« 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑤ | トップページ | 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑦ »

2009年6月23日 (火)

09 YOSAKOIソーラン観覧記⑥

ども、何をやるにしてもなかなか日中は集中できないマニエルです
夕方ぐらいから調子出てくるんだよな(^^;

さてさて、鬼の居ぬ間になんとやらではないですけど
昨日までは赤鬼さんが来てたんでなっかなか先に進みませんでしたが
ここからはサクサクっと進めて行きたいなと思います

YOSA観覧記つづきスタート

【09/06/13】(土曜日)

この日からようやく、道内の地方、道外のチームが本格参戦です
そう考えるとソーランナイトに出る遠方チームは札幌滞在が一日
長くなるので大変ですね その分得られるものも多そうですけど(^^)

前日、例のYOSAKOI番組を見ていたので寝るのは遅かったんですが
いつも通り7:00前に起床 ねみー
オイラ一応夏休みとして連休貰ってきてるんですけど、普通に出勤する
日よりも遅寝早起きで睡眠時間少なめです(^^;

この日、一発目の会場は新札幌だったんですけど
先ずはその前に一度大通公園に行って例の忘れ物の事聞いてみないと・・・
ということで8時頃に公園へ・・ この日は西8ステージは朝9:00から演舞
が始まるということで、朝早くから学生ボランティアの方々が忙しそうに
準備してました そんな学生さんたちによってこのお祭りが支えられている
というコトを忘れちゃいけませんね(^^)

おそらく、ゴミと間違って捨てられたかな~と、半分諦めつつ8丁目にある
インフォーメーションに聞いてみると、落し物、忘れ物に関しては6丁目の
本部に行ってきいてくださいとのこと。  そういう窓口があるってことは
もしかしたら最後の清掃作業の時に見つけられて保管されてるかも?

6丁目の本部行っておそるおそる「観覧席に忘れ物しちゃったんですけど
こちらにありますかね?、クリアケースなんですけど・・・」
対応してくれたオネーサンはそんなの心当たりないぞ的な反応
こりゃやっぱ捨てられたか、誰かが持ってちゃったかな~と諦めかけた時
に、見覚えのあるクリアケースの一部分が書類立ての中に!
「あ、たぶん コレじゃないかと思うんですけど・・・」と指差す

関係者かスタッフの持ち物と思われて保管してたんでしょうか(^^;;

いや~ありがたい 誰かが届けてくれたのか、スタッフが回収して
くれたのかわかりませんが 感謝感謝です
オイラが昨日の観覧席が何列目の何番だったか覚えていたのと、中にその半券
が入っていたので本人確認終了ってコトになり、ようや手元に戻ってきました(^^)

「スミマセン 有難うございました 助かりました」 とお礼を言ってその場を
立ち去り、歩きながら中身を確認  入っていたものすべて無事です
ただ、当然のコトながら中身は検められているわけで・・・
そりゃ本人に辿り着く手がかりが入ってるかもしれませんからね
中にけっこうマニアックなマニエルメモ的な物が入っていたんですが
それも見られたんだろうなあ(笑)
返してもらう直前、おねえさん2人で「あ、コレ!」と顔を見合わせていたので
たぶん、その中身のことで前日に何か話題になってたんでしょうね
「コレ忘れていったやつはかなり残念な奴に違いねえぞ」的なww

去年は去年で本祭中にデジカメぶっ壊れるし、その前にもなんかあったんだよな
毎年本祭りではなんらかのアクシデントが起きてる気がする・・・

この日は朝からかなり寒かったですね~
朝、公園に行ったときの装備ではもたないなと思い、一度ホテルに
戻って厚着したあといよいよ本日の行動開始でございます

地下鉄に乗っていざ厚別新札幌会場へ この日からドニチカキップ使えるから
移動はしやすくなりますね(^^)  この会場、初めて行くと思ってたんですが
何年か前に一度行ってたわ  到着してから風景見て思い出した
そんなに混んでいなくて穴場といえば穴場ですね 出店も近くにあるし
もうちょっと天気良ければ…張り付きで居てもいいぐらいです

