« 第4回 AOMORI春フェスティバル④ | トップページ | さ~て今週のマニエルさんは・・・ »

2009年5月10日 (日)

第4回 AOMORI春フェスティバル⑤

久々にウチの職場の中で1,2を争うポンコツ車に
乗ることになりまして・・・散々でしたよ(^^;;
エアコンつけても熱風しか出てこん モワァ~~って
情熱熱風セレナーデですよw

なんてたって20万キロ突破しとるからね スライドドアは片側しか開かんし(^^;
ひっさびさのマニュアル車でしたが、体が覚えとるもんですな
でも、オートマに慣れちゃうとやっぱ面倒くさいっすね

さて、春フェス報告完結編

駅前広場で一通りのチームを見たんで、コンプリートまでは
残すところこの日の午後から参加するチームのみ

昼の演舞が始まるまでに時間があるのはありがたい
ってことで、昼休みを利用して味噌カレー牛乳ラーメンでもと
思って店まで行ってみたら長蛇の列(^^;
こりゃ待ってたら午後のYOSAKOI始まっちゃうなぁ・・ってことで断念

ガイドブックにクーポン付いてたから、使えばガイドブック100円分
安く買えたことになるハズだったのに・・

夢限舞童
毎年春フェスで新曲披露してくれるんですよね~ 嬉しいことです
ここも、一応自主規制ってことで 写真無しでいっときます
もともと、うちんとこは写真はあくまでも挿絵的な役割ですが
衣装はいつもの夢限らしい感じですね 色使いはテーマに
沿ったものになっているようです(^^)
大人顔負けの迫力の演舞でお客さんを圧倒 めっちゃカッコエエ
今年ももちろんジュニア大会の優勝候補でしょうね

幻夢伝
2009_05060150
岩手県奥州市から参加
昨年40人ギリギリで本祭セミファイナル進出という偉業を成し遂げたチーム
今作の「幻紫郷」はこの春フェスが踊り納めとなるらしく、最後のパレード形式
を楽しんで踊っていたようです 新曲に変わるとしばらくは「楽しむ」という
余裕もなくなっちゃうんでしょうね(^^;  相変わらず全身を使った力強い踊りで
観客を魅了してました 今から新曲が楽しみです 
演舞後おかんさんに初めてご挨拶させていただきましたm(__)m

はちのへYOSAKOIまつり
ソーラン出場するので写真無し 一応審査も希望してるみたいだしね
もともと、それほど審査や賞には固執してない年齢層の幅広いチーム
(だと思う)ので、ガッツいてるチームに比べてずいぶんユルめ(辛口?)
特に青森はレベル高めですから(^^;;
とはいえ、衣装変えや小道具など見る人が飽きないようにという工夫
が感じられます  目的は はちYOSAのPRかな


輝羅鈴衆
2009_05060185
きゃさりん先生トコのYOSKAOI講座の生徒さんチーム
明るく楽しくYOSAKOIやりたい人が多数在籍
曲はこれオリジナルでしょうか 高瀬まみさんの唄ってのはわかりますが
比較的シンプルな振りだけで構成されていますが、太鼓の音のみで
踊るような難しいパートにもチャレンジしてます
ここで物足りなくなった生徒さんはいよいよ花嵐の門を叩くのでしょうなぁ

ついんくる
はい、新曲でした 写真載せないでおきます 良いです。好きです。 
なんだろね、函館のチームってやっぱカッコイイ系だよね
このチームの作品も毎年カッコイイなと思って見てましたが今回の作品は
それだけじゃなく、華やかで綺麗な場面が印象的・・・某大型オシャレチームを
思わせるような展・・・ おおっと、あまり詳しく書いちゃいけませんね(^^;
作品の雰囲気から若者ばかりのチームかと思ってましたが、大きなお姉さん
までいらっしゃるようで・・意外。 

