« さてと | トップページ | 青森 »

2009年6月27日 (土)

09 YOSAKOIソーラン観覧記⑨

ども、なんだかアホみたいなハシゴのマニエルです

いやぁホント・・・ バカですねww

いいんです、これがオイラの生き方なのさ
昨日は昨日でバカな飲み会やってたのにねw

さ、ソーラン観覧記の続きです 本日最終日!!

【09/06/14】

日曜日の朝でございます
眠い目をこすりつつ起床は6:30頃だったでしょうかねぇ
前日のうちに荷物まとめといてよかった。 チェックアウト済ませた後
不要な荷物をコンビニから発送  さらに札幌駅のコインロッカーに
大きな荷物を預けて身軽になったところでいざ大通公園へ

いよいよ本祭最終日

本日一発目は 西8ステージからスタート
例の豪華ラインナップのゾーンです  
事前にローソンで観覧席ゲットしてたんですけどねあまりにも天空席だったもんで
直接チケット販売テントに行って聞いてみたら かなり前の方があるってんで
急遽買い直したという特別観覧席  このチケットも、あの日保護されていなければ
手元になかったんだよなあ(^^;; そう思うとありがたさ倍増です

時間にして一時間ほどでしょうか、出てくるチーム全部見ましたよ(^^)

2009_061406150029 2009_061406150032 2009_061406150026

朝イチで新琴似天舞龍神・・なんか早起きして得した気分になるね
観覧席はこの時間だというのに結構埋まってました
平取義経なるこ会、義経北行伝説のゆかりの地なのかな
手作り感まるだしなのがローカルチームのいいところですから、小さい
事は気にしない サビの部分はYOSAKOIっぽくない曲調です
札幌学院大学・文京台もぜんぜん悪くないと思いますが、いかんせん
周りが強いよね(^^; 踊りもピシッピシッと丁寧ですし。
フォーメーションの移動が雑なのはちょっと気になったかな
夢想もこの日の朝ゾーンで登場   夢想漣えさし・・・ のちょっとイイ話。 
ステージで演舞が始まる前、踊り子さんたちが朝早くから6丁目にある、
北のふーどパークの清掃活動やってました  雨露に濡れた椅子拭いたり
テーブル並べたり・・ おもてなしの精神というのかな なんだかステキやん(ノ_-。)
よし、今日は枝幸ブースのカニ汁食うぞ と心に決めたマニさんなのでした
室蘭百花繚蘭、実はマニエル的に数年前からすごく気になってるチーム
たとえばオイラがYOSAKOIイベ主催するとして何チームか自由に呼べると
したら声を掛けたいチームですね  札幌ではやはりなかなか結果に恵まれて
いませんが、道外遠征したら確実にファン掴めるとおもいます
石狩朱華弁天、チームのテーマにブレがないよね 唐草模様に獅子舞。
ローカルチームはこれでいいと思います 核となるテーマがあるならとことん
そこを掘り下げてくれれば あとは見てる側が勝手に思い馳せるから(^^)
関西大学学生チーム“漢舞”まぁ関西らしいノリではあるよねww
めいっぱいはしゃいでたけど、ホントはもっともっと好き勝手にやりたい
チームだろうな 全体的に「粗い」ですが(^^; これぐらいのほうが
お祭りっぽくていいかもね。 青嵐・・長崎のチームらしいね 口上が熱い!
その名のごとく嵐のような激しい演舞を披露 嫌いではないですけど、
全体的にやや地味だったでしょうかね 

2009_061406150049 2009_061406150051

ここまで見たところで、大急ぎで丸井前に移動です ww
お目当てはジュニアコンテスト 蒼天飛龍のわらはんどがどんなもんか
見ておきたかったんで(^^; 久々に見る飛龍轟然・・・やっぱかっこいいわ
3年?見てきたけど飽きないもんなぁ またこのわらはんどの気合が凄いんだわ
ジュニアという括りではありますが、体格差ってのはあるわけで
並んで見るとデコボコなんだけど、それがまぁよくもここまで揃うなあと感心
感極まって泣きながら踊ってた子もいたようですが、見守ってる大人たち(本隊)
も涙ながらに見てました ジュニア部門、準大賞! 見事な成績 天晴です!