お客さんは・・・まだ朝早い時間だということと、天気が悪いこともあって
かなり少なめ、まぁ見る分にはあずましいですけど 踊りる側はモチベーション
あげるの大変かもね 演舞開始の10:00から居ましたが、前日までに一度
見ているチームは省略ね(^^;

メジャーチームはある程度チェックが済んだので、この日からは
ローカルチームだったり新興チームだったりといったマニアックな
小規模チームを見るようにしました  あと青森から参戦したチームの様子見ね
目標 青森勢一回は見に行くこと(^^)

2009_061306150226 2009_061306150230 2009_061306150233

夢鼓道大地21は今回初参加ですね、聞くところによると石狩流星海から
派生したチームらしいですね、特色はエイサー太鼓とソーラン節の融合
演舞前半は琉球民謡風ですが後半はガッツリソーラン節アレンジ(KAZUMIさん?)
で見せてくれます。ちっちゃい子もいっぱいいたなぁ この先ちょっと楽しみ
乱蝶舞は標茶町からの参加の小さい子から大人までのファミリーチーム
北海道のどこいらへんにあるのかも良くわかっていませんが、長時間かけて
来たって言ってた。 いや、ホントに好きじゃなきゃ出来ないよね。
こういうローカルチームこそお祭りの本来の楽しみ方を知っているのかも
向日葵会&加舞輪奴会は合同チームでありながら、それでも規模は小さい
ですが(^^;; それぞれが踊りを楽しんでいるなぁと メジャーチームに比べたら
見劣りはしますがアットホーム感が売りでしょうね  小さい子達も一生懸命
頑張ってましたね(^^) 帯広大谷短期大学YOSAKOIサークル“蘭”は初めて
見たなぁ・・・ 北海道の学生チームと言ったら大所帯というイメージがありましたが
こういうところもあるんですね、青森で言うところの影飛威Seaぐらいか?
大正浪漫漂う袴姿が印象的 踊りも手作り感(素人っぽさ)たっぷり
でも若いから動きはキレてますよね まぁソーランでは珍しいですけど
こういう愛好会的な学生チームあってもいいかもしれません
蒼天飛龍は前日のナイトで見たので詳しくは触れませんが、同じステージ
形式でも観覧席の上から眺めるのと、間近で見るのではまた印象が違いますね
あと、認定の都合で前日参加できなかったメンバーが合流してフルメンバーに
なったこともあって迫力UP ジュニアっこがちゃんと歌ってるのも聞こえたよ
蒼天飛龍らしい作品に仕上がってると思います(^^)
幻夢伝の新曲をついに見ました というか、もうこの会場に来た目的でもあるし
テーマは「月」 最初に新月・・と言ってた気がしますが、踊っていくごとにその
姿を変えていくんでしょうかね(^^)  衣装はガラっと変わった気がしましたが
実は羽織の色が変わっただけでインナー同じ?  あと、今回は衣装に
ちょっとした仕掛けがありますね  まだ地元でも披露してないだろうから
詳しく書くのは自粛しておきますけど  一番激しくなるサビの部分、大好きですね
男踊り カッコイすわっぁ 最後が静で終わる珍しいパターン
この幻夢伝まで見たところで次の会場に向かうためソッコーで移動です
会場からJR駅まで走ったねぇ(^^;;  普段そんなに走らんのにさ
YOSAKOIの移動でJR使ったの初だよ ケータイに登録してた時刻表検索が
役に立ちました おかげで予定していた電車に間に合った

一時間ほどの滞在でしたけど、いろんなチーム見れて良かったわぁ
セミ以上クラスの有力チームに比べて 規模も小さいですし、完成度も
そこそこなんですけどw、出番までに待機場所で熱心に練習してるわけですよ
その一生懸命な姿勢は、メジャーチームもローカルチームもおんなじですよ(^^)

新琴似会場

2009_061306150251 2009_061306150264 2009_061306150267

本日2箇所目は新琴似会場です 何年ぶりだろうなぁココくるの
花嵐が昔のねぷた絵の地方車使ってた頃だから・・・何年前?
駅からしばらく歩かなきゃならないので避けてたんですよね(^^;;
天舞にはYOSA夢で十和田まで来てもらいましたからね、ここは
ウォッチャーとして新琴似会場にお礼参りです(関係者ではないですが)