大旗競演
2009_05060155 2009_05060153

これも春フェス・・というか青森のYOSAイベではすっかり定番となった
旗の競演。 うん、共演というよりも競演のほうがしっくり来るね
暑い中、旗振りのみなさんお疲れ様でしたね

しかし、ホント天気は良すぎるぐらい良かったね~(笑)

どんどん前に人が出てきてカメラ塞いじゃうし(^^;、日なたの方しかスペース
ないから我慢して直射日光浴びながら見てるんだけど視線の先にある日傘の
おかげで演舞ほとんど見えなかったり、今日はもうこりゃ仕事ににならんわ・・
って あまりの暑さと人の多さで心が折れかけたりもしましたが(笑)、なんとか
全チーム1回以上は見れたはず 来年もコレぐらいの観客動員あるなら
YOSAKOI会場もう一個ぐらい増やすのもアリかなって思ったり。
人出は昼過ぎから大旗競演が終わるぐらいまでが一番のピークだったでしょう
かね 去年までは比較的空いてた会場も今回はぎっしりでしたから(^^)




印象的だったシーンその1
2009_05060168 2009_05060170
YOSAKOIとサンバのコラボ 
チームの踊り子さん、さらには一般のお客さんたちがサンバダンサーの
方々と楽しく踊っているというシーンが見かけられました(^^) 
いいですね こういうの
『招待祭り』会場がこんなに盛り上がっていたのは初では?
和も洋も関係なく踊りには国境はないのですね(^^)

印象的だったシーンその2
2009_05060194
舞台背景としてのねぶた
春フェスを象徴するシーンではないかと思います

実はコレ、常に見れたわけじゃなくて新町C会場での限られた時間だけ。
ラストの2チーム ついんくると花嵐が踊った約10分ほどの間

新町D会場の奥の方に展示されていたねぶたに灯が入り、YOSAKOI
をやっているC会場に向かってゆっくり進んできたのが ちょうど ついんくる
が踊りながら進行してる最中。 ついんくるのパレードと共にこちら側に向
かってくる ねぶた、壮大な音楽とも相まって感動的でもありました 
・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*見た人ラッキーよ
ATVさん、映像おさえてましたでしょうか

花嵐の演舞では曲中の三味線の音色がさらに臨場感を高めてくれます
これぞ津軽! オラも一緒にかだるべと武者が山から下りてきた瞬間! 
まさにねぶたが花嵐を見守っている岩木山のように見えましたね(^^)
この場面では旗や傘が逆に要らなかったんじゃないかなってぐらい
反対側の客席に某カメラマンさんが居たようですので良い写真撮ってることでしょう


というわけで、5回にわたってお送りした春フェスレポ
今年の春フェスもマニエル的に大満足!(^^)  いいお祭りです
参加したみなさん、、運営スタッフのみなさん、お客さんもお疲れ様でした
それと、交流会や会場などでお世話になったみなさん、ありがとうございました



あ~~~、しまった! ついついサンバに気をとられて
自衛隊の車輌展示見てくんの忘れたっ!
くそ~サンバめぇ~(笑)

|

« 第4回 AOMORI春フェスティバル④ | トップページ | さ~て今週のマニエルさんは・・・ »

コメント

>Mr.childrenさん、

こちらこそお世話になりました
YOSA以外にも青森堪能されたようですね

サンバはときたまC会場を抜け出して見に行ったりしてましたw

投稿: マニエル | 2009年5月13日 (水) 23時02分

御世話になりました!感謝。

2日目、どうしても「鮪」(2年ぶり)に食べたくて駅前会場を中座して食べて酔楽天の演舞から戻ってきました。

言われて思い出した「J隊」さんの車両展示…。

サンバも、もう少しユックリ見たかったな~(次回もあるならチョットtimelag作って見たかったな~)

投稿: Mr.children | 2009年5月11日 (月) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4回 AOMORI春フェスティバル⑤:

« 第4回 AOMORI春フェスティバル④ | トップページ | さ~て今週のマニエルさんは・・・ »