« 最終日 | トップページ | 寒くなってきたね »

2008年11月 4日 (火)

手鼓舞 解散公演

どうも、休みボケのマニエルです
休みナンボあっても足りないね(^^;

今日からマジメに仕事復帰です


さて、そんな連休中に行って来た手鼓舞の解散公演をサラッと報告
いつものような講評はしません(^^;

よし、行こう!って最終決断したのが前日のお昼ごろだったり(^^;
いつもと違ってとっても衝動的な小旅行
懐と相談しながらいけるだろうってことで その日の夜のフェリーに乗船

青森から見にいくなんてオイラだけぐらいのものかと思ってましたが
他にもいました(^^; 手鼓舞とは交流があるという某チームの代表さんが来ておりました

公演自体は14:30からなのでフェリーで朝早く到着してもヒマなだけ~
それこそ苫小牧ではホッキフェスタとかやってましたけどね

2008_11020054 2008_11020058 
同じく公演を見に行くというMr.Childrenさんと朝早くから合流し
千歳空港へGO!  

近くではラリーのレースもるみたいでしたね
レース出場車の移動中の様子を真横からパシャリ
沿道にいっぱいギャラリーがいて何事かと思ったよ

2008_11020059

こちらが最近何かと話題の花畑牧場直営店の行列の様子(^^;
スンゲー!!
販売開始は11:00なのですが、9:00ぐらいから行列でき始めてました

携帯からも書いたとおり、お土産ショップめぐりやらホエー豚丼、
飛行機の離着陸を見ながら時間つぶし(^^) 収穫もいっぱいあってね
もうこれだけで生み渡ってきた甲斐があったってもんです

あ、そうそう空港1Fにある花畑牧場直営飲食店
生キャラメルカフェは9:00オープン 
カフェセットを注文すると生キャラメル2個まで買えます 
買える種類はその日によって違うみたいですね この日は抹茶とプレーンの2種でした
ホエー豚亭の方は10:00オープン
こちらも豚丼セットを食べると会計の時に2個まで買えます

11:00から販売開始の直営店の方は5個まで買えるようです
この日はチョコと抹茶とプレーンだけの販売 やっぱりホワイトは激レア

あ、ブランドにこだわらず生キャラメルなら何でもいいやって人は
他のメーカーさんもこぞって出してるのでかなりそれっぽい類似品は
並ばずに買えますね すっかり北海道の名物になってしまったな

席数に限りがあるというので、少し早めに会場へ

2008_11020061 2008_11020062_3

会場は、ちょっとした公民館のホールぐらいの大きさでしょうかね
席はひな壇になってるのですげー見やすかったです

ロビーには今までの衣装や写真など歴史を感じる品が
飾られていてました 

一部
手鼓舞2008 「永久に」
室蘭ルネッサンス
手鼓舞1997 「ソーラン節」
夜桜金魚とまこまい
手鼓舞2001 「黒龍拳舞」
舞踊道楽
ほべつうまい米さ
手鼓舞2002 「乱」

二部
手鼓舞2004 「太陽神」
炎-HOMURA-
室蘭百花繚蘭
手鼓舞2006 「伝説」
蒼天爛華
Let’s(カラーガードチーム)&手鼓舞 旗演舞「鳳凰」
乱舞童
手鼓舞2008 「永久に」

ざっと流れを紹介するとこんな感じでした
手鼓舞という一つのソーランチームの歴史を振り返られる構成に
なってますね

たぶん、オイラが最初に見たのは2001か2002年のヤツだと思うのよね
衣装がなんとなく見覚えあった

この年にはもう札幌に本祭見に行ってますが、どんなチームを見たのか
も良く覚えてません(^^; まだまだ新米駆け出しウォッチャーの頃ですから
どのチームが強いとか弱いとか全然知らずに見に行ってた

その年のみちのくYOSAKOIを見に行った時に、とりあえず北海道
のチームだけは要チェック!てな感じで、東北チームそっちのけで
北海道勢ばっかり追っかけてまして・・(^^; 手鼓舞を初めて見たのは
たぶんその時だったはずです。 分かりやすくカッコイイソーラン節が入っててね
やっぱ知ってるフレーズ出てくると乗っちゃうわけですよ(^^)
夢想漣えさしや蒼天欄華あたりをちゃんと認識できるようになったのも
この頃でしたかね~  アハハハ 懐かしぃなぁ
その後もけっこうみちYOSAには毎度出てくれてたこともありまして
オイラの中で一目置く存在のチームとなるわけです

何度か本祭予想でも印つけたし、好きなチームのひとつだっただけに
解散はやっぱりちょっと寂しいですね

手鼓舞演舞の合間に演舞披露するゲストチームの方々のコメントの
端々からもやはり「悔しい」「無念」というような思いが感じられました
同じ苫小牧市内のチームや近隣チームなんかは同じイベントで
一緒になる機会も多かったでしょうし 交流もあっただろうからね~

プログラム進むにつれて感傷的になっちゃうのよね
あ~もうあとちょっとで終わっちゃうんだな~とかさ いろいろ考えてしまう

最後の演目 カラーガード隊も含めた全員での「永久に」が素晴らしかった
今年の本祭で見たときからもう神曲だと思ってたんですけどね
このシチューションでしょ、思いっきり感情移入しちゃった
最後の曲、スタンバイの時点で踊り子さんから物凄いオーラ出てました
照明も明るくして、お客さん一人ひとりの顔が見えるようになってた
口上mまた泣かせるんだ、コレが

泣きながら踊ってる子もいたし、満面の笑顔の人もいましたね
この場所が、この仲間が、このチームが大好きなんだっていう思い
ビッシビシ伝わってきました 
それ見てたらゾクゾクしてきてね オイラもついに撃沈 ・・・泣けましたよ(;д;)
我慢してたんだけどね~  最っ高にカッコ良かったっす

最後は涙ながらに代表が挨拶してました
途中でアンコールがかかったんですが会場の都合もあり
残念ながらアンコール演舞は無し(^^;


「ご存知 あなたの手鼓舞です」 で〆

2008_11020106 2008_11020068 2008_11020117


やっぱりこれだけたくさんのお客さんに愛されてるチームが減っていくのは
寂しいもんですね。 mixiにもちょっと書いたんだけど、それでもこうやって
ファンや交流チームに見守られながら幕引き公演が出来るのはシアワセな
事なのかもしれません。それも出来ないまま突然解散しちゃうチームも少なく
ないですしから。 断腸の思いで活動休止せざるをえないチーム、これ以上
増やさないようにしてほしいと思います

手鼓舞というチームはなくなっちゃいましたけど、永久マ印チーム
としてオイラの心の中にとどめておこうと思います(^^)

|

« 最終日 | トップページ | 寒くなってきたね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手鼓舞 解散公演:

« 最終日 | トップページ | 寒くなってきたね »