今回は地下鉄ではなくJRの新琴似駅からだったので・・それでも
15分ぐらいは歩いたかな(^^;; やっぱり遠い
天舞龍神がスタートするちょっと前で 道路使ってパレードの練習の
してましたね。 ローソン前の特設売店で応援用の旗とパンフGETし
総務次長さんにご挨拶

この会場、一応パレード式なのですが明確にスタートとゴールってのが決
まってないらしく、前のチームの進行具合によってスタート位置と進行距離
が変わってくる感じ(^^; だもんで、どの辺に陣取っていいのか非常に
悩みます 何度も何度も場所移動しましたからね おまけに雨が強くなったり
してちゃんと見れたチームとそうでないチームがありますがご了承ください

うちなだ愉快な仲間たちって後から見たら石川県のチームだったんですね
50’ロカビリーなテイストの作品で、かつてのドコモオレオレを思い出したが
実はご年配のお姉さん方が多い? 函館の婆ぁYOSAKOIのような人気チーム
なのかもしれません(^^) 沿道のお客さんを巻き込みながら楽しい演舞を披露
laborも毎年スタイルは大きく変えずにお祭りそのものを楽しんでいるという感じの
チームですね、わざわざ見に行ってるわけではないですがこの緑色ハッピには
毎年巡りあってる気がするなあ 女性の中の衣装けっこう露出あったけど雨の
中お疲れ様でした くまがや鳴子会熊舞は埼玉から参加のチーム
扇子や傘を使ったり衣装チェンジがあったりとなかなか本格的。
フロントには若い子もいましたけど、おばさま達の方が多いのかな
演舞前にちょっとしたやりとりを見かけ、なかなかおばさんたちをまとめる
のって大変だなぁなんて思いながら見てました(笑)
舞灯雄武も毎年おなじみのスタイルでお祭りを楽しんでるチーム 赤い足袋は
どこに売ってるんだろう とか変なところに興味が行ったり うちわもあの雨じゃ
きっとボロボロだったでしょうね 舞族月華はジュニアチームですが雨の
中頑張ってました、可愛らしい振り付けもあったりしてね
引率する保護者も大変そうでしたが、いろいろとドラマが見えてきて面白かったです
十勝港ソー乱舞はここではおなじみのローカルチーム、先頭で提灯持ってる男の人
の動きが良かった 昔ながらの力強い振り付けを、たくましい二の腕をあらわにした
お母・・お姉さんたちがキビキビ踊ってました(^^)


長くなってきたので一旦ここで切っておきます

|

« 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑤ | トップページ | 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑦ »

コメント

十勝支部のチームが出たのでちょっと書きます。
大谷短大は、実は最古参のチームで、十勝管内のチームでは最も参加回数の多いチームです。
そしてここを巣立ったメンバーが他のチームの若人衆として頑張っております。
ただ去年の世代交代の時には部員が2人しかおらず、存続も危ぶまれていたのに、参加までこぎ着けたとは、よく頑張っているチームだと思います。

それからうち「十勝港ソー乱舞」ですね。
今年、振り付けはYOSAKOIのことはこれっぽっちも知らないジャズダンスの同好者の方にお願いしました。
で、振り落としの時に見て「…これはうちのチームのカラーじゃない…」と思ったのですが、最終的にYOSAKOIになってしまいました。
なんでも取り込んでしまう、YOSAKOI、恐るべし…。
あー、それと『お姉さん』じゃなくて『お婆…』と言う方も混じっていますので、補足しておきます。

投稿: 応援団長◆十勝港 | 2009年6月27日 (土) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑥:

» 海外旅行 持ち物 [海外旅行 持ち物]
海外旅行の持ち物って何を持っていくの?そんな疑問にお答えします☆ 海外旅行の持ち物で持ってて良かった!そんな海外旅行の持ち物について解説するブログです♪ [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 00時11分

» 激安ドコモ、白ロム通販 [ドコモFOMA SH905iTV、白ロム激安携帯]
ドコモFOMA、最新携帯、中古白ロムの購入ガイド [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 02時04分

« 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑤ | トップページ | 09 YOSAKOIソーラン観覧記⑦ »