« 08 みちのくYOSAKOIまつり② | トップページ | おはようございます »

2008年10月16日 (木)

08 みちのくYOSAKOIまつり③

どうも、せっかちな自由主義者 金星人(マイナス)のマニエルです
気になったものはまず実際にやってみる、見てみない気がすまない
性分らしいです(^^; そうですよね?細木先生

うん、多分当たってんじゃね~?┐(´д`)┌

あちこち飛んで歩くのはそういう星の下に生まれてるからしょうがないのですよ・・
と、正当化しておきます

【第2ブロック】鐘崎賞ブロック
2008_10120060 2008_10120079 2008_10120087


予想

井原水産&北星学園
信州大学YOSAKOI祭りサークル和っしょい
蔵っこ
舞夢華幻


結果 舞夢華幻


こちらのブロックも、昨年と同じく舞夢華幻がファイナルへ
しかし・・みちよさってほんと学生には厳しいよね~
ガハハハ 学生にとってはちょっとした関門になってるようだな、
地元、福島、北海道、名古屋の学生達が集まってるイベントだからな
学生だらけのファイナルにならんように多少厳しくなってるのかもな

来年からの予想はなるべく学生さんをハズすようにしますよ(^^;;

さて、それでは順番に見ていきましょうかね

蔵っこ
北の大地みたいな笠が印象的でした。旗や衣装なんかをみると高知系かな
とも思えますけど、入り掃けやフォーメーションチェンジなどソーラン系
舞台が狭いので入り掃けがごちゃごちゃして見えたのが残念だったな
楽しませようという意識は伺えるな 合格点 

赤鬼さん、あいかわらず偉そうですね~(^^;
でもいいです、そんな感じでどうぞ 
信州大学YOSAKOI祭りサークル和っしょい
ここはそれほど派手な演出にも頼らず、しっかりした踊りで見せてくれました 
どまつり準大賞ということで期待してましたが、マニ的審査でも高得点でした
こういう系統のはホントはもうちょっと人数がいたほうがいいんだがな
衣装変えのあとはもうちょっとヤマが欲しいな 前半とあまりテンション変わってない

厳しいね、オイラの採点だとブロック1位だったけど・・・
天真 馬陵玄武
小さい子供から大人まで居ました ファミリーチームでしょうかね
途中から強引に別な曲つなげたようにガラッと変わる(^^; 
前半の方がカッコ良かったな、後半は若干ダレ気味だが、まぁファミリーチームなら
こんなもんだろ ちびっ子も頑張ってたしな 上位入賞を目指すならもうちょっと
頑張りましょうってとこだな ガハハハハハハ

あの~、一応チーム関係者も読んでるんですけど・・・(^^;
そんなことは~知らん オレの素直な感想だ

北海道から参加のみちよさ用チーム といっても、本気でねらってる訳ではなさそう
人数もそれほど多くなかったしね オシャレ系チーム 美人さんいたし
学生さんが主体のようですがこうやって小さいながらもチーム立ち上げて
運営するという事に意義があるのかもしれません
曲もキレイでした セブンスワークスもなかなか幅が広いねぇと思ったよ
人数いればもうちょっと見栄えいいんだろうけどな、つーか、参加ルールとして
15人以上150人以下という条件があったと思うが、審査に参加してるチーム
の中にも15人に満たないのがけっこうあったぞ 減点になってるのか?

踊りはちょっと雑だったな 練習不足だな 揃ってたり揃ってなかったりラジバンダリ
名前は「倭」ですが、作風はどちらかといえば「洋」のチームでした
これから毎年出てくるんでしょうかね~
MAIYA
岐阜から牛タン食べに来たチームだな
いや、違うと思う(^^;; 口上では「お昼は牛タンだ」って叫んでたけどね(笑)
お祭りらしさを前面に押し出したチーム 楽しくて元気
どまつりにはこういう「祭り」を感じさせるチームがいっぱい出てる
こういうチームは本人達が楽しそうなのはわかるのだが、意外と客には
それほど楽しさは伝わってないんだよな まぁ客は踊ってるわけじゃないから
当たり前だがな ガハハハハ

難しいところだよね~ 本当ならもっと伝わるハズなんだけどさ
舞紅萩
実はかなり本気でYOSAKOIに取り組んでいるチーム 歴史も長いし
練習もいっぱいしてるんだろうなというのはよくわかる(^^;
でも、・・・あともうちょっとなんだよね~ 人数も多いし
ステップ踏む時に上半身が死んでるのがもったいないな。そっちにだけ意識
が集中してしまうのかもしれんがな、あとは全体的にスピード感が欲しいな 
倍速ぐらいでちょうどいいと思うぞ ガハハハ