ここではこの蒼天ジュニアだけを見て、すぐに今度は赤レンガ前へ!
マニさんは最終日も動き回りますよー。
到着後、すぐに氷点優緋翔の出番  このチームもかつて一度ファイナルへ
出たことがありましたが、それのちょっと前ぐらいからマニエル的に気になってる
マニYOSAがあったならば声掛けたいチームですねぇ(^^)
今年は全員が和傘背負ってたんでどう使うのか楽しみにしていましたが
意外とそれほど効果的じゃなかったかな あと、衣装チェンジはやっぱり前面
だけじゃなく後ろも変えて欲しかったな
そして・・きました この会場のお目当てでもある てんま夢創会
青森チーム6チーム目でございます 青森県内でもそんなに大きいチーム
ではないですし、見る機会もそんなに多くはないですけど、やはり札幌に出場
するとなると一度は見に行ってあげたくなるのが青森県人の性というやつで
しょうかね いや、よさ夢でも見てはいましたけどまさかこんなに衣装チェンジ
を多用するとはびっくり  青森=衣装チェンジ みたいなイメージある?
このチームもけっこう年配の方もいらっしゃるんでね何かと大変だったろうなぁ
と感じます(^^) お疲れ様でした

ここでの目的は達成しましたので、さっさと移動です
ロスタイムがもったいなかったのでタクシー拾って移動(^^;;
若い女性ドライバーさんだったんですけで「サッポロガーデンパーク」
と告げたら「???」な顔されちゃいまして
ま、最近名称は変わったようですが「サッポロビール園」と言った方が
通じるようです ウン、オイラも何度も行ってますけど、あそこは
「サッポロビール園」でいいと思うの  名前変えたことでかえって
ややこしくなってるみたい  だって地図にもビール園で載ってるんだもん

上手くいけば札大Lafateに間に合うかな?と思ってたんですけど
こちらも時間はそれほど押している様子もなく・・ 付いた時に
踊っていたのがLafateで、正面に回り込んだら演舞終了~
前評判よかったから見たかったんだけどな 無念
ちょっとした昼休憩を挟んで午後の部開始
客席すぐ後ろに出店が並んでたので、食料買出しには困りません
ま、その気になりゃジンギスカンいけますしね
さすがに一人でやる勇気はないのでパスしましたけど

2009_061406150055 2009_061406150060 2009_061406150062
屯田舞遊神もけっこう長いよね~ 人数はそんなに多くはないですけど
なかなか活きが良くてキレのある演舞をするチーム
曲は生唄でしたが、結構好みです 最後もうひと盛り上がり欲しかったな
京炎 そでふれ合同チームは、向こうの方のお祭りのPR部隊のようですね
最後の真っ赤なタンクトップがなんともエロ・・いや、色っぽい(^^;
踊り子さんたちの表情がGoodでした 
よさこい知球群会・・・青森チーム7チーム目ですが 長いこと青森でYOSAKOI
ウォッチャーやってますが初めて聞くチームなんですよ
県内のYOSAイベもある程度見て歩いてるつもりですが、そういったイベントでも
お目にかかったことがないという 県内勢 まさか札幌が初見になるとは
ある意味激レアです スタイル的には良くあるローカルチームの標準的な
踊りといっていいでしょうか、一応手踊り的なモノも組み込まれてます
曲もおそらくオリジナル、旗の振り方なんかを見ても急造ではなく、2、3年以上は
活動してるんじゃないかなと思わせる内容でした 今後どこかで見れるかなぁ
北里三源色のステージ形式はここで見た うん、この人数がいれば もうちょっと
ステージ形式は手を加えられそうですね 伸びしろ感じました ただ、やはり三源色
の芯は踊りだと思うので、変に小細工しすぎないように注意

SGPを後にして・・・再び丸井前に帰ってきたマニエルさん(^^;
ジュニアコンテストはすっかり終わったようで、心なしか午前中よりも
客減ったかなと言う印象 ここでは例のススキノ中継番組見て一度
生で見て起きたかった 藤・北大をチェックです
凄いね めちゃくちゃいい動きしとるわ。 テーマもわかりやすく
広がりを感じる演舞になってました こりゃ行ったなと思ったんですけどね
個人的にはもうちょっと上位でも良かったかと

