣装とかもほとんど昔のまんまですし、次々に小道具出すわけ
でもないですからね 評価のほとんどは本質である踊りでしょうね
ずいぶん綺麗に揃っていたな 精度だけなら平岸と比べても遜色ないほどだ
と言ったら褒めすぎになるな ガハハハハ  いや、要所要所のキメなど
かなり見ごたえがある それと薄荷の名のごとく全体に漂う爽やかさだな
音楽も振り付けも 爽やかだった  フリスク ボリボリ食った後ぐらい爽や
かだ
いや、フリスクボリボリ食ったらスースーして鼻にクるだけだから・・
ガハハハ 「爽やかさ」なんて直接目に見えるものでもないが 
それを客に感じさせることが出来ていたということだ
ただ、やはりどうしてもここ最近のファイナル級チームと比べると
古くさい感は否めないのだが、これがこのチームの味だからな
通好みの良チームというところだな  あまり派手ではなくとも地道に
しっかりやればこのぐらい見せれる作品になるということだな

3位の粋~IKI~はこのブロックの中ではどちらかというと派手ですかね~
ウムそうだな 学生版GOGO’Sとでも行っておこう ガハハハハ
実に色鮮やか 最近はこの色彩感覚がチームのウリにもなってきているようだ

はい、綺麗でしたね~ 旗やたすきの色も含めて華やかでしたね
太鼓をふんだんに取り入れた踊りもサマになっていたのではないかと
後半の激しい男踊りのユニゾンパートが実にカッコよかったな 
あれは見応えありましたね もう少し揃ってればさらにいいんだろうけど
やはり今のYOSAKOI、踊れる男子が居るチームは強い!
連続エアプレーンもクルクルと綺麗に決まってましたよね~ 
おそらくこのチームの得意とするものを全部つぎ込んで作ったんだろうな
ウム、学生は活動期間に限りがあるからな 出し惜しみする事無く
全力で作品を作って欲しいぞ  それでも、セミに行けないんだからな
やはり本祭というのは上には上が居るという事を痛いほど感じるな
パレード形式を見ていないのでなんとも言えないのだがおそらく
ステージ向きの作品だったんだろうなと思う

オイラ的にはコーラよりも好きでしたよ

【一次審査 第10ブロック】


予想◎ 新琴似天舞龍神
   ○ 郷人
   ▲ とわだ.馬花道
   △ 北翔大学~友和~
   × コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~

結果 1位 新琴似天舞龍神
    2位 コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~
    3位 reinjoy



もうねこのブロック予想もボロボロ
オマエが期待してたところはさっぱりだったじゃねえか ガハハハハ
東北勢には厳しかったのよ ホラ、みちよさだと北海道勢苦戦するっしょ
これでおあいこだからいいのいいの(^-^) でも、そんな悪くなかったでしょ?
ウム、馬花道はオレもいいとこイケると思ってたんだがな
最後まで奇跡を信じて全速力で大きな壁に向かって走っていって 
そのままぶち当たって撥ね返された  その負けっぷりは実に気持ちよかった 
まさに盲目の馬が障害物にぶち当たったようなもんだな ガハハハハ
そういう意味では テーマにもなっていた映画のストーリーを見事に体現していた
ことになるんじゃないか ガハハッハ

凄いこじつけですけど、まぁその姿勢が大事ってことですよね
なんてたってこのブロックの班長さんは新琴似天舞龍神だもの 
もうちょっとやそっとじゃかないませんって しかも今年の天舞は「攻め」
にきてたもんね やっぱディフェンディングチャンプの時とチャレンジャー
では気合も全然違うなと思いましたよ 楽曲はここ最近の中でも一番の
出来だったんじゃないかな?
ウム、あの曲はいいな 今回はジャンベ太鼓という楽器を取り入れたわけ
だが、和太鼓との相性もバッチリでいいアクセントになっていたな

ラテン音楽全般で使われてるらしいんで、事前に今年の天舞はサンバ調に
なったという情報は、この音色の影響でしょうね インパクトあるもん
ウム、強いチームというのはただ守りに入るだけではなくこういう新たな
試みをとり入れながら自分達のスタイルにしてしまう

ホント、そう思いましたね  あと、今回から久々に子龍隊が復活しました
去年まで居なかったのか?
いやわかんないです(^^; もしかしたらしれ~っと大人チームに混ざってた
かもしれませんけど、別衣装で子龍隊として編成に入ったのは何年かぶり
じゃないですかね? ファミリー感あって好きなんですよ(^^)
花組の艶やかさも相変わらずですね
今年は衣装がちょっとエロかったな ガハハハハ
アンタもあいかわらずですね(-_-; 首に巻いてたヤツが気になった?
それもあるが今年の花組衣装はあまり好きじゃない これはオレ個人の
好みの問題だ 日本海の方が良かったな

まぁベースが黒だから ちょっと「華」と言う感じではなかったかも
気になったのは衣装だけ? 
イヤ、例年以上に隊列やフォーメーションのチェンジがバタバタ
してしまった印象がある 今回は踊り自体がしゃなりしゃなりした
ものではなくアクティブな動きが多かった上に、このチームの得意と

するところでもある入り掃けや隊列の変形等が激しかった事もあって
スタンバイ位置について踊り始めるまでの所作がバラついていたな

ステージ袖から見てたら凄いことになってるんだろうな ガハハハハ
もちろん、挑戦者として勝負に行ってる訳だから 多少のそうした
なりふり構わないぐらいの必死さはオレ様的にはプラス評価なのだがな

でもアナタが審査員でないですからねw
ウム、だからもうここまできたら後は客が自分で順位決めればいいんだよ
結局そうなるのね(^^;;
え~、では2位のコンサフリークはいかがでしたでしょうか
短パンが残念!以上 
ちょっと、ちゃんとやってくださいよ!
ガハハハハ すまんすまん 
中に何履いててもいいからチアはミニスカというこだわりがあってな

そんなこだわり捨ててください。 今回は「くのいち」がテーマだったらしいので
チアパートの衣装もいつもと雰囲気ちょっと違ってましたね
ウム、今回のチアパートは実に見ごたえがあった 
このチームの独自のカラーだが、今回はたっぷり見せてもらった
チアに変化してからの時間もかなり長かったのではないか?

