« 2009 ソーランファイナル進出予想③ | トップページ | さて »

2009年5月29日 (金)

2009 ソーランファイナル進出予想④

さてさて、今日も行ってみましょう

あ、明日から ちょこっと予想の方をお休みします
さんさとかがあるのでね(^^;


◎  ブロック一位になる可能性が高そうなチーム 本命
○  本命の次に1位の可能性がありそうなチーム 2位になる可能性が高い
▲  演舞の出来次第で本命に勝つ可能性があるかも!?
△  ブロック2位までの可能性がありそうなチーム
×  もしかしたら上位食い込めるかも!?、注意が必要
☆  結果に結びつかないかもしれないが評価が高いチーム 一発あり注意
マ  マニエル   1位の可能性は薄そうだが個人的に気になるチーム(^^;

【一次審査 第4ブロック】

◎ The日本海&北國新聞
    ござれGO-SGU!滋賀連合
▲ 札幌大学La fete
    むろらん鯨翔舞
    北海阿呆踊人
△ 鳴海商工会猩々
    森未来人
    中村記念病院『脳天気』
    石狩朱華弁天
    日本福祉大学&ジャパンケアサービス"胤華來舞"
マ みちのくYOSAKOI THE駆波"乱
○ 酪農学園大学
    びしゃせん
× 札幌私立大学~~真花~
   Posso ballare?MG



すっかりファイナルレギュラーとなったThe日本海を相手に、昨年ブロック3位
にとどまった酪農学園大学がどこまで食い込めるか・・・というところ
それでもやはりこのメンツの中ではThe日本海の安定感は高めか
世間の印象はやはりまだ天舞のコピー オリジナリティをどれだけ
出せるかで気になるところ。 

対抗は若さあふれる学生勢が有力かな
復活を狙う酪農学園に○、じわじわと地位を上げてきているLafete
上位を狙えるのではないかと思います▲ すべては作品次第でしょうね

道外から侮れない存在は 鳴海商工会。 昨年の名古屋どまつりでの
大賞受賞チームが札幌でどこまで意地を見せられるか!? 
昨年好成績でデビューを飾った真花にも注目してみたいと思います

マ印は東北から、みちよさ代名詞的チームのTHE駆ぽっそが出るので
すが、あえて高知系のTHE駆がどう立ちまわるか気になるところ

と、こんな感じになりました どんなもんでしょうかね

|

« 2009 ソーランファイナル進出予想③ | トップページ | さて »

コメント

>玖遠@踊り子さん、

本祭お疲れ様でした
充分楽しまれたでしょうか

札大と鳴海商工会見逃しちゃいました 無念
とりあえず自分が見れたものに関しては
簡単にでも書いていこうと思います

投稿: マニエル | 2009年6月18日 (木) 23時53分

本祭お疲れ様でした。
酪農、札大、真花は実力伯仲していた気がします。
札大,鳴海商工会の両チームは敢闘賞にとどめておくには惜しい。

考察を楽しみにしています。

投稿: 玖遠@踊り子 | 2009年6月17日 (水) 22時21分

>某踊り子さん、

コメントありがとうございます
日本福祉学院&ジャパンケアサービス胤華來舞
見ましたよ 最終日の赤レンガ前で

感極まった踊り子さんが泣きながら踊ってるのが
印象的でした
結果はどうあれお客さんはちゃんと見てますから(^^)
これからも頑張って欲しいと思います

投稿: マニエル | 2009年6月16日 (火) 17時28分

日本福祉学院&ジャパンケアサービス胤華來舞ですょ

投稿: 某踊り子 | 2009年6月12日 (金) 15時27分

>裸人さん、

学生合同出陣式での結果もなかなか良かった
みたいですし、楽しみですね
構成マニアとしては興味深いですw

投稿: マニエル | 2009年6月 1日 (月) 20時02分

>鬼兵衛さん、

あまり馴染みのないチームが多いですかね
THE!!駆も悪天候の中のよさ夢に来てくれたチーム
なので応援したいと思います

投稿: マニエル | 2009年6月 1日 (月) 19時56分

今年のラフェッテを見たのですが、例年になく構成が面白くてとても見ごたえがありますよ!。評判も上場でかなり良いところまで良くと思いますよ!。

投稿: 裸人 | 2009年5月30日 (土) 00時23分

知っているチームが少ないので難しいがThe日本海は手ごわい。
東北人としてはThe駆にもがんばってほしい。
The対決で。

投稿: 鬼兵衛 | 2009年5月29日 (金) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009 ソーランファイナル進出予想④:

« 2009 ソーランファイナル進出予想③ | トップページ | さて »