ちょうどこのぐらいですよ 携帯サイトでセミファイナルやらファイナルのメンツが
判明したのは 携帯チェックしなきゃならんわ、演舞みなあかんわブログ更新
しなきゃならんわで一番忙しかった時間帯かもしれません

この会場でもう一個みたのがむろらん鯨翔舞、去年も見てていいな~
って思っていた マニYOSAに呼びたいチームですw
だからマニYOSAって何だよ!?って話ですが
今年も良かったです まぁ曲が好きってのが一番大きいんですけど
踊りもダイナミックで見てて気持ちよかったですもん
思うような結果にはなっていないかもしれませんが活動つづけて欲しいっす

ここからまた赤レンガ会場へ移動!
ホントこの男は落ち着きのない奴だ
青森チーム 最後の1チームは本気会 これで青森8チーム制覇です
最初で最後の札幌挑戦 人数こそ少数ではありますが、札幌の他の
大所帯チームにも負けないほどの堂々とした踊りっぷりでした
この札幌の地で本気会が踊っているという事実になんともいえない
喜びを感じましたね
日本福祉学院&ジャパンケアサービス、感極まった踊り子さんが
泣きながら踊っていたのが凄く印象に残ってます もちろんコレが
今のメンバーで踊る最後の演舞だという思いもあるんでしょうね
このチームに限らず、それまでの努力とチームに対する愛が
あればこそ流せる涙なのでしょう

横綱級のメジャーチームだろうと、弱小ローカルチームだろうとこの
涙の価値はまったく同じだと思います(^^)


時間的に、すでにセミファイナル間近という時間でした

この会場ではこの後、だいぶ先にとわだ.馬花道のラストの演舞予定あり
しかしながらセミファイナルの開始時間を考えると、ここで馬花道ラストは
見ていけそうにないなぁ って諦めようかと思ってたんですが
なんだか演舞順がかなり繰り上がって、まもなく演舞開始とのこと

こういう奇跡もあるんですね 
YOSAKOIの神様?

というわけで、マニエル的YOSA観覧
最後の一般演舞はここ赤レンガでの馬花道でした(^^)

この後、大通公園に移動して桟敷席からセミファイナルとファイナルを
高いところから見せていただきました 
各チーム、ホントにすばらしかったね  いいモン見せてもらったよ
ま、上位チームに関しては後ほど検証編で触れていきますね


最後、かなりの駆け足になりましたけど(^^;;  
(ゆるせ 予定が建て込んでるのだ)
マニエル的YOSAKOI観覧記はここで完結にしたいと思います

いや、でも見たチームに関しては全部触れたつもりだし、書いておきたかった
事も書いたつもり まぁ何か思い出したら加筆していくつもりですけど


長らくお付き合いいただいたみなさん、ありがとうございます
お疲れ様でした


ま、まだ検証編があるのでオイラの本祭はまだ終わりではないですが
この後もいろいろYOSAイベあるんで 一度区切りをつけさせてもらいます(^^;


 参加されたチームのみなさんお疲れ様でした

 


















 

|

« さてと | トップページ | 青森 »

コメント

>裸人さん、

気にはしていたものの、会場着いた時には終わる間際
で・・・(^^; DVD収録に期待 
敢闘賞おめでとうございます
次回どこかで見れそうなチャンスがあれば必ず

投稿: マニエル | 2009年7月 3日 (金) 08時59分

遅くなりましたが本祭ウォッチングお疲れ様でした(^0^)。わざわざラフェッテをチェックしていただいてありがとうございました!結果は敢闘賞で悔しい結果となりましたが、後輩たちは一生懸命踊っていましたし、お客様の心をしっかり掴んだと思います。ちなみに曲は作った人が、「キャッチーでしょ^^。」と笑みをこぼしていました。またラフェッテを見る機会がありましたら、よろしくお願いします(^0^)!!

投稿: 裸人 | 2009年7月 1日 (水) 21時58分

>ラッシュさん、

やはり生の唄入りなんでしょうね
見たかったなあ
どこかで見れる機会は・・・あるかな?
道外遠征は期待できなさそうだしなあ
オイラが行くしかないんだろうなあ

投稿: マニエル | 2009年6月29日 (月) 20時29分

札大はけっこう良かったですよ。
セミにいった2007年みたいな印象に残る曲でした♪

投稿: ラッシュ | 2009年6月28日 (日) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑨:

« さてと | トップページ | 青森 »