« 第4回 AOMORI春フェスティバル① | トップページ | 第4回 AOMORI春フェスティバル③ »

2009年5月 7日 (木)

第4回 AOMORI春フェスティバル②

マニエル的GW最終日 
4日から今日までがお休みでした

今日一日はもうずっとPCに向かってる感じ(^^;

本祭の予想の準備もそろそろやんないとなぁ・・・

さえさてさて春フェス報告の続き

初日の昭和B会場 最初、空いてるなぁと思ったら、昭和Aで場所取りしてた
人達がぞろぞろと移動してきた(^^;  「あっちでYOSAOIやんねぇずじゃ」って
言ってたんで、たぶん昭和AでもYOSAKOIやると思って座ってたんでしょうね
どこの会場で何をやるかもうちょっとわかりやすくする事・・今後の課題でしょうか
慣れてる人は音響や地方車がないトコで場所取りなんてしないけど。

でも、個人的にはYOSAKOI会場はピークの時間帯はもう1ブロックぐらい
増やしてもいいような気がした 新町Cでもかなり人が多くで見にくかったから。
お客さんが多いというのはいい事だ(^^)



つがる海峡ちゃか親童 北天舞悠
2009_05060081

よさ夢では一回だけの演舞だったので、今回は外で存分に踊れた
のではないでしょうか(^^) このチームといえばやはり荒馬
今の曲はずいぶん長く使ってますが、次回作の予定があるとすれば
もっと効果的にかつふんだんに盛り込んで欲しいところ


津軽もつけんど蒼天飛龍
ソーラン前ですので、詳細については自主規制  
気になっている方もいるでしょうね。 ズバリ 凄いっすよ!( ̄ー ̄)ニヤリ
これから見る人、お楽しみに。 ファーストインプレッションは何人かの
踊り子さんに直接お話ししてきました 実はもっともっと不完全かなと思いきや
予想以上の仕上がりに驚き あと一ヶ月でどこまで高まるか(^^)
隊列の前後が入れ替わる際に流れが止まってしまうのが少し気になる
ところですが、まぁまだ未完成要素もあるので今後印象も変わってくるでしょう
激流を登り、龍に成れるか!? 

新風!
2009_05060060
このチームのスタイルというものが固まってきた感じですね(^^)
異国情緒あふれる民族舞踊風とでも言っておきましょうか(^^;
まほろばな匂いも感じたりもするんですけどね
この辺りではなかなか見かけませんが、ソーランやみちよさでは若い子達
がたまにやってますね どちらかといえばシュールなんで万人受けするとは
言いがたいですが(^^; 独特の味があります  
衣装は和風なのですがこういう系の音楽ならもっと奇抜でボヘミアンなのでも
ハマる気がします

よさこい旋隊龍連者゛
2009_05060087

実は春フェスはねぶたとサンバとYOSAKOIソーランと高知よさこいが見れる
イベント。龍連者゛は高知系チームですが、全国各地に出没して踊りを楽
しんでる面白チームです 練習よりも飲みの時間のが長いというハナシを
聞いてますww コミカルな振りも特徴で、今回の曲にはドリフでおなじみの
北海盆唄も入っていて、お客さんを喜ばせてました MCの方も昭和の匂い
がすると喜んでました

祭姫會
2009_05060101
新曲 覇者・・ソーランには出ないから写真載せておきます
某戦国パチンコのようなオープニングwとにかくスピード感のある曲 
最初から最後までクライマックスって感じで動きまくってた印象
ハードルが上がってしまったので昨年の春フェスで感じたほどの強力な
インパクトはないですけど(^^; 作品としては悪くない 祭姫會カラー
というのは出てると思います 全体的に終始同じテンションで踊ってる
気がしたのでこれからさらに踊り込んでメリハリがついてくるとまた見え方も
変わってくるでしょう 

とわだ.馬花道
2009_05060186
演舞そのものについてはその都度指摘してきしたつもりなので
特にコメントしないでおきます 曲も振りも悪くない
実際にお客さんの反応は良かったですし。
今更なんか言ったところで 悩ませちゃうだけだしね(^^;
今回はパレードを注目して見ましたが、なかなか上手に流れられずに
苦労してる様子 もともと作品の構成がステージ向きに作られているんで、
パレード用にフォーメーション組み直すとなるとものすごく大変
なのでしょうね、「駆け抜ける」というイメージが沸くような自然な移動
が出来るとテーマにもハマりそうなのですが
人数もそこそこ増えてるようですが、さらに多く居るように見せる
工夫も必要かもしれない

総踊り

2009_05060043
一般のお客さんもけっこう飛び入りで入ってました
酔っ払いと思われるオジサンも

「夜」というシチュエーションの方がテンション上がって入って行きやすい
のかも知れませんね ホラ、ねぶたも夜の祭りだし
それにしても春フェスの総踊りってなんだか盛り上がりますよね~
ザ・フェスティバルの初公開が昨年の春フェスだったわけですが、
この1年間でずいぶん浸透したようです 
県外のチームのみなさんも踊ってくれてましたね

前夜祭編 コレにて終了~

この後、レセプションにお招きいただきましたが内容は割愛します

|

« 第4回 AOMORI春フェスティバル① | トップページ | 第4回 AOMORI春フェスティバル③ »

コメント

>くまこ@龍連者゛さん、

龍連者゛に「面白い」は最高のホメ言葉ですね
ニコニコしながら「変なおじさん」を見ている
お客さんが多かったと思います
笑ってくれればいいですけど、冷ややかな目で
見られたときに困っちゃいそうですねw

海一つ挟みますが「お隣」ですから
北海道のソーランを実際に目にする機会も少なくは
ないですし、その分意識も高まるんでしょうね
客の目も肥えてきてるみたいですし(^^;

「楽しむ」というのを忘れちゃいけないと思いますけど
苦労したあとの達成感こそが何よりの楽しみみたいです

投稿: マニエル | 2009年5月 9日 (土) 11時31分

お褒め頂きありがとうございます(笑)
面白いって言われるのが快感♪な龍連者゛です。

去年は、この曲のお披露目でいっぱいいっぱいでしたが、一年踊りこみ表情にも余裕が出て踊り子一同思いっきり楽しめたと思ってます。
鳴子の音やよさこい節が青森では新鮮だったのではないかと思ってます。それと、笑い方向の部分も。
見ていたオジサマに変なおじさんの振りのとき
「女の子なんだから」と苦笑いされた私ですが、めげずに頑張ろうと思います。


それにしても、改めまして、青森のソーランへの意識の高さを感じました。全体的にレベルも高いし、ひと1チームの人数も多いような気がします。
いよいよ来月!と勝手にテンション上がった私でした。

投稿: くまこ@龍連者゛ | 2009年5月 7日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4回 AOMORI春フェスティバル②:

« 第4回 AOMORI春フェスティバル① | トップページ | 第4回 AOMORI春フェスティバル③ »