時間は長いけども見せ方を工夫していてぜんぜん飽きなかったです
三角形のフォーメーションになってからの時間差群舞など実に綺麗で
印象に残ったぞ 金色のボンボンがまた効果抜群だ
結果的はまたしてもセミ最下位か オヤジファンは多いのにな ガハハハハ

あんたもね(^^;
審査員としてはチアダンスであってYOSAKOIではないというような意識が
出てしまうのかもしれんな もちろんこのチームの核となるのはチアパートだから
今後も続けてくれなければ困るのだが、ガハハハ

そこに至るまでのYOSAKOIパートをどれだけ上手く印象付けるか
どう発展させていくかでまた結果が違ってくるかもしれんな

で、結局のところは赤鬼さんはコンサが好きってことね
ウム、それは否定しない ガハハハハ
さ、このブロック3位はreinjoy このチームとしてはここまでの成績は初かな?
ウチが知ってる情報だと学生さんチームのOBOGチームだとか
そうだったのか 小洒落たチーム名だから若い人が中心だろうとは思って
いたがな オマエの予想では無印じゃねえか ガハハハ

うん、やられた~ って感じです(^^; これだから面白いんですよ
一応去年までも何度か見てて人数的にも寂しいし、印象も薄かった
んですけどね今年は化けたみたいです
みたいですってのはどういうことだ?
うむ、実はちゃんと見ていない がはははは ・・・どう?赤鬼さんのマネ
似てねぇ!
会場移動する間際にちょこっと流して見たぐらいなんです(^^;;
小道具、衣装等 モチーフはモロにミュージカル映画「雨に歌えば」ですね
ウム、元ネタをちゃんと見たことはないが 雰囲気は分かるぞ
傘使いながら軽やかに踊っていたな 前半はYOSKOI色はかなり薄い
薄いというよりもほとんど無いに等しいな ガハハハハ
中盤、衣装チェンジからラストにかけて ようやく鳴子が出たり YOSAKOI
らしい広がりを見せる展開になっている

もしかしたら、ここも仮装大賞系チームと言えるかもしれんな
また出ましたね 赤鬼さんの勝手な造語を 当たり前に使う発言・・・(^^;
ベタなYOSAKOI からは ずいぶんかけ離れたところにテーマを選んでいる
あたりに遊び心を感じるな
 
ここまで思いっきりジャンルが違ってくると、頭を切り替えるのも大変ww
あえてYOSAKOIとは違う方向からのアプローチでどこまで勝負できるか
という事を楽しんでいるのかもしれないな 



さて、赤鬼さん これで10ブロック一応全部見てきたことに
なりますけど・・・ あのチームにまだ触れてないですよね
あのチーム?
大賞チームです  予選免除だから触れてないんですけど(^^;
おお、すっかり忘れてた 
平岸天神については別にいいだろ 何もいう事ねえぞ
オレに辛口コメントされない権 が優勝賞品だ ガハハハハハ

いや、でも一応さ(^^; 

そうだな、やはり平岸天神の踊りは素晴らしかったな
開始 約15秒ぐらいで 客席がどよめいた 
振りが揃うまでのあの立ち上がりの早さはどこもマネ出来ないだろ
どういう練習したらあんなにキレがある踊りを一斉にやれるんだろうな
今回は旗を使ってたな、昨年のぼっこやその前の太鼓など、ここ数年
何らかのアイテムと踊りのコラボというのがパターンになっているようだ
だが、オレ様はぶっちゃけ天神には持ち道具は必要ないと思っている
あの踊りと鳴子だけで魅せれるチームだからな
ただ、やはり客も進化を求めているだろうし、新琴似のジャンベ
のように新たな試みに挑戦していかなければならないという
思いもあるのだろうがな 
来年の作品でも平岸天神らしい鳥肌がたつような踊りを見せてくれる
ことを期待したい


もちろん、ファイナリストやセミに残ったチームだけじゃなくて
すべてのチームのみなさんにまた次回に向けて頑張って欲しいですね
ウム、審査結果に関係なく見てる客はいるし、評価してくれる客も
いるからな テレビに映らないからと腐る必要はないぞ


はい、ここではいろいろ好き勝手言ってきましたけど
オイラも赤鬼さんもただのYOSAKOI好きですからね(^^)

いつも楽しませてもらっている恩返しとして、率直な
感想、徒然なるままに綴らせていただきました
気を悪くされた方がいらっしゃいましたらすみません(^^;
チームの関係者の方も多数 読んで下さっているようですが
マニエルは神出鬼没ですので、どこかの現場でお会いした時には
どうぞよろしくお願いします

そして長々とウチらの雑談にお付き合いくださいまして
ありがとうございました m(__)m

あ、そうそう 赤鬼さんも長いコトありがとうございました
オウ オレも好きなこと言えて楽しかったぞ またな
うん、次の登場は・・・・しばらくいいです(^^;;

2009_061306150157  2009_061306150213 2009_061306150215



やっと、本祭のネタがひと段落したところで
オイラはそろそろ期間限定のお祭りウォッチャーモードかな
 

|

« 09 YOSAKOI検証[4] | トップページ | 届いたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09 YOSAKOI検証[5]:

« 09 YOSAKOI検証[4] | トップページ | 届いたよ »