いや、けっこうご年配の方もいらっしゃるので今のでいっぱいいっぱいで
はないかと思いますケド(^^;;   
いでは組
道着みたいな衣装でしたね シンプルでカッコイイ
この前東京よさこいの番組でも流れてたように、高知系のチーム
やっぱり鳴子の打ち方がカッコイイっすね(^^)
高知系はコレぐらいの人数だと見応えあるな 気に入ったぞ
ただ、どこに地元民謡が入ってたかはわかんね ガハハハ

いやアナタそもそも山形の民謡ろくに知らんでしょ
ウム、知らん
東京理科大学Yosakoiソーラン部
見入っちゃったよね~、音楽も重厚感あってカッコイイし人数も多くて迫力あり
千葉のYOSAKOIシーンちょっと気になりますね~ 赤鬼さん的にはどうでした?
オレ様の採点でもブロック2位だったな 声も良く出てたし十分ファイナルの資格
ありだろ 敗因があるとすれば・・民謡ルールに負けたのかもしれんなぁ

やっぱそこかな~ オイラもそれが気になって印はつけなかったんだけどさ
でもいい演舞でした
井原水産&北星学園
民謡というより演歌YOSAKOI ちゃんとソーラン節は入ってるよ
オイラはけっこう好きなんですけどね 最後には北星らしいカラフルな仕掛け
も飛び出します(^^) まぁコレまでやってきた本来のスタイルとは違うかも知れないけど
ココのチームも昨年同様みちのくでは苦戦みたいすね~  
いいじゃねえか 札幌でも仙台でも同じ結果だったら面白くないしな
場所、条件によって結果が大きく変わってくる YOSAKOIの面白いところだな
こうしてソーラン本祭で活動してるいつものチーム名を背負って出てきて
くれるというのはありがたい事だぞ 結果、そんなに名前が知れてないような
チームに敗退してしまったわけだが 学生、東北外という不利な条件にも
かかわらずこうして予選で戦ってくれた事に敬意を表したいぞ 

日本福祉大学夢人党
去年とはまたずいぶん違った毛色の作品で(^^;;
去年のは平岸みたいなヤツだったからな
それもまた学生ならではだろうな どっちが本来のスタイルなんだか

今回のは例えるなら…ソーランでいうところの藤北大でしょうかねえ 後半の
色とりどりの衣装チェンジをとかもそんな印象を受けました
小道具があまり効果的じゃないのがもったいなかったな
青い布はブルーの看板に沈んでしまってたし、ポンポンは小さくてわかりにくかった
いかいも学生らしい作品だなとは思うがココではちっと厳しかったようだな

舞夢華幻
ソーラン節と花笠音頭がガッツリ入ってます
地域性が勝因でしょうか いや、踊りとかフォーメーションに関しては
ホントよく見かけるような基本的な感じなんですけどね
オレ様の中でもそんなに点数は高くないな ガハハ むしろファイナル進出が
ちょっと不思議なぐらいだ

たぶん上手く審査基準にハマったんだろうね~ 
そうだな後半の花笠を使いながらのソーラン節は躍動感もありなかなか見事だったな
花笠踊りをあそこまでかっこよく見せるのも初めて見た気がする
花笠音頭使っての後半の盛り上げ、あかびらっぽかったですね
オマエはちょいちょいソーランチームに例えるな
うん、判りやすいかなと思って・・・なんとな~くのイメージだけね
ソーラン見たこと無いヤツにはさっぱりだろ
まーそうなんですケドね(^^;;


はい、ここまで、今年は苦戦だろうなと思っていた昨年のファイナリストが
2つ続けて残ったので、ちょっと????な予感もあったりなかったり
まさかの去年とまったく同じメンツが再登場か!?なんて思ったな ガハハハ
ずば抜けて強いチームというよりも、上手くスキを突いて自分達らしさを
表現したチームが残ることが大事なのかもしれん

北海道や各地の祭りで好成績を収めてるメジャーチームばっかりが残ったら
結局はどっかの祭りみたいに祭りそのものの衰退に繋がっちゃうからね
もしかしたら自分達にもチャンスあるかも?と思わせるようなローカル
でも細々と頑張ってるチームが残ってた方が 
今後のためにいいんじゃねえか 完全なウラ読みだがな


はい、ありがとうございました
んじゃ続きの3ブロックはまた明日ってことで(^^;;

|

« 08 みちのくYOSAKOIまつり② | トップページ | おはようございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08 みちのくYOSAKOIまつり③:

« 08 みちのくYOSAKOIまつり② | トップページ | おはようございます »